la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

マスターへ

今日は夕方からマスターにお線香をあげに雅子さんとご実家に行ってきました。
マスター(師)の遺言によりお墓にはお骨は入れられていない。
ご実家に行くのはお通夜以来で・・・。
あの日を思い出してしんみりとしてしまう。

仏前に座りお線香に火をともしながら写真が飾ってあるのを見たらやっぱり泣けてきた。
私は部屋にもマスターの写真は飾っているけれど、仏前を目の前にして手を合わせると
やっぱりなんだか違う。
涙が止まらない。
今、これ書いても涙が出てくる。
思い出して涙が出てこなくなるのって、いつのことだろう。


これからもがんばりますと伝えてきました。
きっとマスターは天国でちゃんと見ていてくれている、そう思う。
思っているけれど、・・・辛くても入院していてもそれでも生きていて欲しかった。
これは私のエゴだけれど、そう思ってしまう。

雅子さんと帰り道kaosanで食事をしてマスターの話を沢山した。
私より雅子さんの方が辛いと思うのに、私が泣くから雅子さんが泣けないんだろうな・・・っていつも思う。
生前の人の話をすることは供養になると何か話を聞いたことがある。
沢山沢山話をして雅子さんとお別れをしました。


帰り道に
「仏前にきてお線香をあげるとマスターは本当に死んでしまってもういないんだって思ったんだよね。
なんだかいつもはマスターは私の知らないどこかで生きていて笑っている気がしてるのよ。」
・・・これは雅子さんの今日言った台詞。

笑ってタバコを吸いながらparisの街を歩いているマスターを想像しました。
・・・そうだったらいいな。



なんだか、涙が止まらないので、今日は、もう、寝ます。
[PR]
by la_forgerone | 2007-09-17 23:01 | 想い