la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

考え事

ココ数日考えることがあります。
いろんなこと。

・・・自分の作りたいモノ、求められるモノ、いろいろ。
それに関してのいろんな思い。

主に頂いているご注文は私の作風を気に入ってくださった上でのご依頼として
制作させて頂いているので自分らしい作品作りをさせて頂いています。


「鉄」のインテリアといってもいろいろあります。
商業製品のようなきちっとした「商品」。
確かにそれは綺麗なんだけど・・・綺麗なんだけど・・・私が作りたいものとは違う・・・。
微妙なラインを作り出したいので画一化された作品作りをしたいと思っていないのです。

私に求められたのが例え画一化されたモノだとしても制作する中で
自分のラインを示したいと思う。
コレは私の作家としての思い。
だけれど、ただ、「鉄」のインテリアで「『コレと同じもの』が欲しい」と言われる中では要らない
個性なんだなーっと、ずっと感じることもありました。

同じものを作ることを求められても自分らしさを織り交ぜたい・・・
これって、私の中では必要なことなんだけれど、それはartistとして作って生きたいと思う
私のわがままなのかな。
でも、私は金物屋としてモノづくりをしたいと思っていないので、譲れない気持ちなんだな・・・。

「自分の作りたい作品」、「仕事として請け負って作る作品」、「コレを作って欲しいという
『仕事』」・・・
この違い。
微妙な違いなんだけど、この差は私の中では大きい。

それは『私個人としての「artist」としての制作』と『金物屋としての「会社」としての制作』との差。
(あくまで、私の主観です)
私は前者の道を選ぶし、そうしか出来ない・・・。


b0072234_16394983.jpg
市場に出回っている商品としての
鉄のモノを作りたいのではない。
既に他の人が発表した作品を
真似て作りたいのでもない。
誰かのラインを真似て作りたいのでもない。
私の私らしい作品が作りたいし、
作り続けたい。
それを強く思ったのです。



この想いがこれからの道筋を
また照らしてくれる、
そう思いました。





自分の土俵は自分の経験が作ってくれる。
反対に経験からしか自分の土俵は作れない。

私は師のそれを何年も見続けていた。
私も焦らず、がんばろうと思います。



                  

                                               日々、勉強。


 
 
[PR]
by la_forgerone | 2007-08-04 01:03 | 想い