la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

鏨作り

市立大学の金属工芸科?で土曜日に鏨(たがね)作りのレクチャーがあるよと
刃物鍛冶の石社さんにお誘いいただいて大雨の中いそいそと行って来ました。

私の作品では鏨を使うことが実はあまりないのです。
が、どうやって鍛えるのか、どうやって作るのか知っているのと知らないのでは雲泥の差。
どんなことするんだろう??とわくわく。

市立大学の芸術学部に金属工芸(彫刻、鍛造)があるのは知っていたけれど大学の中に入るのは初めて。
これまたどんなことをしているんだろう?とこれまたわくわく。

学生さんたちが制作している音も他の棟から聞こえてきました。
どうやら胸像を作っている最中みたい?
(今回の主催してくださっている科とは違うらしくてよくわからない)
おもしろそうだなー。


鏨作りは普段しているヤスリがけを進化させ繊細に繊細に。
そして、焼いて、なまして。

今まで石社さんや他の刃物鍛冶の方が「顕微鏡で見る」と言ってたのを
「何を見るんだろう?」と思っていたのが納得。
レンズないとあんな細いところがどうなっているかなんてわからんわ。
(私は鉄の細胞を分子レベルで見るの???って思っていた。そんなわけない・・・汗)
おもしろいなー。

b0072234_103113.jpg
終わったあと、助手の方にダマスカス製法や鍛接も
教えていただけたりと有意義な時間でした!!

どうやってやるんだろう?
どうやってつくるんだろう?
?????がたくさん。

知らないことって本当たくさん。
おもしろーい。



それにしても
学校っていろんな設備が整ってるなぁ。
この写真には写ってないけど
欲しいものたくさん!(笑)!




取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→

[PR]
by la_forgerone | 2010-06-28 10:11 | 製作の日々

ほたる

アトリエの前には小さい川があります。
これぞ、小川。

もじゃもじゃ草が生えていて
川があるのは水の音が流れているのが聞こえるからわかる・・・ぐらいのもじゃもじゃの下の川。

一昨年アトリエを構えてから大家さんにホタルが飛んでいるよと聞いていても
夏至の時期は日が落ちるのが遅くて
なかなか見るタイミングが合わなかったのです。


今日は制作が少し遅くなって気がついたら9時前。

いるかなー?ともじゃもじゃの中をのぞいたら


ほわんと1匹、ちかちかと1匹。

ほーたーるー!!!!



ちらちらと光りながら飛んでほわんと向こうに行きました。


いやーん。たくさん飛んで欲しい。


今年はたくさんホタルが見れるといいな。

[PR]
by la_forgerone | 2010-06-24 23:15 | アトリエ

緑の朝

今ぐらいの時期から朝起きたらベランダの窓を全開にして
オーガンジーのカーテンを半分めくり上げ
外の風景を眺めながら朝ごはんを食べたり準備をします。

お休みの日はそのままソファーでうとうとしたり。

外の緑と、川の流れが見えて
のんびりとした気持ちになるのです。

のんびりしすぎてついついゆっくりしすぎてしてしまうのが
朝の難点。

b0072234_8564658.jpg


今年もアジサイが小さく咲いてくれました。
どうやら去年の風船かずらの種が落ちてたようで芽が2つほどおおきくなりつつ。
ベランダに自生しているタンポポもどきも大きくなってきてます。
自然におきくなってくれるといいな。

[PR]
by la_forgerone | 2010-06-24 09:00 | お部屋

小さな発見たくさん

ここ最近、ドキッとするいい言葉をもらった。

なんだか、うれしい言葉。

何気ないんだけどね、

うわっ やられた!うまいねーって感じ。



いいね。
そういうことさらりと言える人。

ドキリとする言葉はテンションがあがる。
うん。



[PR]
by la_forgerone | 2010-06-22 23:12 | 想い

Deux Papillons

いろいろと制作をさせて頂いていたネイルサロンが6月24日にOPENします。

Deux Papillons

カープの栗原選手の奥様の栗原聖良さんのお店です。
(少しでも早く栗原選手の骨折が快復しますように!!)

最近私が蝶ちょづいていたのはこの 「Deux Papillons」 の「2匹の蝶ちょ」のモチーフも作っていたから。
いつもの和の雰囲気を残した蝶ちょではなく、あくまでかわいくかわいく。

私の制作させていただいているものたち以外もかわいいものでいっぱいです!!
ネイルサロンですが、いろんなものも販売しているようですよ。
先日見せていただいたものにはかなりテンションあがりました!
かわいい!!


私の作ったパーテーションと聖良さんが取り寄せた鏡が写った写真がなんだか本当ラブリー。
b0072234_2102817.jpg


プレオープン後にちょこちょこ写真をUPできたら、しますね。
ぜひご覧ください。


Deux Papillons(ドゥ パピオン)
広島市南区段原1丁目8-13 セゾンA 1F
082-258-2773



取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→

[PR]
by la_forgerone | 2010-06-17 21:10 | *飾り窓・フェンス・手摺り

パンク

昨日は朝から神戸へ車で行ってきました。
予定は3つ。
買い物(見つからず)と友達と会うこと、そして、Glyfpの柳本浩市さんとお茶をすること。
さりげなく?勿体をつけて?最後に書いていますが、メインです!!!

前日の土曜日に開催された柳本さんの関空でのトークショー。
関東ではなく関西で開催されるならいける??と興味はあったのですが
予定があったので「いいなーいいなー」と開催を知った時から指をくわえて想像していたのです。

まさか個別にお会いできてお話がたくさん聞けるとは!!!



あぁ、興奮さめらやぬ。

デス、ハイ。


いろんな友人からまた聞きする柳本さんのお話、blogや記事から知るお話。
ひとり講義状態(これって凄いこと!!!)でたくさんの話をお聞きし、お話できる機会に運良く恵まれて
たくさんの情報や考え方に頭が本気でパンク状態。
(うんうん、と一生懸命聞きながらうなずいている時、実は目が本気で2度ぐらい回っていた・・・笑)


自分がどうなりたいか本当によく考えるのですが、どうしたいか考えているだけで、
自分でそれから逃げている部分があるので駄目だ!とつくづく思っていたりするのです。

今回もそれを強く再認識。
柳本さんにも当てられちゃいましたし。
さすがの洞察力。。。


いろんなヒントを頂いたり、焦りも感じたり、奮起。
知りたいことたくさん。
んん??って思ったこと、途中で何度かありました。
聞けばよかった・・・。反省。



経験したことを「素敵な一日」だった!
と、終わらせず、逃げずに楽しもう!!
と奮起した日でもあります。


柳本さん、本当にありがとうございました!!


追伸:加藤さん、ぜひ広島で柳本さんのトークショーを!!
お話チラリと・・・いや、何度も(笑)しています。




取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→

[PR]
by la_forgerone | 2010-06-14 10:16 | 想い

鉄と蝶

先日の光田愛さんの新作発表会のディスプレイにとparisでの展示の時と同じ宝箱(蝶)をお渡ししていまいた。
parisでの展示は書の間に佇むように展示していただき、宝箱(蝶)の単体では出せない雰囲気を愛さんが
コーディネートしてくださっていたので、今回もどんな感じに飾ってくださるのだろう?とひとり楽しみに。

b0072234_940728.jpg



木と蝶・・・。
ううー・・・好きだなぁ。
思わず、自己満足。

b0072234_10313480.jpg


愛さんオリジナルとして制作させていただいたケーキプレートホルダーとフォークレフトを
コーディネートしてくださったお席。
和の食器に合うようにとシンプルに制作しつつ、愛さんのトレードマークとして蝶をつけて甘さを。

私のお気に入りの蝶ともまた違う、小さな蝶。

なぜか、ここ最近蝶づいてます。


会場に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!



取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→

[PR]
by la_forgerone | 2010-06-14 09:46 | *シャンデリア・照明

ホッと一息

ここ1ヶ月以上ずっと取り掛かっていた作品作りにやっとめどがつき
それらのほとんどの納品を済ませることができました。
後は一部塗装をするだけ。
ほー。

かわいい方のかわいいネイルサロンの什器と内外装のご依頼で
かわいく作ろうかわいく作ろうと
いつもより「かわいさ&ラブリーさ」を追求。

かわいくなぁれーかわいくなぁれーと念じておりました(笑)

おかげでかわいく作れた!
満足!!


写真はまたOPEN後に~♪


なんとなく、ここ1ヶ月以上ずーっと大きなもののエイジングエイジング・・・と考えていたので
気持ちが落ち着かず(小心者 笑)
出来上がったことでやっと一息つけたのだけれど
でもでも、まだまだ制作は続くのだ。
うれしいことです。


b0072234_1055934.jpg
アトリエの花も喜んでおりますぞ。




そして、今日明日は

友人のテーブルコーディネーターの光田愛さんの新作発表会?が並木通りのオフィスで開催されます。
和モダンをテーブルで表現している愛さん。
去年のparisの展示の時からのお友達です。
今回私も愛さんの主催されるbelle tableオリジナルとして数点テーブルウェアを作らせていただきました。
ので、私も愛さんの中町オフィスにいますー。
テーブルコーディネートにご興味のある方、テーブルウェアにご興味のある方、ぜひいらしてくださいね。



取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→

[PR]
by la_forgerone | 2010-06-11 10:07 | 製作の日々

HODC前後

b0072234_9272524.jpg

前夜祭100人近く、打ち上げ75人。
凄いね。写ってない人もいるね、きっと。
それにしてなんで私一番前?
あ、会計してたから最後頃に出てたんだわ。

b0072234_9292490.jpg

加藤さん、古ちゃん、裕輔君と。
ご満悦です。

b0072234_9293913.jpg


LOGにて。
加藤さんの写真を皆で見る図。
またしても絵美ちゃん激写中。

[PR]
by la_forgerone | 2010-06-10 09:34 | 日々のこと

Hiroshima 2020 Design Charrette

日曜日は前々から聞きに行っていた「Hiroshima 2020 Design Charrette」 が開催されました。


b0072234_8302022.jpg
15組の提案建築家・デザイナーと
 アラキ+ササキアーキテクツ / 荒木源希,佐々木高之,佐々木珠穂
 蟻塚学建築設計事務所 / 蟻塚学
 伊藤暁建築設計事務所 / 伊藤暁
 H2R アーキテクツ / 白井宏昌,平原英樹,張容豪
 SUPPOSE DESIGN OFFICE / 谷尻誠
 スキーマ建築計画 / 長坂常
 240design・西尾通哲建築研究室 / 西尾通哲
 中村竜治建築設計事務所 / 中村竜治
 永山祐子建築設計 / 永山祐子
 成瀬・猪熊建築設計事務所 / 猪熊純,成瀬友梨
 畑友洋建築設計事務所 / 畑友洋
 藤村龍至建築設計事務所 / 藤村龍至
 FUTURE STUDIO / 小川文象
 メジロスタジオ / 古澤大輔,馬場兼伸,黒川泰孝
 UNITY DESIGN / 雨宮知彦,犬塚博紀

60名以上の公募によるデザインシャレット参加者で
15組のグループを構成し
2020年の広島、そしてオリンピックに向け
デザインの提案を行うという催し。




デザインシャレットは公開で行われ、提案者・参加者と直接対話も可能で
デザインシャレット開催後、同会場にて対話形式によるシンポジウムを
2部構成で開催していました。



友人達が主催・参加していることもありプレの時から何度かblogにも登場しるとおり
傍聴者として参加をしていました。
プレが開催される度、毎回打ち上げにも参加しいろんな話を聞いたり話したり。
とても有意義な時間を過ごさせてもらっていたのですが
いつもの楽しい部分だけでの参加ではやっぱりいけん!!と
今回はボランティアとして設営運営などで参加してきましたよ。
やっぱり働かねば!!

参加している若手の建築家、デザイナーは建築雑誌やいろんな雑誌・本でよく見かける方たち。
私でも「あ、この方知ってる、あ、この方も!」と言うメンバー。
そんな人たちが広島の袋町に集まっていたわけです。

その建築家やデザイナーのチームに入り一員として模型やデーター作りをしているデザインシャレット参加の
ボランティア(学生さんが多かったです)動きは真剣そのもの。
皆とても凄い刺激を受けているのだろうなぁと運営本部脇でこまごましたことをしながら
みんなの様子を見ていました。

b0072234_828235.jpgb0072234_8275794.jpg
















そりゃ、考えるまでもなく、建築家を志している学生さん達からすると
今まで本でしか見ることができない憧れの建築家・デザイナーの話を直に聞くこともでき、
一緒に模型も作り、語り合うことができる機会ってそうそうない大きなチャンス。
それらを自分の経験としておこなうことができることは自分の実になる勉強としてだけではなく、
これから長い建築家への道での大きな励みにもなっていきます。

今回この場にいたボランティア学生さんたちはやっぱり建築に対して自分の夢があって
それに向かっていく人達なのだろうから真剣さもひしひしと伝わってくるのは当然ですよね。
本当、会場内は建築家・デザイナー・ボランティア、皆の真剣な眼差しで満ちていてエネルギーを感じました。


そして、一方私は建築は見ることが好きなぐらいのまるっきりの素人。(建築金物を作ることとは別物ですね)
出来上がった模型を見る機会はあっても、模型を作っている姿ははじめて。
あれは何?これは何?へぇぇぇ!!と言うまなざしで皆を見つめていました。
(ちなみに言うと、飛び交う建築の模型の用語やいろんなPCの用語は私にはわかりませんでしたー!!)

それでも模型が徐々に出来上がってくると「へぇ!!!」と面白い。
学生さんたちを見てもそれぞれ個性が違って、それを見るのも面白い。
建築家やデザイナーの個々の個性は際立っていて、「面白い」のではなく、ホント、「凄い」。

きっと私は会には参加している側なのに「デザインシャレットとは何?」と来ている一般の観客の方と
同じような感覚で興味深く出来上がる様子を見れたのではないかと思います。
建築に興味はあるけれど詳しくない、一般の人として。

シンポジウムの最中は私は受付にいて(はじめ建築学生さんがいたのですが絶対学生さんはこれを聞いた方が
いいと思い、交代したのでした)あまり聞くことができなかったのでそれは少し残念。
聞きたかったなぁ。
(UST流しているのかしらん?加藤さんに聞いてみよう。)



8月には今回作った提案がきちんとした形となって展示される予定となっています。
ご興味がある方はまたこちらでもご案内しますのでご覧くださいね。

[PR]
by la_forgerone | 2010-06-07 22:38 | 日々のこと