la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:想い( 164 )

去年の夏

この1ヶ月って私にとって頭を引っ掻き回して脳みそ総動員するぐらいのことが
たくさん起きています。

それは制作で何か事柄が大きく激動してるとかでは全くなくて
ほぼ思考のことなので
見た目に変化もなくて状況にも変化はないけど
数年間考えててもどうにもならなかったことを
ゆっくりと紐解いてゆっくりと紡いでいってる感じです。

それは自分でずっとずっとこうだったらいいのに…なんて
考えていたことと反対のことにハッと気づいたことだったり
人からしてもらった嬉しいありがたいことだったり
人がしている行動で感じたことだったり
人の言葉で感じたことだったり
人の作品で感じたことだったり

そんなことのひとつひとつが沢山重なっておきてくれた
紐ときしている濃い充実してる1ヶ月間。
まだまだ現在進行形で頭の中で考え続けていて、わくわくしています。

悩んでることとか考えてることとか
頭でっかちに考えがちなので
自分で自分を決めつけて狭めてることが多いんだけど
それでも小さなきっかけが大きなきっかけになって
解きほぐしてくれています。

テオ・ヤンセンのビーチアニマルが風に乗って校庭を走るのを見た去年の夏。
あの時に吹っ切れた時と同じぐらい清々しい気分。

b0072234_9292347.jpg

[PR]
by la_forgerone | 2012-07-12 09:29 | 想い

今週1週間、いろいろと感じたことがあります。

さらりと言われた
「そういう世界じゃなくてその上の世界を目指してるのだから。」
それまでの会話の過程は省略しますが、
その言葉を発している人は
その世界の物・人を見ることができていて
さらりと「本心」でそう言っているということ。

私はその世界を望んでいるのに、
どこかで私には無理だと自分で自分をセーブして
「無理だという自覚」なんてつくりたくないのに勝手に作って
厚い壁をつくった殻の中に閉じこもっていることに
気付いて一瞬で血の気が引きました。


見ている考えているその世界で自分は構成される。
本などで読んだり回りの人を見たりして、そうだよね、って知ってた気分でいたけど
彼の言葉を聞いたことで
彼の意識との差に
その時一瞬で血の気が引くほど鳥肌立つほどヤバイ!!と思いました。
意識の違いは結果に繋がる。


「望むことに手加減をすると、実際に手に入るものはもっと少なくなってしまう」

最近見失いがちになってた漠然とした夢。
もっともっと夢を見ていいんだ。
夢は実現する為にあるんだから。
[PR]
by la_forgerone | 2012-06-23 10:51 | 想い

徒然

日記。ただの思いの徒然…というかだらだら日記です。長いのでお暇な時に。
お茶席から戻った後どうしてもワインを飲みたくなったけれど結局出かけれず終い。
(お友達みんな忙しい…(T−T))
おうちで頂き物のワインを飲みながらぼやーっと過ごしています。
ここ最近制作やらお出かけやらでずっっとバタバタしていたので
よかったのかもしれないな、と。

PC眺めたり、これからしていきたいなと思ってることや
今後10年先のこともちょっと考えたりしながらワイン飲んでます。
いい時間だなぁ。

昔から憧れている生活があります。

昔から憧れている生活があります
[PR]
by la_forgerone | 2012-06-17 22:41 | 想い

影を彩る

b0072234_86969.jpg


金環日食の日にネット上で沢山の木陰の写真を見ました。
どれもとても素敵だった。
広島は薄曇りだったので影が出なくてみれなかったのが残念。
薄曇りのおかげで肉眼でも輪になっていく様子が十分見れたのですけどね。


沢山見た中でこの写真がとても印象的でした。
普段の生活と変わりない日常の一コマ。
大いなる自然と人と。
[PR]
by la_forgerone | 2012-05-24 08:10 | 想い

ナガオカケンメイさん

18日の谷尻誠君の事務所で行われたTHINK。
今回のゲストはナガオカケンメイさん。

次のゲストがナガオカケンメイさんだとメールで教えてもらった時にかなーりテンションがあがり
この1ヶ月以上を待ち遠しく過ごしていました。

最初の1時間はナガオカケンメイさんの人生のトーク。
話を聞いていて「ほぇー」と思う。
わりと行き当たりばったり、、というか、try&error&実現する為に◯っぱちで始めるけど
実際現実にしていっている…という生き方を聞いていてかなり親近感のようなものを感じたり
「やっぱりこういう行動をしていくからこうなれるんだ」的な事を感じたり。
話される内容の随所でナガオカケンメイさんの話を皆がうんうんと頷いて聞いているのが
一番後ろで聞いていてわかりました。
あー、皆がここでやっぱり共感をうけてるんだなぁとか。

ロングライフデザインについて語られてることや3年ごとに出版されてる著書についても
そうか!と思えたり。
いろんな刺激を受けたわけですが、共有すると言う事よりも先に
自分の中で反芻させていこうと思います。


懇親会の後にある打ち上げは成さんのお店のRAKU BEERへ。
ここではトークライブの時に聞けなかったような話を聞いたりしてかなり長い時間を
過ごさせてもらいました。

数ヶ月に及ぶ私自身の低迷期がやっと開けてきたのでかなーり刺激になったのでした。

b0072234_3121437.jpg

ナガオカケンメイさん、谷尻君、愛ちゃん、スタッフの皆さん、成さん、ユキコさん、
マルニ木工の山中さん、神田さん、沢山の会話をさせて頂きました皆様、
どうもありがとうございました☆
[PR]
by la_forgerone | 2012-05-20 03:14 | 想い

la forgerone 〜静寂に溺れる〜 in hiroshima 終了致しました

la forgerone 〜静寂に溺れる〜、無事終了致しました。

本当に沢山沢山沢山たくさんの方がいらして下さいました展示会となりました。
誠にありがとうございました。

昨日は人の途絶えることのない1日で
落ち着いてきたなーと思ったらどんどんどんどんまた来て下さり
何度も何度も人で会場がいっぱいになった
幸せこのうえない最終日となりました。

また「展示会」として作品をご覧頂ける場を作れるよう今後とも精進していきます。
どうぞ応援よろしくお願い致します。
皆様にまたお会いできる日を楽しみにしています。

b0072234_8325874.jpg


ご来場くださいました沢山の皆様
応援くださいました皆さま、
そして、アンカレットの平山さん
本当ありがとうございました!
[PR]
by la_forgerone | 2012-05-09 08:33 | 想い

明日は最終日

la forgerone展 〜静寂に溺れる〜
あっという間の最終日です。

沢山の方が毎日いらしてくださり、沢山の方と少しずつですがお話をさせて頂く日々です。
誠にありがとうございます。

亡き師匠に出会い、鍛冶屋の道に入って17年です。
月日が流れるのは本当に早いです。

17年という月日を地道にじっくりゆっくりと活動しています。
自身のアトリエを構えてからはもう少しで丸5年となります。
これもひとえに地元広島の皆さんがずっと応援して下さっているから
こうやって続けてこれていることだと思っています。

何か身近に鉄の細工の話があった時に
「それだったら友紀ちゃんが出来るんじゃない?」と紹介して下さったり
「こういうことしてる人がいるよ」と地元広島のメディアでは毎年沢山ご紹介して下さったり。
おかげさまで全国的なメディアにも取り上げて頂けるようになり
今回の展示会も3年前の広島での展示に引き続き
県内外からとても多くの方々がいらして下さっています。

この数年沢山のお仕事のチャンスを頂きその分少しは成長できたのではないかなと思いたいです。
成長して行くことが亡き師匠へのご恩返しと思っています。
師匠のご親族の方々にも長年ご好意に甘え、お世話になり続けています。
亡き師匠とご親族の方々をはじめ、広島、全国の皆様、支えて下さってる皆様、
友人家族のみんな 
皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。


師匠の作る世界観にひかれて入った鍛冶屋の世界ですが
私の作りたいものも少しずつですが形になっています。
「私はこんな世界観が好きです」と少しでも伝わるといいなと思って行った展示です。


b0072234_026790.jpg


展示会最終日、是非いらして下さい。
会場で皆様のお越しをお待ちしています。
[PR]
by la_forgerone | 2012-05-08 00:36 | 想い

人はなぜ感動するのか

「見た目の真新しさや最新のテクノロジーは1時間もたてば色あせてしまう。
 人がなぜ感動するのか。
 周りの空気を変えてしまうオーラをモノにどう持たせるか。
 その仕組みが分かれば、10年後にも魅力を失わないモノができる」

感動するものを作ることはとても難しいことです。
もの作り、それは人の感動を意図して作れるものではないから。
(身体を支える為の安心感のあるフォールドやラインは意図していますが)
意図していない所に人が思いを寄せてくれている。
それは制作者としてかけがいのないやりがいでもあり喜びでもあります。

東京での展示会の時に遠く仙台や東北にお住まいの方がいらして下さり
震災後とても気持ちが落ち込んでいる時にTVで見てきれいなものを見て癒されました。
夫がなくなり気持ちが浮かばない日々が続きとても悲しい時に見て
涙が出てきて癒されました と
おっしゃって下さった方々が数多くいてくださり
自分の意図していない所で何かを感じてくれている方々がいると言うことを知りました。

私の作る物はどちらかと言うと今の流行りのシンプルなものや
デザインの研ぎすまされたもの、または反対のナチュラル系のものではなく
多少華美であったり
装飾性があるモノを作っています。
自分が好きで流行りと違うものを作って入るものの
それでも時折自分の作風を振り返り
このままでいいのか、もっとジャンルを変えた方がいいのではないか、、等と
いろいろと考えてしまうことがあります。
結局は好きで作っているものだから変えれないし
好きなものが変れば自ずと変って行くのだからそれに身をまかすしかないなと
結論はいつも一緒なのですが
それでもぐるぐると考え続けます。

人が何故感動するのか
周りの空気を変えてしまうオーラをモノにどうもたせるか

仕組みはまだまだこれっぽっちもわからないけれど
誰かがふと魅入ってくれるもの作りを続けて行きたいと思ったのでした。

「 」の中は新聞に掲載されていた言葉だそうです。
たまたま目にして心に残ったので書き留めておきたいと思ったのでした。
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-19 23:46 | 想い

私の師匠のお話。

私の師匠は50代と言う若さで亡くなった。
癌だった。
変な咳をしてて息をするのも辛いのに
酸素の吸入器を吸いながら
「今病院行ったら当分出て来れんだろうけ~行かん」と
打ち合わせをしたり制作してたりした。
そんな師匠を無理やり彼女さんが病院に連れて行って癌だと伝えられた。
そして入院して1年ちょっとで亡くなった。

20代前半からずっと弟子として可愛がってもらっていた私は立ち直るのに数年かかった。
今でもまだ辛い。

師匠の彼女の雅子さんにもずっと可愛がってもらっていて私にとっては大切な姉のような人。
雅子さんにとっては私は娘のような感覚だと去年言われた。(年はあまり離れていない)
二人は結婚されていなかったので(師匠には離婚された奥様との間に3人の息子さんがいらっしゃいます)
二人で可愛がってくれてた私を雅子さんの中ではそう感じてくれていたみたいで
気持ちを考えるとやっぱり切ない。

師匠は何というか、ある種の魅力に長けた人で「カリスマ」とかそう言うものとはまた違うけど
とにかく人を惹きつける人だった。

女性に大モテなのは弟子としてずっと近くで見ていてすごいものがあったし、
男性にももちろん大モテだった。
人柄と言うのだろうか、とても魅力ある人だった。
私は人に不思議がられるぐらい沢山の人と知り合っているけど未だあんな人を他に見たことがない。

師の作る作品は今みても何度見てもやっぱり魅力的で「うー、やられたなぁ~」と思ってしまう。
何というか宇宙人っぽいの。
何でそこ曲げる!?
何でその形?って感じ。
絶妙な微妙バランス。
さらっとちょちょちょ、っていう感じに作って
それがいびつであったりしてもかわいい。
いびつなはずなのにかわいいと言うのはわざとらしさではなく
細部細部に師匠独特のセンスがあるからだと思う。

実際、師匠よりも上手に作られる作品や作り込まれた作品をいくつも間近で見てるけど
何というか味を感じたことがない。
綺麗で丁寧で、、、確かにうまい。
でもそれだけ。
師匠の作品に惹かれて鍛冶屋の世界に入ったので他を見てもひかれないのは仕方がないですね。汗

私の作風は
私の好きな繊細さと可愛らしさと隠れた妖艶さを私なりに形にしたいと思って作っているのだけれど
その分、したくないと思っている表現方法も沢山ある。

師匠の作る作品に惹かれた私が作りたい作品は
やっぱり綺麗なだけじゃ嫌で
私がいいと思ったラインを作るようにしてる。
じゃないと意味がない。

過度にやり過ぎず、自分の意思でここまで、と決めて作る。
職人としての自己満足では無くてイチ作家としての満足。

師匠が見せてくれてた作品の魅力、人間的魅力。
私が目指すのは私なりの魅力。
師匠みたいにはなれないし、真似をしようとは思ってはいない。まず無理…。
あの師匠みたいにはなれないもの。

でも、やっぱり作品的魅力というのは作風は違っても努力してでも引継いでいきたいし
引き継いていかねば!と思ってるのです。

教えてもらったのは技術だけじゃない。
沢山魅せてもらってる。

師匠の作品の魅力、人としての魅力。
大切な思い出としてだけじゃなくて私の糧となってる。

いろいろありますが私もがんばっていきますよ!

ふんがーっ!
[PR]
by la_forgerone | 2012-03-30 18:06 | 想い

10、11日

今週は慌ただしかった。
遠方に納品に加え、今日は奥出雲で法事。

長距離ドライブが続くとやっぱりばてます。
とくに広島から奥出雲は高速道路が通ってるのが三次までなのでその後ずっと山道。
運転は苦じゃないのにばてるのは不思議。

一昨年母方のおじいちゃんがなくなって、
1年後におばあちゃんが追いかけるようになくなりました。

去年はおばあちゃんの葬式があり、その後おじいちゃんの1回忌とおばあちゃんの四十九日を
一緒にしました。(同じ時期だったので)
昨年の今頃はとても仕事が忙しく、納期も短く迫っていたので朝から夜中まで制作の日々が続き
私はお葬式にも1回忌にも四十九日にも行けなかった。
泣きながら制作していたのを覚えています。

そんな中3月11日には地震が起こり、その時大量に電気を使う行程だったので
罪悪感でいっぱいになり
これまた泣きながら作っていました。

短い納期で大きな作品作り。
かなり日数的にも身体的にも精神的にもダメージが大きかったけど
その分得るものも本当大きかった。
成長したと思いたい。
あれから、1年。
いろいろ思います。
深く深く思います。


母方は8人兄弟。おじいちゃんおばあちゃん入れて10人家族。
父方は5人兄弟。おじいちゃんおばあちゃん入れて7人家族。
多いなぁ。
兄弟みんな本当仲がいい。

伯父(叔父)叔母にとって私は初めての姪っ子。
小さい頃からずっとかわいがってもらっていて
今でも皆がいろいろ私の事も自分のことのように喜んでくれていて
なんだか本当嬉しい。

法事で会った叔母が長崎では資生堂のCM(広島ハリマドンナバージョン)が結構流れていたと
教えてくれました。
(嬉しい☆)
叔母達がNHKの放送を知らせていたなかった自分の友人が「こういう人がTVで出ていたよー」って
話すのを聞いて「あれは姪っ子なのよーと自慢しちゃった〜」って嬉しそうに言ってくれる姿を
目の当たりにすると照れくさいのもあるけどありがたいなぁと思ったり。

私がこたつで横になってうとうと寝てる最中、何となく聞こえて来る昔話。
はっきり聞こえてはこないけどいろんなこと。
本当に苦労してた家なので年下の妹弟達を既に働きに出ていた姉や兄が援助していた事、
助けてもらってた事なんかが聞こえてきてた。

兄弟が多くて今でも皆が仲がいいのっていいなぁと思いました。
私は3人兄弟で、そこそこ仲がいい、と思う。
普通の仲の良さだけど
きっとそれはずっと続くのだろうなって思った1日でした。

日があけて3月11日。
今日も普段と変わらないように過ごし
普段と同じように過ごせる事に感謝し
いつもよりも深く深く命の尊さを想う。
そう過ごす1日にしたいと思います。
[PR]
by la_forgerone | 2012-03-11 10:53 | 想い