la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

イサムノグチと歩道橋

広島の平和大通りにある平和公園にかかる平和大橋、それはイサムノグチのデザイン、施工した橋です。

イサムノグチと言う有名な彫刻家の作った橋なのですが、興味がない人にとっては残念ながらただの狭い古い橋
と言う認識になっているかもしれないです。

広島の文献にはいろんな写真と一緒にイサムノグチが載っていて作られている当時の様子も見ることができ、
イサムノグチがベニヤ板を形どって加工して形が作られていく様も見れて面白いのです。
焼け野原になっている広島が本当に痛々しいですが…。

その橋の両側に歩道橋をかけることになり、先日国際コンペが開かれたのです。
b0072234_2244615.jpg


友人の建築家の谷尻誠さんがそのコンペの1次審査を通過し、3月4日に2次審査として
平和公園の中にある国際会議場の中で公開コンペが行われました。
その応援に各地から(東京、名古屋)友人の皆さんが駆けつけていて一緒に私も応援したのです。

b0072234_22442278.jpg


傍聴席は若い人から土木関係の方からいろんな方がいっぱいです。
私は構造の話を聞くときには全く意味がわからず「?」マークだらけ。
隣にいた愛さんやスタッフの人にこっそり聞いてました。
おかげでほんの少しだけはわかってちんぷんかんぷんがちんぷんぐらいですみました…。
わかったフリをすることもできない橋の構造…。難しすぎです。

残念ながら彼の案ではなく他の建築家の案に決定してしまいましたが、心の中ではみんなで谷尻さんの案が一番!と
思ってしまいます。
初めて聞いた時すごい画期的な今までにない案で衝撃を受けました。
それだけに本当に残念。
彼の次のチャレンジがまた楽しみでもあります。

その後は実ちゃんマキちゃん加藤さん、古本君とでLOUTOへ行ったり、集合してみんなで食事をしつついろんな話を。
(久しぶりだけれど相変わらずのE&Yの松澤さん、東京で会ったら次はよろしくね 笑)
建築の話やデザインの話、活版の話、デザインタイドの話。
話はつきません。

彼らには本当にいつも刺激を受けています。
出会いは谷尻さんが独立したばかりの頃のオープンハウスにたまたま行ったことがきっかけなんですけど
この数年で彼はあれよあれよと有名な建築家になっていっています。
すばらしい!!!
見習わなければ!といつも思う二人。
刺激をいつもありがとう。
感謝です。
私も指をくわえて見ているだけではなくがんばらねば!!


翌日は実ちゃん、マキちゃん、dessenceの山本さん木部さんとアトリエへ。
思わず折角だから叩いてみる?とフック作りの体験を。

焼けてる鉄を持つのは当然初めてだろうから鉄を持つ手が熱い熱いと大変だったかもしれないけれど、ちょっとだけでも楽しんでもらえてたらうれしいです。
(燃えないようにコートを脱いでもらってたから寒かっただろうに…ごめんなさいっ!!)

その後、アトリエは宮島が近いこともあり宮島名物のあなご飯のうえのへ。
平日2時過ぎだというのに満席で少しだけ待っていました。
古い建物でやっぱりいつきてもここはいい雰囲気です。
b0072234_22455040.jpg


宮島といえば牡蠣。(普通「広島と言えば牡蠣」ですが、広島在住者かからしたら「宮島」の方が強い印象)
牡蠣好きなマキちゃんが立ち止まった路面の牡蠣焼き屋。
マキちゃんご満悦。
牡蠣スタンドと言っていました。
牡蠣スタンドかー。そういったらなんだかすっごくおしゃれな気がしてしまいました(笑)
近々宮島に牡蠣食べに行きたいなー。


ちょっとばかりいろんな意味で勉強になった2日間をすごさせてもらいました。


limArt(limArtは終了しました)と恵文社一乗寺店での展覧会の詳細→
[PR]
by la_forgerone | 2009-03-10 22:56 | 想い