la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:私はこうして鍛冶屋になった。( 3 )

独立心のこと。

昨晩、友達と職場からの独立などの話をしました。
かなり「スタッフの独立」について話していたので
夜中2時頃に家に戻って自分の時ってどうだったかな、、とつい思い出して書いてみました。


私は鍛冶屋のアシスタントとして修行に入った時、
いつかはアトリエ欲しい〜とぼやーんと考えていたけれど全く意欲的ではなくて
師匠の元で制作できていたらイイ、というだけの感覚がわりと強かった。
ただただ、携わっていることが楽しかったから。
いつかはアトリエ欲しいーと言っていたけど実際に現実的には全く考えてはいなかった。

なので、それに至る工程はいろいろあるけれど結果として
29の終わりぐらいから~31才ぐらいまで鍛冶屋をやめていてあきらめていた。
約2年ぐらい。

その間にやっぱりやりたくてどうしてもやりたくて辛くて
師匠にもう一度させてくださいと頼んで復帰することができた。

復帰した後も携われる事が作れる事が楽しくてあまり独立とかは考えてなかった。
ただ、以前と比べたら
いつかは独立しなくては、という気持ちではいたけれど、まだ現実的ではなかった。
それは心の片隅で自分にはまだまだ無理だ、という気持ちがあったから。
当時の友達と話している時に「いつかアトリエ欲しいんだよね」と話してる私に
「そんな事言ってる人って結局しない人が多いんだよね」と言われてドキッとしていたので
我ながら口だけで本気で言っていたわけではないんだなぁと今振り返っても思う。

師匠が癌で入院した時に
できるだけ早々にアトリエを持たなくてはならないという現実がやってきた。
それと同時に師匠に弟子としての成長を少しでも見てもらはなくては悲しい思いをさせてしまう!
という焦りもあってはじめての展示会を開催した。
それまで自分の作品を作りたいと思ってはいたけれど"私にはまだ無理だ、できない"と
思い込んでいたので取り掛かるときもドキドキしていた。

実際作りはじめると多少の技術は思ったよりもついていたことがわかり
作れないものもまだまだ多いけど、それなりに作れるようになっていて
それが楽しい。
でも師匠に見せなくては!という焦りと早くしないと亡くなってしまうかもしれない、
間に合わないかもしれない、失望させてしまうかもしれない、、
という気持ちでちょっときつかった。

翌年の夏の終わりに師匠が亡くなった時に私は自分の作品を作るために
ご家族の方にお願いしてそのままアトリエをお借りさせて頂いていた。
その時には3年以内にアトリエを作らなきゃ、、と漠然と決めていた。

けれど、お客様もいなければコネもない、
もちろんアシスタントをずっとしている私にお金なんて全くない。
仕事がなければお金がないので独立もできない。
師匠のあとは息子さんが継がれているので当然私は私のお客様を作る必要があった。
筋違いのことはしたくなかったから。

師匠は以前飲食店を経営していてそこから独立してお店を持たれた言わば兄弟弟子の方々が
当時人気店を開いていた。
皆さんのお店にDMなどを作っては置いて頂いていた。
「私等はマスターにお世話になっているご恩がある。
 息子さんを盛り上げるために応援するから、DMを置いてあげる事はできるけれど
 それ以上は何もできない。
 お前が作る人じゃなければ良かったのに」
と言われたけれど、それでもツテもないので置いて下さるだけでありがたかった。

自分のアトリエを作ったのは師匠が亡くなって2年後で
今年で6年目。

私は独立心がなかった方だな、、、と思う。
でも、独立しなくては!と切羽詰まった気持ちと状況になってからは
どうやったらお客様が増えるのか
どうやったら興味を持って頂けるのか
どうやったら仕事として成り立つのか、、かなり必死に考えた。

独立心が少なかったわりに
今自分の仕事として自覚してやっていけてることと
制作が好きでやっていけることをありがたく思う。
人間崖っぷちになれば何とかがんばれるんだなって、、思う。笑

師匠が今生きて健康で制作して下さっていたならば
きっと私は独立していないか独立していたとしてもぐだぐだだったと思う。

独立って人それぞれの考え方があって
それぞれのタイミングでするのだろうなーって思うので
独立心旺盛で意欲的な人もあれば
私みたいに切羽詰まって独立する人もいる。
流されて独立する人も。

いろんな人がいるんだなぁと思う。

自分の仕事としてもの作りをするのって大変だと思うけどやっぱり楽しい。
きついけどww

独立心旺盛な人が集まる場(会社)の人と話をしていて
私はどうだったっけな、、と思って振り返って書いてみた。

それにしてもつくづく思うのは、、、
私は師匠に恵まれた。
あんな人になりたいと今でもずっと思ってる。
なれないけど。
[PR]
by la_forgerone | 2013-07-15 12:44 | 私はこうして鍛冶屋になった。

私はこうして鍛冶屋になった。2

随分と間があきましたが「私はこうして鍛冶屋になった」の続きです。
読まれていない方でご興味のある方は→からご覧くださいね。



師に「教えてくださいー」と勢いづいて言ったはいいけれど、
もちろん「女の子には無理じゃけ」と言われてがっくしきた私。

師が経営していたのはルテスというcaféで、私はそこに通いつめていて
もちろん断られた後もずっと通ってました。

b0072234_10234631.jpg

マスター(師)の雰囲気と異国情緒を漂わせるお店は当時かなり目立っていて
今あってもかなり目立つと思う。
caféブームとか言う流行りの何年も何年も前の話です。

当時そのcaféに集まる人はお洒落な人(モデルやダンサー、マスコミ関係者、ファッション関係者)が多く
そこにいるだけでも楽しくて20代前半の私は入り浸っていたわけです。
当時を思い出すととてもノスタルジックな思いがわきあがるのと
なんともいえない「私の好きな思い出」が綺麗によみがえります。

parisの片隅のような、ゴダールの映画のような空気がそこにあったの。
で、そこに私たちがそれぞれ主人公で存在していた。
話が生まれ、夢を語り、大勢でにぎやかにしていても、独りでいれる。
何かが確実にそこにうまれた。
そんな空間。
多分、当時ルテスに通っていて親しかった人たちはその気持ちを共感できる人が多いと思う。
そこは広島であって、広島じゃなかった。

当時のルテスの写真、あまりなくて、、、残念。

・・・あ、話がそれた。すみません。

師を見つけるたびにちょこちょこ(毎回ではない)教えてください教えてくださいと弟子入り志願をする私。
(弟子入り志願というほど堅苦しい行動ではなかったけれど 笑)
こんなのが作れるんなら作ってみたいー!!というのが頭の中を駆け巡りいてもたってもいられなかったの。


長いので続きはこちらからどうぞ ☆
[PR]
by la_forgerone | 2010-08-22 12:45 | 私はこうして鍛冶屋になった。

私はこうして鍛冶屋になった。1

「鍛冶屋になるまでのこと」、「アシスタントの頃」のお話を公私共によく聞かれます。
多分、この15年間の間で何万回も聞かれたかもしれない。

はじめましての会話のスタートは 「何されてるんですか?」
そこから始まることも少なくない・・・。

普通の会話で、「何されてるんですか?」 きっと何気なく聞いて、
「へー、そうなんですねー。」
と次の話題に進むことが多い、かもしれない。。。


私の場合、はっきり言って、リアクションをもらえるネタを仕込んでいるような仕事の気がする。

「何してるんですか?」
「鍛冶屋です」
「へ??鍛冶屋って何ですか?」

鍛冶屋を知っている人はもっと 「へ???」 と言う顔をする。
(鳩が豆鉄砲をくらったような顔をしてくださった1番の方はMAYA MAXX さんでした・・笑)


なんで鍛冶屋になったの?
どうやってなったの?
よく聞かれるのでなんだかblogにも書いている気がしていたのだけれど、
そういえば、書いてなかったかなぁ。
はて?


ちょうど4月だし、ちまちま思い出しながら書いていこうと思います。
きっと書いてることもあるだろうけど、多分、書いてないこともあるだろう。
もしかしたら何かをはじめたい、でもはじめられない・・・。と言う人もいるかもしれないので、
悩むより行動したら何とかなるよーと言うblogのつもりでもあります。



題して
「私はこうして鍛冶屋になった。」
b0072234_233831.jpg

鍛冶屋といっても鍬や刀を作っているわけではないですよ。
こんなのとか、シャンデリアとか、作ってます。


興味ない方は、飛ばしてね。


長いので☆
[PR]
by la_forgerone | 2010-04-23 23:33 | 私はこうして鍛冶屋になった。