la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

フォロー中のブログ

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

「背中を押される」と言う事

少しばかし長いのでお暇な時によろしければどうぞ。

背中を押されて「よし!」と思う事が今まで何度かありました。

「ある事」をしたいのにどうしても初めの一歩が動き出せなくて
やりたいのに、断られたら怖いとかそんな気持ちが沢山あって踏み出せない。
したい、でもできない、したい、でもできない、したいのにー、できないーーー、したいのよー、でも怖くて出来ないーーー!でもーーー!!ぐぁーーーーーー!!と
途方もない堂々巡りをしているループから
とある事や人がきっかけになって
「よし!!」と威勢がついて踏み出すことが出来ちゃった経験です。
その踏み出すまでの一歩に向けてガンガン気持ちが昂って行くのがわかります。
もうそこまで来たらあとは踏み出すだけなんですよね。

ドンドンドンっ!と凝り固まった背中を押され続けてそれでも動けなくて
もうほんま、おかポンは仕方ないなーと最後は蹴り飛ばされて一歩出れたのが
鍛冶屋を諦めてた時に師匠にもう一度アシスタントをしたいと連絡した事です。
本当に震えながら電話したんだった。
手も声も震えてた。
「おう、来いや」と言われ安堵して電話を切った後、
安心したのと続けられる事で嬉しくて大泣きしたのでした。
固い背中を叩き続けてくれたTさんには今でも本当に感謝です。


ここ最近ここまでおっきな1歩ではないけれど背中を押された事がありました。

ひとつは自発的。
自発的なので背中を押された、と言う感じではないかもしれないのですが
何となく自分で自分の背中を押した感じ。
我慢が出来なくて当たってくだけろ!ってご連絡。
私のご連絡した内容は超シンプルな事だったのだけれど
思いもよらず高いハードルが待ってそうで…まずは自分を鍛えようと思います。

もうひとつは
実は、ご好意に甘えさせて頂いている方にお仕事のご相談をするのはとても苦手なのです。
友達ではない、かわいがって下さる目上の方。
その方にご相談するのが一番いいのかもしれない…とわかっていても
その「ご相談する」と言う一歩がなかなか踏み出せない。
それが時には何年も続いたりします。
自分でもその時間がもったいない…と思ってしまうけど
そういう思考回路なのだから仕方がない。
(広島のSさんにご相談させて頂いた時もご相談したくてもどうしたらいいかわからなくて
 何年もウジウジ考えていて、でもどうしても!!とようやくご相談できたのでした。)

そんな私にYさんから頂いた「ひょんな事から知ったのですが…」というメール。
数分間の中で何度かメールでやり取りを。
数年間「でも…」と押さえつけてた分、動くときは早いです。
どんどんっと背中を押されてずっとご相談したいと思っていた方にご連絡。
結果がどうなるかはわかりませんが、動けた事でかなりすっきり。
当たってくだけろ、な感じです。
とても優しい方でいいですよ、相談に乗りましょうとご快諾。
ありがとうございます。
このご相談した内容の事はもちろん、他のいろんなお仕事に関してエキスパートな方なので
今後いろいろとご相談できると嬉しいな、と思うのです。
涼しくなってからの来広を首を長くしてお待ちしています!
背中を押して下さったYさん、ありがとうございます!

これは私の性格なのかな?と思うのですが親しい人になかなか深い相談(仕事など)ができない。
親しくさせて頂いている方にご相談して断られるのが怖い。
だから余計に一歩を踏み出すのが怖いのかな、と思うのです。
相談する事自体が失礼にならないかしら…と不安にも思ってしまうし。。
なかなか一歩が踏み出せない。

自分で自発的に行動に移せるときは、感情がそれに向けてふつふつと昂っていって
もう動くしかない!となって動くのですが、それまでに長い時間がかかってしまう時も。
人や事柄に背中を押されると自分で思っていなかったスピードで動けます。
それまでにふつふつと昂っている感情があるから背中を押してくれる事が起爆剤になるのだと思う。

どちらにしろ動くのを決めるのは自分で、そのあとの行動するのも自分です。
何かに背中を押されて「ヨシ!!」と思って動いて
その時に何か現状が変って「わーーい!」と嬉しかったとしても
その後の自分の行動次第で結果が全く違ってきます。
もし、行動した事で思い描いた結果と違う結末になっていたりしたとしても
「あの時あの人が私にけしかけたりしなければ…」なんて思うなんて絶対にしたくない。
そんなみっともないこと。
自分の動いた行動は自分が決めているんですもん。

ドン!!って背中を押されて動けなかったことが少しだけ動いたことが嬉しい。
でも、これから自分がどう動くかが今後の私作るのだな、と当たり前の事を当たり前に思う。

今夏の酷暑での制作も、今がんばれない自分が嫌なので、がんばるのです。
暑い暑い、ばてたばてた、としつこいぐらいに超泣き言を言いながら。

さてとーーーー。
今日も暑そう。
今日は夕方からは炉を焚かなくては。
まるで苦行のようです。


日本橋髙島屋で開催される『「伝統と革新」クリエーターたちの世界 』に参加致します。
8/28(水)〜9/2(月)  (最終日は17時まで)
私は売り場(8階)にほぼ毎日おります。(日曜日3時過ぎからは不在です)

個展ではないため影を演出したり照明を吊り下げたり、と言う演出はできませんが
その分ご好評頂いています燭台(羽根皿、生命)を沢山持って行きたいと思って
ただ今制作中です。
ぜひ入らして下さい。

[PR]
by la_forgerone | 2013-08-16 07:07 | 想い