la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2007年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ダイヤモンドよりコレが嬉しい(笑)

今日アトリエにハチノス定盤を設置しました。
重さ約2t200kgでした。
はっきり言って想像がつかない重さです。

2tユニックで持ち上げていたら前方に振った時点でユニックの後輪が30~50cmも浮いていました・・・。
何トンかあるトラック(ユニック)が持ち上がるのって始めてみました。
それほど
重たかったのねー。

結局クレーン車を持ってきてもらいそれで持ち上げてアトリエの中に入れ込むことに。
で、重さを量ったら上記の重さ・・・。
いやはや、重いッス。
b0072234_0161131.jpgb0072234_0162541.jpg













b0072234_0163779.jpgb0072234_0165562.jpg












b0072234_0171047.jpg

アトリエの入り口に設置をしておくに入れ込むのにハチノス定盤の下にパイプを転がせて昔ながらのコロの原理を使って移動してもらいました。
自分ひとりじゃ絶対に出来なかった。
おッちゃん、お兄さん、ありがとー!!!!

その時にダイヤよりコレが嬉しいと話をしていたらやっぱり変わっていると言われました。
もちろん同じ重さのダイヤであればメチャ嬉しーですが(ないでしょうが)、今の私にはこの重さのハチノスちゃんが嬉しいのでございます。

入れ込むのにどうなることがと心配していた一番の難関のハチノス定盤が入ったことでかなーりホッとしたしだいです。




b0072234_027115.jpg


それにしても雨が降らなくて良かった。
この日大活躍のフォークリフトちゃん。
ありがとー。


明日から来年の展示の打ち合わせもどきで奈良へ行きます。
京都、大阪を回ってきたいと思っています。

毎度の恵文社ははずせないです~!!!

[PR]
by la_forgerone | 2007-11-30 00:23 | アトリエ

AIUTO!(アユート)でのクリスマスの展示

今日から大好きなイタリア料理屋のアユートさんにクリスマスが終わるまでの1ヶ月の間
店内に数点ほど作品を飾らせていただくことになりました。
素敵なクリスマスディナーの演出に少しでもお役に立てると嬉しいです。

アユートさんは人気のお店で予約が2、3ヵ月先まで埋まっていることが多くて
もちろんクリスマスシーズンはご予約で一杯!!!
(私は随分前に予約をしていて12月に食事に行くことができるのでうれしい!)
なのでアユートさんにご予約されている方のみご覧いただけるという形になりますが
ご予約をされていらっしゃる方は少しだけいつもと違う雰囲気を楽しんでいただけたら嬉しいです。
本当に点数が少ないのでクリスマスまでにもう少し作品数を増やしたいな。



私の年末はちょっとだけばたばたです。
制作とアトリエの工事と打ち合わせと・・・
いつもと変わりがないのに気持ちだけがとにかくバタバタ。

それでもスツールとベンチが今日出来上がり、ホッと。
そしていつもご依頼いただいている半円の照明カバーも制作中。
その数32個!
鉄を焼いて叩いて曲げていたら焼けはがれてきた黒皮(鉄は焼けたら表面の膜ができて叩くとはがれるんです)が
手の甲の上にぺたんとくっついた。
イターイ!(熱いー!)と思いつつも払って制作を続けてたんです。
・・・痛いな、と思ったら家に帰ったらぷっくりと火ぶくれが出来ていました。
ちぇー。
コレは痕が残りそう・・・。
軟膏を実家で貰って帰ったのでそれをヌリヌリしています。。





b0072234_22312176.jpg




アトリエから見えるポプラ並木の紅葉。
ゆっくりじっくりとみれるのも今年が最後。かな。
叩きながらもボーとみるポプラたち。
癒されるんだなー。
今日はもっともっと紅くなっていた。
この葉が枯れ落ち枝木になる頃には私は自分のアトリエが持てているんだろうな。




ん。がんばろ。

[PR]
by la_forgerone | 2007-11-27 22:35 | news

クリスマスリース

今日の日曜日はお昼前にふと思い立ってgacha-manaさんで開催されていた
ZAIKUCRAFTさんのクリスマスリース作りのeventに参加することにしました。

初めてのリース作りです。
ワクワクです。

おおおお、おもしろーい。
枝木をぐるッとつなげ枝木をまきつけまきつけまきつけ。
ガシガシとワイヤーをまきまき。
ふぁさふぁさしたリースができあがり。


b0072234_0212453.jpg




ちいさなちいさなリースを作るつもりで
参加したのに
「いーんやっ!!やっっぱり
おっきいふさふさしたのがほしー!」と
初体験のくせにたくらんじゃいました(笑)

できあがったのはわさわさ葉の繁る
大きなリース!
40cmもあります。
ご満悦!!
えへー。


シックなリースが作りたいと思いながらも
ほんわかラヴリーな出来上がりに。
初めてにしては大満足な仕上がりです。




玄関に飾りたいけど・・・
お部屋に飾ることにしました。







   gacha-manaさんにお願いしていたちびまな板。
   今まで使っていたちびまな板のサイズを参考に作ってもらいました。
   なんだかこれまたラヴリーなのん。

b0072234_22223494.jpg







[PR]
by la_forgerone | 2007-11-25 22:24 | 日々のこと

冬到来

冬が来てますね。
引越しをしてから初めての寒い夜。

目の前が川。
お部屋の窓が大きい。
→→→→→→→→→→→寒い寒い。
ぶるぶる震えちゃいました(笑)


この部屋ではストーブがほしいかも。

アラジンかわいいよね。
どうしよっかなー。




b0072234_11501691.jpg


b0072234_1158862.jpg


      ここ最近の散歩道。
      んんんん?ちゃりらーだから散ちゃり道だよね。
      お気に入りの場所です。







      家のちかくには
      古い日本家屋とか倉とか倉庫とか。
      木とか川とか花とか。

      たくさんあるのです。





                                      私の心にぴたっとくるモノがたくさんたくさん。
                                      ちょっとずつ写真を撮りたいな。

  

[PR]
by la_forgerone | 2007-11-25 12:08 | のんびりと・・・

散歩

私の街までの相棒のPeugeotちゃん。
アンティーク風の黒いチャリであります。

散歩がてらすいすい走ります。
手放せません。
かわいこちゃんです。
珍しい型で広島では他に見たことがないので写真は載せません。
とにかく、かわいこちゃんです。





b0072234_2256639.jpg

いつも、あ、羽休めしてるーって思って見るウミネコ?
いつもいます。
何羽もいます。
1つのライトに1羽。
指定席が決まっているのかな?




毎日毎日いるの。
・・・なので、その結果は・・。


b0072234_22562226.jpg













チャンチャン。




[PR]
by la_forgerone | 2007-11-19 22:59 | のんびりと・・・

中村muchoよしてる展

17日にCEROであった中村muchoよしてる展 オープニングレセプション+digmeoutトークショーに行ってきました。

NISSAN WINGROAD × digmeout JAPAN TOUR 07
中村muchoよしてる
Exhibition in Hiroshima
11.17→12.2
b0072234_23383961.jpg



4階の会場に入った瞬間・・・若ーい人がたくさん・・・。
ひゃー。
場違い?か??と思ったけれど、中村muchoよしてるさんの絵がメチャかわいくてかわいくて
じっくり観てしまいました。
思わずそこにいた感じのいい男の人に(この人も若い)「この絵かわいいですねー。
誰が描いたんですか??」と聞いたらご本人!
失礼いたしました。
ご本人の感じもいいですし、絵と同様にかわいー感じの男性でした。
かわいいといってしまえるぐらいかわいい方でした。スミマセン。



実はですね、フライヤーで見た絵がかわいくて「絵」が観たくて特に前情報ナシで行ったんです。

もちろんフライヤーに書いてあるトークショーのことも気にはなっていました。

最近自分の中でいろいろ感じていることがあってぐるぐるしてるんですね。
もちろんぐるぐるは制作のことです。
作る人はこのぐるぐるって多々あると思う。
表現方法は違ってもいろんな考え方やいろんな思いが回る、それが全て自分の作ることや制作に繋がるので本当にこのぐるぐるも大切なんですけど・・・はまったら抜け出すまでが長い。
多分、この私のぐるぐるの感じだけは何かを生み出すことをしている人じゃないとわかんないと思う・・・。
ぐるぐる考えてる時は何か作品を作り出すことをしている人の話を聞いてみたり、そういった人とお話をしたりするのが私にとっては一番薬になります。
作るうえでのメンタルな部分がぐらぐらするので制作の合間にぐるぐる考えるんですねー。
コレばっかりは生きているのだから何かしら考える。仕方がない。がんばるのだ。

なので何か糸口があればなーと思って。行きました。

失礼ながらdigmeoutさんがどのような活動をしているかを私は知らなかったの・・・。
なので、若いARTISTがたくさんきているのをみて
「若い子が多いなー、すごーいなー!!もしかして場違い??はて?」としか思ってなかったのです。
が、ビデオプログラムの上映が始まってdigmeoutさんの活動を知って・・・
私も、見たことあるよ。この本!このARTISTさん・・・!!と思うことが多々。
このレセプションに若いartistさんが多いのが納得でした!!

はぁぁぁ。
すごいなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。


ポートフォリオを持ってきているたくさんのARTISTさんたち。
丁寧に観てお話してくださるdigmeoutの谷口さん。
自分の作品について語るARTISTさんたち。
すごいなぁ、と思いました。
わたし、作品についてこんだけ語れるんだろうか??と思ってしまった。
好きで作ってるだけだから、何かこの作品について語れ!といわれたら困る・・・かも。
空気感、艶ぽさ、色っぽさ、水っぽさを表現したくてそれを感じて欲しいとはいえるんだけど??


思わずぐるぐる考えている私も写真を見ていただきました。
取り扱われている作風も違うのに。
スミマセン。


ありがたいことにしっかりと褒められて?しまったので、グルグルの解決に辛口を求めていた私は・・・
それって褒めてくださってるのですか?けなされているのですか?と聞いてしまいました・・・。
スミマセン。甘ちゃんですね・・・。

プロとして自覚はあるけれどプロとして甘い、それが私のネックでございます。
作るの好きなんだけど、それだけじゃ駄目なんだよなー。
ぐるぐるもするし。

アトリエできて自分の作りたい作品をがっちしつくったらすっきりするんだろうな。
こんなのが作りたいという思いがあるのに、「今」作れていないからいろいろ考えるのです。
うー。
あと少し、後少しで作れる!
そうしたら抜け出せるかな。


レセプションの後に中村muchoよしてるさんともお話を少しだけ出来ました。
muchoさんの作品について聞きたかったことあったのにぐるぐるの私はグルグルの私のままでお話したのでした。
こんな私のぐるぐるを聞いてくださってありがとうございます、muchoさん。

そして思いのほか広島のいろんな若いARTISTとも話ができて楽しかったです!




どこかで人って繋がってるのねー、ということもあってちょっとおもしろいなーって思ったことも。


ぐるぐるは続くけれど、それはまぁ、先を見るといいこと。



会期はまだまだあるので、何度か絵を観に行こうと思います。

[PR]
by la_forgerone | 2007-11-18 23:47 | art/artist

mama!milk!とハイスツール。

今日はお昼に九州のライブ帰りのmama!milk!の祐子さんとちょっとした打ち合わせ。
髪型が変わってた祐子さん、かわいかった(笑)



ハイスツールで重要なのは座り心地ももちろんあるけれど、足を置く場所「足場」、だと思います。
コレって普通に椅子に座って飲んだり食べたり、話をしたりする時にも重要な場所だったりする。
私はちょっと違っていても不快になります。もうちょっと高かったらいいのにー!って。
足を組むことをしないし、背が低いからかなー(158cm)


こんなほんのちょっとした高さの違いでも不快を感じやすい「ちょっとした場所」。
「ちょっとした場所」ではあるけれど、「重要な場所」なんです。



去年のmama!milk!のライブ中、音楽に浸りながらも
私の作った椅子で演奏する姿、きっと素敵だろうな~と言う「すっごい妄想」を思い浮かべてしまい、
椅子が頭の中を駆け巡っていた。
ライブ後の打ち上げでは「作らせてください!!」と祐子さんに直談判してましたよ(笑)



椅子の外見を作るだけではなく足場もしっくりくるように作りたい。
そう思っていました。
「足を置く位置がしっくりこないー」なんてことを思いながら演奏して欲しくはない。
そんなのいや。


一応「ここで大丈夫ではないかな?」と私も座ってみてチェックをしながら仮溶接をしてはいるけれど
演奏中ずっと気になる足の位置。
祐子さんにも必ず座ってチェックをしてもらわないと作れない!と急きょ電話をして
いつ広島近辺に来られるかを聞いての束の間のランデヴーだったりします。

打ち合わせ時間は新幹線を一旦降りてもらって次の便に乗り換えてもらう25分ぐらい(笑)
足場を決めるために重~いスツールを担いで広島駅の構内、ホームへ。
行きかう人の目が「この人何持ってンの?」って言う感じだったけど、気にせず必死に担いでた私。
筋交がついてるからすごく重いのとハイヒールで作業着じゃないのが難点だった・・・。

仮溶接の位置もちょうど良かったみたいでこれから本溶接に。

後は模様を作って塗装して!!出来上がり。



そのスツールに座って演奏する祐子さんの姿とその隣に立って演奏するコウスケさんの姿・・・。
ドキドキする(笑)
うううううう。



祐子さんの雰囲気をより魅力的に、より幻想的に映せるスツールを作りたいな。
お楽しみに!!



[PR]
by la_forgerone | 2007-11-17 01:20 | 製作の日々

旅館樋口

先日旅館樋口さんの飾りフェンスの取り付けが終わりました。
私は取り付けには行っていないので写真を撮ることが出来ませんでしたが建築家のNさんに写真を撮ってくださーい!とお願いしmailをしてもらいました。

いつか樋口さんにお邪魔して自分で写真を撮らせて頂きたいな。


b0072234_2320874.jpg

b0072234_23194953.jpg




作品が織りなす影、やっぱり好きです。






[PR]
by la_forgerone | 2007-11-15 23:26 | *飾り窓・フェンス・手摺り

アトリエ着工。

アトリエの着工、昨日から始まりました。
うわーい。

今日は大家さんと建築会社の方との打ち合わせもどき。
それだけでなく、本当は「天井裏とかから出てくる廃材」などを捨てたりするのを手伝おうと思ってたんだけど
昨日のうちに終わっていて、私、お手伝いする必要ナシ子ちゃん・・
やる気マンマンで作業着で行ったのでちょびっとがっくり(笑)


b0072234_19161984.jpg天井がはがれて屋根裏が見える状態になってる作業小屋の姿は
なんだかここで作業をするんだなーって言うのが
実感になってきました。
うれしー。




今日私がしたのは、現地を1度見ているけれどうろ覚えだったり
アトリエの図面をみていても実際見ないとわからないことの
すり合わせをすること。
コレ大事ですね。





そして、見てよかったなーって思ったのが・・・ 床位置と梁の位置。

b0072234_19173028.jpg床位置はレベルを合わせてコンクリートをうつのでかなり位置が高くなるので
思っていたよりも(うろ覚えで記憶をしていたよりも)梁の位置が低くなるんです。
ハチノス定盤(厚さ30cm+ゲタ10cmぐらいで40cmぐらい高くなる)をおくと
私の頭が
十字にわたってる梁にあたるかも?ぐらいになる・・・。
それじゃ困るからと午前中は親方さんと「あぁじゃないこうじゃない」と
いろいろお話をさせていただいたのです。
親方さんも「今は大丈夫だと思っていても日々の仕事でいちいち邪魔だーと
思うようになると大変だからねー」と一緒になって考えてくださいます。
ありがたいなー。
今まで壁のあったところ(壊してる)を境にして床レベルが違うので
低い方にあわせてもらうことにしたら何とかなりそうでこれまたホッとしたのです。





「置いたら最後」私の力ではどうやっても運べない作業台(100cm×220cmぐらい)とハチノス定盤(120cm×240cm)の場所を考える。
梁との関係でこの場所が決まらない事には気が休まらない(笑)

動線が悪いと使い勝手が悪くなるし、仕事としての制作に支障のないように
ゆとりも考えなきゃなーって思いながら場所決めをしてみた。
3mぐらいのものなら中で組み立てたりすることを前提で考えて配置をしないといけないもの。

梁がある場所を避けて、そして梁がうまいこと作業に役立つように・・・。
なんとかなりそう。
うれしー。
でも、考えに考えても移動の時に気を抜くと絶対大物はぶつけるー!
それは最小限にしなくては。
慣れが必要です・・・ドンくさいから、慣れるまで大変かも(笑)


b0072234_19175395.jpg大工さんたちは建物自体が傾いていたりしていたのを(本当に古い農作業小屋なのです。
でも、すごくきれいなんですよー♪)片壁面をジャッキを使ってあげていた。
確かに正面から見ると左が下がっているんだよねー。(9cmも)
これらも明日には直すみたい。
・・・すごい!!
大工さんってすごいなー、本気でそう思います。









私は最初自分でアトリエを探していた時、ただただ見つけた作業の出来そうな小屋にコンクリートを敷いて(またはコンクリートを敷いてある場所を探していた)、燃えない素材(スレート?)を貼り付けて「ハイ出来上がり」のチープな環境を考えていたの。
知り合いの建築家の方が今回大家さんとアトリエを紹介してくださって改築までしてくださることになって!!!
本当に感謝!!!しています!!!
言葉では言い尽くせないよ~!!
たくさんのありがとうございます!!デス!!!!


正直な話、すごくドキドキしています。





そうそう、今日の帰り道、全く混んでいなかったから20分で家に着いた・・・。
コレもびっくり。

私はもともとフットワークが軽い方なんだけど、車を買ってからは(車の運転が怖くてペーパードライバー10年の経歴でした)もっともっともっとフットワークが軽くなった。
ずっとお借りしているアトリエは東広島で高速を使って約50分かかるので下道で20分の距離なんて「すぐそこ」レベル。
帰り道下道が混んでいて3時間かかった時もあるもん。
今まで広島で打ち合わせとかがあったら打ち合わせ後はアトリエに戻ることはしたことなかったんだけど(午前中だけ制作、午後から制作というのはあるの)そういうこともできそう。
うれしー!!
近いんだなーって実感しました。
本気でうれしいのだ(笑)!!




ふー、来年には少しずつ自分のアトリエで作業できるようになると思う。
なんだかそう考えるとドキドキする。
長年本当に親身に親切にしてくださっている皆様がいるからこそ続いているんだもん。
本当に自分だけの場所で制作するのって初めてでもちろん周りに人がいないのも、初めて。
どんな感じだろう。




ううううう。
ドキドキする!!
楽しみ!!



自分磨き&アートな秋を楽しもう!

[PR]
by la_forgerone | 2007-11-13 19:17 | アトリエ

アイアンインテリア制作・アイアンランプ制作

ちょびっと言葉について。

私は鉄でインテリアを作っていてそれは「テーブル、フェンス、ライト、棚、看板、表札、ファッションツール」などなど私が作れる大きさの範囲で本当にたくさん作っています。
大きいのは本当に大きい!!

よくですね、ファッション雑誌やインテリア雑誌でそれらを文字にするとそれは「アイアンインテリア、アイアンテーブル、アイアンフェンス、アイアンシェルフ、アイアンの看板、アイアンの表札・・・」などと書かれていることが多いです。

で、鍛冶屋=鍛鉄をしているのですが、鍛鉄は「ロートアイアン」です。

言葉が横文字になるだけでなんだかすっごく違う雰囲気が・・・!
なんだか、くすぐったいー。
横文字になるだけでなんだかおしゃれさんです。
・・・本当にくすぐったいです(笑)
そう思うのは私だけですか???

意味は同じなのにを文字は目で見て音で耳で聞いて違う雰囲気を伝えます。

鉄=アイアンなのでどちらでもいいんですけど、くすぐったいので「鉄」ときっと言い続けて
たまーにちょびっとアイアンって言うんだろうなー。
私の変なこだわりなのでした。
えへー。

b0072234_17464331.jpg



で、ですね、私は深い会話を友人達とする時にはなるべく噛み砕いて身近なことを例にして話をすることが多いです。
ただ、難しい言葉を知らないと言うこともあるんですが(恥)。
「伝えたいな」と思うことを相手にも間違って伝えたくなく「ストン」と伝えたいのでそうする癖がついています。

深い話をする時によく「難しい言葉」を羅列して意気揚々としている男の人がいます。
何故か男の人が多いです。
でも「難しい言葉」はその意味が私には伝わらないことが多々あります。
お馬鹿でスミマセン・・・。
羅列しすぎる人には「○○」ってどういう意味?って会話の中で何回か聞き返すことがあります。
わかんないんだもん。
会話した気にならない。
その男性(たち)は高尚な会話遊びを楽しんでいるのでしょうが《難しい言葉を使う人がトイレに言ってた時に他の男性に聞いたら「彼は難しい言葉を言うことで男のこのデザインの世界で戦ってしているし、それを楽しんでいるんだよ」と言われたの、でも、そういうもの?》、それが伝わらない人(私)と話しをしていては無駄になるのでしょう・・・。ごめんなさいー。
でも話していることをきちんと知りたかったの。



その反対に延々と回りくどく説明することを一言で伝えられる言葉もあります。
そういう言葉を会話の中にさらりと使える友人がいます。
こういうのってすごいなーって思います。
私の中にボキャブラリーが少なくて使うことが出来ないけれど言われたらわかるので「おお!この一言だけで意味が全部わかる!」と思って感動するのです。
コレってたくさんの本をちいさな頃から読んでいて言葉が身についているからこそのものなんでしょう。
こういう人になりたかった。素敵な友達です。
憧れます。

そう言えばこの人にお薦めの本を教えて?と聞いて「私に影響を与えた本なの」と言うことで薦められた本は
ヘルマンヘッセの「デミアン」でした。
かなりの衝撃を受けたらしい・・・。
が、私には衝撃ならず。
やっぱり感性が違うのね、と改めて思いショックを隠せなかった私です(笑)


言葉って簡単そうで難しい。
伝えることが出来るから人とより深く接することが出来る。
私はどっちかと言うと難しい言葉より、簡単な言葉、または一言で伝えられる言葉を使いたいなーって思います。

作品は作り手の私の思いを皆に伝えられたらいいなと思うけれど皆に伝えられるわけではない。
作品に言葉を添えていることも多いです。
こう思っている、こう感じて欲しい、と言う想いがあるからなんですが。

でも言葉がなくてもきっと何かが伝わるんだろうなーって思うのです。



ま、想いと違った伝わり方って言うのもたくさんあるんですがね(笑)








自分磨き&アートな秋を楽しもう!

[PR]
by la_forgerone | 2007-11-10 17:47 | art/artist