la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

人はなぜ感動するのか

「見た目の真新しさや最新のテクノロジーは1時間もたてば色あせてしまう。
 人がなぜ感動するのか。
 周りの空気を変えてしまうオーラをモノにどう持たせるか。
 その仕組みが分かれば、10年後にも魅力を失わないモノができる」

感動するものを作ることはとても難しいことです。
もの作り、それは人の感動を意図して作れるものではないから。
(身体を支える為の安心感のあるフォールドやラインは意図していますが)
意図していない所に人が思いを寄せてくれている。
それは制作者としてかけがいのないやりがいでもあり喜びでもあります。

東京での展示会の時に遠く仙台や東北にお住まいの方がいらして下さり
震災後とても気持ちが落ち込んでいる時にTVで見てきれいなものを見て癒されました。
夫がなくなり気持ちが浮かばない日々が続きとても悲しい時に見て
涙が出てきて癒されました と
おっしゃって下さった方々が数多くいてくださり
自分の意図していない所で何かを感じてくれている方々がいると言うことを知りました。

私の作る物はどちらかと言うと今の流行りのシンプルなものや
デザインの研ぎすまされたもの、または反対のナチュラル系のものではなく
多少華美であったり
装飾性があるモノを作っています。
自分が好きで流行りと違うものを作って入るものの
それでも時折自分の作風を振り返り
このままでいいのか、もっとジャンルを変えた方がいいのではないか、、等と
いろいろと考えてしまうことがあります。
結局は好きで作っているものだから変えれないし
好きなものが変れば自ずと変って行くのだからそれに身をまかすしかないなと
結論はいつも一緒なのですが
それでもぐるぐると考え続けます。

人が何故感動するのか
周りの空気を変えてしまうオーラをモノにどうもたせるか

仕組みはまだまだこれっぽっちもわからないけれど
誰かがふと魅入ってくれるもの作りを続けて行きたいと思ったのでした。

「 」の中は新聞に掲載されていた言葉だそうです。
たまたま目にして心に残ったので書き留めておきたいと思ったのでした。
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-19 23:46 | 想い