la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2008年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

parisへ

1月parisへ行った時にに決まったparisでの作品の販売。
なのに、ご注文分の制作に追われていて作ることができずにいた数ヶ月。
大体の制作のめどがつき、もう少ししたらparisへ送る作品の制作ができる♪って思っていた矢先に
parisのgalleryでのお取り扱いも本決まりになりました。

うれしい~。


b0072234_2305654.jpgparisでの展示や販売は長年の夢。
本当に夢だったの!
本当にうれしい!


まだまだ今頂いているご注文分を
作るのに精一杯ですが、
もう少ししたら作り始めれます。


ご依頼を頂き代金を頂いて制作をして
生活をしているので
やっぱり自分のことは後回し。
それは遊びではなく、「仕事」として
制作しているので仕方のないこと。
当然のことだと思っています。
自分用に棚とか欲しいんだけど、
ずっと作れていない。
作品展用に制作する時に一緒に作ろうと
考えてますが、どう考えてもまだまだ先だね・・・。

今回のようにご依頼いただいてparisへ
送ることができるのってありがたいこと。
ここ数週間はちょびっとゆったりとした
モードで制作をしていましたが
(風邪引いて熱が下がらなかったせいも
ありますが・・・)がんばるぞ!って頭に
ねじりハチマキを締めなおしたところです。


11月の展示のフライヤー分の作品づくりもしたいぞ。


作りたいものは山のように!
うーーん!楽しみーー!!



[PR]
by la_forgerone | 2008-05-31 23:07 | 製作の日々

HanakoWest

HanakoWestのサイトでキャンドルナイトのライブの紹介をしてくださっています。
写真を載せてくださっていますのでぜひご覧ください


[PR]
by la_forgerone | 2008-05-31 07:07 | publish/media

花園

今お部屋の中の一画は花園です。

樹脂の蝶と樹脂の花、そしてタッセルのカーネーションに生花の薔薇
なんだかそこだけ春のようです。

b0072234_2216940.jpg

b0072234_22152458.jpg













昨日まではLilasも元気でした。

ちょこんとぶら下がっているのが
カーネーションのタッセル。
les sixさんの作られているもので
とっても素敵な素敵なタッセルなのです。
本当は鍵につけようって
思っていたけれど
アトリエで汚れてしまうわ!と
あきらめちゃいました(泣)

お部屋の飾りとして今はなってるけれど
どうにかしてお外着にも使いたい。
どう使おうかなー。
sixさんまたご連絡しますね!


[PR]
by la_forgerone | 2008-05-29 22:28 | 日々のこと

熱い

今日は午前中は打ち合わせ、納品、採寸。

普段製作中はお昼ご飯はおにぎり1つとお味噌汁と決めています。
それ以上食べるとお腹が一杯になり過ぎて動けなくなるのです。
(製作中でなければちゃんと食べますよ)


今日は採寸場所から近いし、折角だからHerstory Houseさんへ行ってランチを食べよう!と
めずらしくお昼をしっかり食べました。
五穀米?雑穀米だったかな?それと、さわらの味噌ホイル焼きとか、白和え、サラダ、などなど。
身体に優しいいろんなおかずがたくさん盛られていて、とてもおいしかった。
ここのランチはなんだか身体に本当にいい気がする。
お勧めですよー。



しこたま食べたのは理由があります。

午後から叩きまくるから体力が必要だったのです(笑)

b0072234_19544162.jpg



延々と休みを取らずたたきまくる。

これだけは叩こう!って思っていたのが終わったのは5時間後。

あれだけお腹一杯~大満足~♪って思っていたのに途中からすっごくお腹がすいてしまっていた!!!
びっくり!

これからもたくさんたくさん叩く時はお昼にはーストーリイさんまで食べに行こうかしらん?って思います。
アトリエから車で10分足らず。
行こうと思えば行けるもんね。
ちゃんと素材を選んで作られたご飯で腹ごしらえすると「疲れた~」っていう感覚が全然違います。
底力とでも言うのですか(笑)?


汗もしこたま出てびっちゃんこ。
今の時期からはとにかく汗が出てきて滝のよう。
炉の前は確かに熱いんだけど・・・外気温はかなり低かったのに、驚きです。
今日思いっきりたくさん叩けてよかったとも言う・・・(笑)


昨日今日と制作風景を撮ってもらった写真のご紹介にあわせて制作のお話でした。



[PR]
by la_forgerone | 2008-05-29 20:00 | 製作の日々

たまには

b0072234_20253748.jpg

今まで製作中の写真をblogに載せたことがほとんどありません。
だって、自分では撮れないんですもん(笑)

11月に東京で行う展示やこれからの展示では、今まで取材して下さったTVや雑誌に掲載して頂いたものではなく
「普段の制作風景」つまりは「緊張していない制作風景」をご覧いただけるようにしたいな・・・と
お友達にお願いして写真を撮ってもらいました。


折角なので写真と一緒にガテンな制作中のお話もご紹介。

普段街にいる時の私を知っている人、展示会の時にお会いした方や作り上げる作品からでは
想像がつかないと言れるガテンな私です。

反対にこの私しか知らない人は普段の街にいる私がわからないそう。
声がするけどどこにいるのかと思っていた・・・と大体驚かれます(笑)
そんなギャップもアリだと最近は思っています(笑)


b0072234_20385261.jpg←さて、先日載せたガンダムはこんな感じに使います。
男前でしょう(笑)

上の写真で使っているのが普段叩く時に使う
大き目のハンマー。1kgぐらい。
下の写真で使っているのが細工を作る時に使う
ちいさなハンマー。何gあるんだろう?計ったことない。

ハンマーはご存知の通り柄の先に鉄の塊がついている。
だから同じ重さの鉄アレイを上下させるよりも
叩く方が慣れるまでが大変です。
遠心力がかかるから負荷が多いのだと思います。
慣れたら一緒なんですけどね。


ハンマーを握っている方ではなく、鉄や火箸を持つ方の
腕にもかなり力が入ります。
1m30cm以上の長さのあるモノを叩く時は
持っている腕のほうがフラフラになるくらい
力がかかります。
鉄が飛び跳ねてしまうと怪我の元なので
叩く時に飛び跳ねないようにとても気をつけます。
鉄は高温になっているので怪我=大火傷!です!
当たっただけですぐ大火傷です!
気をつけています!!!!


今回写真を撮っていない大ハンマーもあります。
それは4kgあります・・・。
私の場合、まるで餅つきのように両手で使います。
かなり腰に負担がかかります。やばいです。

こんな感じにトンテンカンテンしてたくさんの作品を作っています。


b0072234_2026929.jpg私のユニフォームはデニム。
年がら年中デニムの長袖、冬用ジーンズ。
焼け焦げて穴があいたり、
ひっかかって裂けたりが日常茶飯事。
ボロボロ加減がすごいです。
冬用なのは生地が厚いから。
火花にも強いです。

インナーは今の時期はボーダーを色違いで
何色か着まわしています。
ボーダーもユニフォーム的な感覚。
かわいいですよね。

夏はTシャツをこれまたたくさん!
なぜかタイガースのTシャツまであります。
インナーも火花で穴が開いてボロボロです・・・・。

アウターがデニムなのは理由があります。
火花に強いということもありますが、
もし万が一火がついても、ブワッ!と一瞬で
火が燃え広がらないので、燃えていても
何とか気がつくからです。
ズボンの裾が燃えていたり、
腕の袖口が燃えていることもよくあります。
熱いな・・・って思ったら燃えているんです。
わ!って思い、すぐにパンパンパン!と
手で払いのけます。
それで何とかなるのがデニムの良いところ。
もちろん、コットン100%かそれに近いものを
着ています。


それ以外のものを製作中に着るのは怖いのでできません。
デニムが作業着として作られたのって本当すごいと思います。強いです!

軍手を使っていても軍手に油がしみこんでいたらフワッと火で包まれることも多いです。
なので、やっぱりこれまたコットン100%でないと怖いです。


髪の毛も普段はみつあみにしています。
もちろん燃えないためです。
打ち合わせがあったりすると後ろに束ねていることもありますが、普段はみつあみみつあみ。
まるで昔の中学生のようです。

ゴーグルは大体しています。
それは目の中に鉄の切れ端が入らないようにするためと、まつげが燃えないようにするため!!!です。
ゴーグルしていてもまつげはよく燃えます。
燃えるというか一瞬で溶けると言うか・・・。
火が当たった覚えはないのですよ。
熱風で燃えるんです。すごいですよね。
火がさらっと顔をなでた時はまつげは一瞬で白く灰になるので視界に白いものが映るのですぐわかりますが
熱風で溶ける?場合は白くならないのです。
まつげの先っちょの細い部分がなくなるんですよね・・・。
そして制作を終え、顔を洗った時に手触りで「ん?また短くなってしまった~!」とショックを受けます。
伸びては燃え、伸びては燃え、の繰り返しです。
最近また燃えたので今7,8mmぐらいしかまつげがありません。寂しいです。
水泳用のゴーグルをしようかと最近検討中です・・・。



こんな感じに毎日のように制作しています。



本決まりになった新しいこと、そろそろお知らせできるようにがんばりたいです。
今日は製作中考え事で気がそぞろ。
怪我しないうちにと早めに切り上げたので明日はしっかりと今日しようと思っていた行程に取り掛かろうと思います。









[PR]
by la_forgerone | 2008-05-28 22:07 | 製作の日々

柳宗理 ~手から生まれるかたち~ SORI YANAGI [ANONYMOUS DESIGN]

お昼過ぎからすっごくいい天気になりましたね!
朝から川べりではたくさんの人。
ちなみにワンちゃんの鳴声がすごくて何匹いるんだろう?って感じ(笑)



お昼からは私は広島市現代美術館で開催されている
『柳宗理 ~手から生まれるかたち~ SORI YANAGI [ANONYMOUS DESIGN]』へ行ってきました。


b0072234_2025228.jpg見慣れた柳宗理さんの食器類、調理器具などのプロダクツや
バタフライスツールの他、見たことのなかったた~くさんの工業製品、
ロゴデザイン、建築、図面、などなどが展示されていて
へぇぇぇ、こういうものも作られているんだ~と見て回っていると
調度館員の方が説明をする時間に重なっていたので後について
ふむふむと聞きつつ見て周りました。
こうやって説明を聞きながら見て回ると表示されていること以上のことを
知ることができるので断然面白い。

そして、自分でも持っているステンレスの調理器具、カトラリーや
雑誌などで見慣れた椅子などを作る行程のDVDが何箇所かで
流れていて思わず睨むように凝視してしまいました(笑)

たくさんの熟練の職人さんたちによる手が加わっている作業の流れを
垣間見ると、日常で雑誌を見たり店頭に並んでいる製品を見るだけでは
忘れがちな「モノが出来上がるにはたくさんの人の手がかかっている」と
言う当然のことを思い出させてくれる。
「思い出させてくれる」だけではなく、すごいと言うかすばらしいと言うか
本当、尊敬してしまう…。
すごいなぁ。




以前読んだ本で柳宗理さんは最後まで図面を引かず、スケッチも描かずに模型を作り始めると言うことを
著者に聞かれていて、最終的な形のイメージは最初はほとんどないんですか?と言う問いに
 「寸法くらいはメモをとるし、一番最後は生産に移さないとならないから図面かはしますが、
  最初はともかくいろんな図形を作ってみてこれでいいかな、悪いかなとやる、そういう検討を非常によくするんです」
 「こういうもの作ったらイイなぁって思うことはあるけど、でもやっているうちに出てきちゃうんだよ、
  いろんな格好が出てくる。なんでも常にそうです。
  イメージは最初からあるんじゃなくて、徐々に変化して固まっていくんだよね。
  その前はごちゃごちゃ、どんなものが出て来るんだかわからないよ」
 「一番最初に考えたものが、最後まで続くって言うことは、まずあり得ないね。
  だからレンダリングとかって駄目だって言うんですよ」
等々と答えられていました。



デザイン画をあまり描かない私ですが、「デザイン画をあまり描かない」ということに対して
1,2度お会いした先輩クリエイターの方から描きなさいと助言を頂いたこともありました。

私は「頭に浮かぶ何となくこういうものがつくりたい」というモノを作り始めて形にしていく過程で
やっとはっきりと頭の中に完成していくタイプなので、描けと言われても作っていく工程でどんどん変わっていくのに…
それも、私の作品って四方八方全てデザインって違うんですよ?あちこちから触手が出てるようなものもあったり…。
それを最初から描くなんてデザイン画って難しいなぁ…って常々思っていました。
最初に浮かんだデザインを絵に描いて忠実に作るよりも、作っていってアレンジする方が
私の場合断然素敵なものが出来上がるんだもん…。

「最初にデザインをしっかりと細部まで描きなさい、そうじゃないと今後やっていくのは難しいわよ」と
忠告してくださったのに私にはどうもそれができないなぁと少し「うーん、どうしようー」と考えていましたが、
柳宗理さんが言われていた言葉を読み「あ、よかった、試行錯誤していいんだ」とホッとしたのです。



その言葉の通り、椅子の出来上がっていくまでの行程が展示されていた中では
一度完成したと思われた椅子に対して石膏で厚みをつけたり材木を削ったり…という
「より完成に近づけるための微妙な調整」のようなこともされていました。
いろんな作品は全て紙や石膏で一度模型を作られて試行錯誤を重ね製品として出てきて、
製品として世に出てきていてもそれからまた試行錯誤が繰り返されていて…改善されていく。


本で読んでいたことを実際に目で見ることが出来て、一人悦に入っていました。
展示を見、本を読み、デザインやものづくりに対する情熱が半端ではないなぁと感じられ、
もっと柳宗理さんの本を読んでみたいと思ったのです。。
(芸大、美術学校出身の方やプロダクツを勉強されている方からしたら初歩的なことなのかもしれませんが…すみませんっ!!)

6月入ったらもう一度現代美術館へ行くのでその時にもまたゆっくりと見たい、そう思う展示でした。
とってもお勧めです。


[PR]
by la_forgerone | 2008-05-25 21:02 | art/artist

ミナ ペルホネン TODAY'S ARCHIVES展

オリエンタルギャラリーでミナ ペルホネンのTODAY'S ARCHIVES展が始まり、皆川さんの講演会やレセプションには残念ながら参加できなかったけれど、一足遅く、行ってきました。


b0072234_21321750.jpg 
東京・国立新美術館のSFTギャラリーで開催中の
TODAY'S ARCHIVES展と同じテーマで
展覧会を開催。
広島では空と水の世界を表現されてるそうです。



テキスタイルが、洋服が、バッグが、レースが、
…世界が、かわいいの。
壁にちょこんと皆川さんが直筆で書いてるコメント、
その字すら、かわいい。

mina!すっごく好き!

…持ってないのが不思議。
いやいや、お値段柄不思議ではないね…(泣)

私はいつかtambourineのコートが欲しい…。
(展示はされていません)


展示されてたレースのついたワンピも欲しい。
入り口にあったコートも欲しい…。

欲しいものがもしもなくても
胸がきゅんきゅんする展示です。
あのテキスタイルに包まれたいー(笑)



東京行ったら白金台のshopに行っていろんなの見てこようっと。
…見るだけなのが悲しいなー(笑)


[PR]
by la_forgerone | 2008-05-24 21:42

ダースベーダーかガンダムか…(笑)

溶接面を先日新調しました。
ウフ。

両手が使えるから溶接が楽だよーって教えてもらったので一応どんなものかと調べてみると
紫外線カットも教えてもらった溶接面の方がしっかりとできそう。
紫外線カットはどれくらいできるのかメーカーにお問い合わせまでしてみました。

昔からある赤茶の溶接面も紫外線カットはできるけど、上下左右からの光はしっかり浴びてるし
仮溶接の時にどうしても溶接面を使えなかったからもう紫外線浴びまくり!

なのでムフフと新しい溶接面を新調いたしました。


b0072234_20242380.jpg見た感じ、色が違えばダースベーダーのようだと思っていたけれど
かぶった写真を撮ってもらったらガンダムのようでした。

どちらにしろ、女性のかけらもありません(笑)

でも、とっても、楽です。





                      似合ってるかしらん(笑)?

[PR]
by la_forgerone | 2008-05-24 20:31 | 製作の日々

fleurir

花のある生活が好き。

ひとり暮らしを始めてからお花や緑が部屋に飾られていることが多い。


よくよく思い出してみるとちいさな頃は道端に咲くすみれや忘れな草を摘んではお家に持ち帰ったり、
ご近所のお庭に植えられていたちいさなお花をこっそり摘んでは家に持ち帰っていた子供でした
(ごめんなさい)。
ご近所のおばちゃんは私がお花を摘んでいるのを知っていたらしく、母に
「友紀ちゃんがお庭のお花を摘んでいるんだけどお花が好きなのね、大事にしてくれてるからいいわ」
とか何とか言っていたらしい・・・。
お母さんはすっごく恥ずかしかったみたい…
ごめんなさい~。

b0072234_1219358.jpg



幼稚園の頃、幼稚園に行く途中に咲いていたお花を摘んで野の花のブーケを作って
大好きだった幼稚園の先生にプレゼントしたんだけど…
気がついたらゴミ箱に捨てられていた…。

幼心にも悲しくて涙が出てきそうだったのは今でも覚えている。
クスン。
捨てなくてもいいじゃんね。野の花もすっごくかわいいよ~(泣)


緑とお花好きは育った環境に緑が多くて年中何かしらお花が咲いていたからだろうな。
自分の住む場所も部屋から自然が見えるところじゃないと辛いと言うこともわかった(笑)
やっぱり育った環境が影響するのって面白いなぁ。


玄関口に飾ったmeguちゃんちで貰って帰ったみかんの花(写真の花がみかんの花です)はしおれてしまったけど
それでも香りが甘くて玄関を開けるたびに新しい空気と混ざって気持ちがよく
ジャスミンの花もしおれてしまったけど新しい根が出てこないかなと青々と繁る緑に水をあげ続ける
Lilasの花は元気でいてくれて私の気持ちを豊かにしてくれてる。



もう1日大事をとってお家でのんびり過ごすので(体調は大分よくなりました)お部屋にお花があるのって
やっぱり心がほんわかしていいなぁって思ったのでした。
[PR]
by la_forgerone | 2008-05-22 12:24 | 日々のこと

熱にうなされて

b0072234_11335336.jpg1週間ぐらい熱が上がったり
下がったりの繰り返し。
熱が下がったから大丈夫、と
制作に出かけるとなんだか
身体が辛くて
切り上げて家に戻ってみると
熱が上がっていたり
そんな感じで続きが
進まない。

おまけに目までもが
はやり目に感染。
ごろごろとする。

これは「2,3日ゆっくりなさいな」
と言われているかのよう。


今日はもうあきらめて
家でのんびりとしようと
決めてはいるものの、
あれしたい、これしたい、
あれもこれもと
頭の中ではパレード状態で
まとまらない。

困ったものだ。


それでも今日はLilasの花を
眺めてのんびりとしよう。




[PR]
by la_forgerone | 2008-05-21 11:53 | 日々のこと