la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

嗜好思考

LONDONから一時帰国しているようこちゃんとその彼のLEOと3人で沢山話をした。

すごく楽しい。
ただただ難点は・・・私が全く英語がもうわからないと言うこと。
それでも以前はわかっていた(つもりな)のに全く駄目。
はははははは・・・。(乾いた笑い・・・・・・)

ようこちゃんに通訳してもらえるからいいんだけど、会話ぐらいしたいじゃない。
アートの詳しい話は通訳ナシでは無理として、意思の疎通ぐらいはちゃんとしたい。
やっぱり英語は必要だと実感。勉強せねば・・・!


ようこちゃんの彼のLEOはイギリスで活躍しているアーティスト
昔から彼女に彼のことを聞いていて素敵な人だなぁと思っていたけれど
初めて会ってみて話をして、やっぱり素敵な人だと思った。
話も実際興味深いことを沢山話してくれている。(もちろん通訳必要)

なので、自分の脳で耳で理解できないのが残念で残念でならない。
自分の英語力が全くないのが本気で寂しいと思った。


私は好きで鉄で照明やそのほかのインテリアを作っている。
それは「形」として好きでモノとして好きで、当然そういったものを作りたいから作り出していて
自分にとって心地のいいライン、心地のいい雰囲気
・・・自分にとって「心地のいい何か」を作りたいと欲して作る。

なので作品のほとんどは他者に対し「これらはどういう意味があるのか」と言う
「強いメッセージ性」は含んでいない。
(メッセージ性のあるモノも作るけど、滅多に作らない)

私と言うフィルターを通して生まれ出たラインたちは 言うなれば私の嗜好を表現している。
かわいいもの、繊細なもの、華やかなもの、美しいもの、艶やかなもの、妖しいもの、毒のあるもの。

そういうものが好きで、そういうものを作りたいと思っているので、当然それを作る。
で、かわいいのを作れた時の満足感は言うまでもない(小躍りするぐらいだもん 笑)


LEOの生み出す作品は彼の思想を表現していて、彼の思考の一部を表現しているのだから
一見他者には意味はわからないかもしれないけど物自体に深く意味があったりする。
(意味を聞いたりすると「なるほど・・・」と納得してしまうものがあって、すごいと思った)


いつも思うの。この差に対して。

LEOだけではなくモノを作り出す人と話していて感じるこの感覚の差。
同種であるインテリアや服飾にはあまりそこまで強く感じることはないんだけど、、、
絵やオブジェを作り出す人に感じるこの気持ち。

思想を形にするのって思考を掘り下げて掘り下げて掘り下げて
自分の中にうずくまっている何かから取り出してできる表現で
なにかしらきっと「意味があって」形にできていて
それが一見他者にとって全く意味をなさない、理解できないものだとしても、、
その作品自体が強い意思を発している気がする。
(残念ながら制作者の自己満足で終わってると感じてしまうモノもあるけど。)

んーと、言葉にするのには少し難しいんだけど、
うわー、やられたーと感じるそういうものって
何か、作っている根っこの一部分が違っている気がする。
強い何かが。

作り出すという行為は同じなんだけど。



私はあまり深く物事について考えることをしない。(人間関係は別ね)
目の前にあるモノは目の前にあるモノだと思ってしまう考え方の持ち主だから。
大雑把だし。
ので、思考を深く深く掘り下げて一歩突っ込んだことを考える人を尊敬してしまう。
思考だけではなく、興味のあることを追及する人も尊敬する。
自分が物事を追求できない性質なので。
(なんでかなー、追求本当にできないの)


実はそんな私だけれど、
思想思考を思いっきり外に出してモノを作りたい、ということにずっと憧れを持っている。
・・・だけれど、なかなか手をつけれない。

ドロドロした嫌な部分を出すのはどうしてもしんどいから。
自分の中の嫌な部分を直面したり、自分の底の浅さが露呈するのが怖いから。

だから、出せる人に憧れるんだと思うけど。



今日LEOとようこちゃんと話をしていて、
やっぱり私はいつか自分の中をさらけ出すような作品も作っていくんだと思った。




怖くて手をつけていない部分に
手をつけていく

そしたらきっと、ここ数年持ってたもやもやが少しだけ晴れるのではないかと、、


二人と話したおかげで自分で逃げている部分に向き合える気がする。
でも、自分と直面するのってやっぱり怖いなぁ。


尻切れトンボの日記だけど、考えがこれ以上まとまらないのでこの辺で。




取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→

[PR]
by la_forgerone | 2009-10-08 00:16 | 想い