la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

不思議

小さな頃、行きたいと思った国

今まで空想の中で行った国、それは沢山の沢山の国々


b0072234_16404394.jpg
王家の紋章を読んではエジプトに思いをはせ(読んだことのある人なら一度は思うハズ 笑)
千夜一夜物語を読んだ後はアラブの衣装に身に包まれ
砂漠を旅して宝物を探している自分を想像した。

子供の頃に読んだ王子様とお姫様の物語は本当に夢物語で自然とお姫様のドレスに身を包み青い目の王子様と一緒にいる幼い私が夢の国の中にいた。


b0072234_16412435.jpgアンデルセン物語やイソップ物語を読んではいろんなかわいらしいお菓子のような建物や妖精が今にも出てきそうな森の中にもいた。
りぼんの騎士なんかも子供心に憧れたな。

大きくなってもあまりそれは変わらず、いろんな昔の欧米の映画を観ては時間を忘れていた。
知らない世界を垣間見ては空想の中で私はそこにいた気がする。


中学、高校に習った歴史の授業で出てきたいろんな文明をこの目で見てみたいと思ったし、アマゾン川探検もしてみたいと思ったりもした。
考古学の勉強もしたいと思ったりしたこともある。
七色に輝くオーロラも見てみたい。

いろんな国に行って、いろんなモノを見たい。
そう感じて育ってきた。

今見ている国はイギリス、フランス、オランダ、ベルギーのちょっとだけの数カ国。

不思議。

私はまだ見たことのない国々、風景が沢山ある。



今、「日本の広島のこのビル」にいて、今の夢は「制作する人」として生活し、鉄のインテリアを制作をしていろんな人と出会い楽しむこと。

「ヨーロッパで生活する」というのは小さな頃からの夢でした。
途中で鍛冶屋の師に出会い、いろんな出会いが増え、広島に愛着が沸き「ヨーロッパで生活する」という夢は「ヨーロッパと日本を行き来する生活をする」に変わった。

これは実現する。
何故かそう感じている。
前は漠然とただ「行き来したい」と考えて何かが軸になっているわけではなかったけれど、今は行き来して生活する為にどうしたらできるかを考えた。
そしたら、なんだかできる気がした。
夢は実現する為にあるモノ。
どうしたらいいかまず方法を考え、それに向けて行動したらいいんだろうな、って思った。


まだまだ見たことのない国々が沢山ある。

なんだかそれが不思議な気持ちで私を一杯にさせる。




制作する人として生活しながら、今まで夢見たいろんな国を訪れ、行き来できる生活。



まだ訪れていない国々、ノスタルジィを感じる国々。

そこに吹く風が私を呼んでいる気がする。


なんだか不思議な感覚に包まれました。


不思議。
私にはまだ見たことのない国々、風景が沢山ある。





見たことがない風景を国を感じたことのない風を感じるためにも歩いていきたい。


それは簡単な道ではないけれどイバラノ道を選ぶことはしないよ。
イバラの道はイヤだもん。
だってそこにはお姫様がいるんだもの。
私は甘いご褒美と王子様(王様?)が欲しいんだモノ。

甘いご褒美をもらえるよう選んで前に歩いていきまーす。
うふ。
[PR]
by la_forgerone | 2007-01-08 16:34 | 想い