la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

師匠との出会いと人生

昨日は師匠の命日でした。
無くなられて9年が経ちます。
59歳と言う若さで亡くなられました。

昨日は取材があり、その後にお花をもってご実家にお邪魔させて頂きました。
(昨日upしたお花とは別の花束)

遺影として仏壇に飾られている写真はよく見たらルテスで撮っていた写真。
(今までずっと写真を凝視すると涙がこぼれていたので
 背景までじっくり見れていなかったのでした)
私が師匠と出会い鍛冶屋の弟子入りをお願いしたのがルテスというcaféなのです。

ルテスでの写真…、ルテスがまだあると言うことは
「50になったらわしゃ好きなことしかせんのんじゃ」と
レストランとルテス(café)を閉められて鍛冶屋のみになられた50歳よりも前の写真です。
私がマスター(師匠)に弟子入りのお願いをしたのが23歳の終わり。
それから閉められるまでの数年間はルテスはありました。

鍛冶屋とか全く知らずにルテスに通っていた21、2歳の頃から数えると
随分長い年数が経ったものだなぁ、、と思いながら
あと何年もすると
私は私がマスターに出会った頃の年齢になることに気付きました。

私はマスターに出会って人生は全く違うものになった。
出会わなければ、
あの時に「ここのインテリアはどこで買ったんですか?」と聞かなければ、
全く違う人生を生きていたと思う。
想像がつくわけもないけれど、違う人生。。
うーん。
考えたくもない。

「わしが作ったんじゃ。わゃ鍛冶屋じゃ」と私に答えたマスターは当時40代後半。

私が40代後半になるその時、
誰かの人生を色濃く変えて行くような生き方なんて出来ているんだろうか?
「誰かと出会って影響を受けて人生が変る。」
私の中ではそれは師匠との出会いだったけれど
私が40代後半になったからと言って誰かに影響を与えることなんてあるんだろうか?
うーん…。
想像つかない。

「人の人生を変えてしまう程の影響を与える」なんて
なかなかないことで
私はそう言う人に出会ったんだよな。。。と。
ありがたいことだと本当つくづく思います。

そして
もう何年もすると私は遺影の写真の頃のマスターの歳を追い抜くのだな…と
師匠の写真を見て気付いたのでした。

数年前は遺影を目の前にすると涙ばかり出てきて何も考えることができなかったけれど
今年は目に涙はたまるけれど、こぼれ落ちずにすんだので
写真をちゃんと見れて気付くことができたのでした。

誰かに影響を与える程の何か、にはならなくても(なれないです…無理!)
誰かに作品をみてよかったと思ってもらえる機会が増えていくような
人生を生きていきたい。


私が生きている毎日は、
誰かが明日も生きたいと思っていても叶えられなかった尊い1日。

私が作りたいと思っている気持ちを殺さないように
大切に過ごしたいと思います。
b0072234_21195395.jpg

日曜日には自分の中で強制的な心機一転をしようと決めていたのですが
その前に昔を振り返えれて
しっかり心に刻めたので
より一層しっかり動いて行けると思います。

強制心機一転のお話はまた後日しますね。
面白い話のはず!
[PR]
by la_forgerone | 2014-09-11 21:21 | 想い