la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

師匠の13回忌

今日は私の師匠の13回忌の
マスターを偲ぶ会がルテス幟町寮茶寮で行われました。
b0072234_20353445.jpg
(師匠のお兄さんとお姉さん、そして泣いてボロボロな私。。。)

生前のマスターの親しい方々がお越しになった会で
会場のルテス幟町茶寮の中にはマスター(師匠の通称)の写真が沢山で
ルテス幟町茶寮にも想い出がたくさんで
最初から最後まで涙が止まりませんでした。
b0072234_20363716.jpg

13年経っても涙が出てくる。
毎年、年に何度か涙が出ては止まらなくなるので
今日のこの会の後は私は使いものにならないだろうと思っていたけど
沢山の写真に囲まれて、、
もう、涙が止まらないのは仕方がない。
b0072234_20362842.jpg
b0072234_20361989.jpg
b0072234_20361280.jpg



私の修業時代のはじまりの
ルテス時代(ルテス幟町茶寮ではなく、袋町にあったcafé)は
私にとって、、
「パリの古き良き時代」を彷彿させる
場所と時代と言っても過言ではなく

b0072234_20522937.jpg

フランス好きでルテスの世界観にどっぷりはまって
何もかにもが新しくて懐かしくて
私の人生の中で大きく舵をきり始め
未来にワクワクとして夢と希望しかなかった場所と時(とき)。

未だに想い出しては心がときめく、
感覚としては、青臭く聞こえるかもしれないけど
青春の時代、
若い夢と希望に満ちあふれた時を過ごさせて頂きました。

b0072234_20515667.jpg

そこまでキラキラとした想い出を持てたのは
本当に奇跡かもしれないと思えるぐらいの時代でした。


私にとって師匠は当然ながら越える事が出来ない存在です。
それは、作品はもちろんだけれど
人となりとしての存在が大きいです。

私が師匠に出会った時の私は21、22歳。
もうすぐ私はマスターに出会った時のマスターの年齢になります。

あんなにも人の人生に影響を与えて
その後の人生や人生観を変えた人を私は知らない。

もちろん私に他にも影響を与えて下さった人は沢山いますが
マスター以上に
人生観を変える、人生を変える、と言う人に
出会った事がない。

あんな人にいつかなれたらいいのにな、と
今でも尊敬しています。

偲ぶ会のあった会場を離れて
一人でいるのも寂しくて
いつもの店に珈琲を飲みにいき
マスターの話をボスに聞いてもらい
ようやく落ち着いて家に戻りました。

今日は絶対使いものにならない。
そう数日前にも思っていたけど、
やっぱり今日は想い出に浸かってしまい使いものになりません。

越える事の出来ないかけがいのない師匠に出会えて本当に幸せ者です。

可愛がって下さった師匠、そして雅子さん(マスターの彼女さん)、
お兄さん(社長)お姉さん、川崎さん、皆さん、
本当に本当にありがとうございます。

b0072234_2036097.jpg

[PR]
by la_forgerone | 2017-10-01 20:56 | 想い