la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

コーチング

そう言えば、先月友達ととあるトークイベントで会いまして、
ちらりと話をしていたことを。

その時、その友達と一緒にいたご友人に
クリエイターの人がコーチングを学ぶってどういう感覚なんですか?と聞かれました。
イベントの休憩時間で結局は2部が始まってしまったので
答えれずじまいでしたが、

ちょうど体験講座が今度あるのでその時に答えようと思っていた事を
つらつら書いてみます。
モノ作りの人が、クリエイターがコーチーングを学ぶのはなんでー?って
思う人も同じようにいるかもしれないので。笑

あと、今から何かを始めようかとか
モノ作りを始めたけど......とかいろいろ考えている人の参考になれば。


モノ作りを「個人」でやっていこうと決めたら、
いろんな事の答えって誰かが教えてくれることは
少ないと思うんですよね。
結局は自分で行動したり学ばないと進んでいけれないと思います。

運良く引っ張り上げて下さる方に恵まれる方もいますが、
それは本当に運のいい、強運な人です。
私の周りにも数人います。
人が手を伸ばして引き上げてくれるのって
それはそれはとっても強い運に恵まれた事だと思います。
それは滅多にないぐらいすごいことなのであまり参考にはならないですねw
(ビッグチャンスが来てる方はぜひ参考にしましょう^^)



私は鍛冶屋として独立していく時に、、
美大卒とか芸術系の専門学校などに通っていないので
ほとんど相談できる相手がいなかったからかもしれないけど
「行動、プロモーションのノウハウは教えてもらえるものではない」
と言う事をつくづく感じていました。
私の周りに例がなかったので(師匠が亡くなっていたので)
四苦八苦手探りでしていたんです。

でも、した方がいい「行動」はなんとなく、想像がついたんですよね。

それは、
師匠が今までしていた展示会の内容から推測したり、
いろんな雑誌に違う分野のクリエイターの人が展示会をしている様子が載っていたり、
独立するまでにしていた事などが載っている本等が出版されていたので
それらを参考にしつつ、自分の感覚に頼って行動してみました。

(専門の学校を出ていなくても近場にサンプルになるような先輩方のいるお仕事であれば
 同じように参考にして活動していく事と根本は同じですね。
 パティシエや大工さん、お花屋さんに木工家、ジュエリー、映像作家などなど
 参考にさせて頂く先輩方が沢山いらっしゃると思います^^)

行動するのって楽しい。
努力するのも楽しい。そう言うタイプだったので
活動する事自体は苦ではありませんでした。笑
(営業は未だに苦手なので、したくない分野ですが)

もう1回書きますが、
行動するのも努力するのも楽しい私でした。笑
が!
それでも!
その時に、どうしても引っかかってしまうのが心の問題です

「どうやったらモチベーションを保てれるのか」
「どうやったら次に進めれるのだろうか?」
「どう進んだらいいのだろうか?」
「私はこのまま進んで大丈夫なのだろうか?」
「作品でお金を稼ぐ為にはどうしたらいいんだろうか?」
「この制作で続けていけれるんだろうか?」

などなど…。
これらを考えてしまうと、、
全て答えの出ない、ぐるぐるした感覚に捉われてしまいます。
この感覚、わりと普通な感覚だと思うんです。

「行動したらいい」と思いつつも、結構な割合で内面的な事でつまづいてしまうんですよね。
多くの人はそこで足踏みしちゃったり、つまづいて倒けてしまったり、
後戻りしたり、やめてしまったり…そうなってしまう人も多いと思う。


そこで、当時の私は沢山の本を読みました。
たーくさんの本を。
ビジネス本も沢山読んだし、啓発本も山のように読みました。
本がモチベーションを保ってくれたと思います。
クリエイターの友達が周りに少なかった分、
本から沢山の事を教えてもらったと思います。
(モノ作り部分ではない事ね)
本を読んでは 大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせていたりもしていました。
なんたって、それしか出来なかったから。笑!!
(今は沢山の相談できる友人や沢山のクリエイター友達がいます^^)

時は10年経って、
昨年4月に友達に進められてコーチング講座に参加したのですが
その当時、私は本を読んでも沢山沢山読んでも
どうやって払拭できない2つの事がありました。
わかっていてもどうしても解放されない悩みと思い込み。
わかっていても行動できない自分を押さえつけている何か。

コーチングはコーチとして活動している友人もいたし、
女性のコーチの方の本やblogを読んでいて存在も知っていたので
もともと興味はあったんです。

10年以上前に本を読んで変わった私がいた。
でも、今、これ以上無理だと思っている私がいる。
もっと成長したいし、解き放ちたい。
自分の外ではなくて自分の中身と向き合って
人に変えてもらえるのをただ待つのではなくて、
自分で変えていくにはどうしたらいいのか。
(待ってても誰も来ないかもしれないじゃん!動いた方が早い!笑)
それを考えていた時に進められたのがコーチングでした。

自分の内面を知る事はクリエイターにとって
とても大切な事だと思います。
それでなくてもいろいろ考える事(内面も外も)が多いので
より自分を深めていく事も
考えて煮詰まった時の対処の仕方も必要だと思いました。

コーチングを学び始めてすぐに
「悩んでる時のしんどい状況」に対処できる考え方を知り、
これはすごいと思いました。
「悩んでても嫌でも苦手でも、それでも行動できる」
それってすごくないですか?

悩んだらその場で立ち尽くすように動けなくなるのに
それを変える事ができるなら
どれだけ変わる事が出来るんだろうか、って。

自分の可能性を閉じているのは結局は自分の考え方で、
それを少し変える事が出来たら大きく変わる事ができるということ。
自分の内面を一歩一歩見ていくことの面白さ。

自分を出す事が仕事とも言えるクリエイターの人には
かなーりお勧めできると思います。
特に悩んでしまう人やどうしたらいいのかわからなくなる人。

答えは人が教えてくれるわけではなくて、あくまで自分の中にしかないけど
自分で決めると進むのは早いです。
自分を知ると言う事も必要だし。


「友紀さんクリエイターなのにコーチングを学ぶのってどうしてですか?」
の答えは
起伏の激しい感情まで対処できるメカニズムを知る事で
その時その時の自分の内面と向き合うのも楽になるし
もっと楽に楽しく行動できて制作していけると思うから。

そこに至るにはまだまだですけど、
まずは学ぶのが面白い。
知った事を実践して捉え方が変わっていくのが面白い。

気持ち的に楽になって楽しく制作して
思い描いた作品が作れるようになりたいなーって
思います^^


岸英光氏のコーチング体験講座。
誰かの参考になれば → 詳細☆

b0072234_22353638.jpg

[PR]
by la_forgerone | 2017-04-06 23:07 | 想い