la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Rueda

先日の看板の写真を撮りに巡った時の続きを。

中町のRuedaさん。
数年前に作らせていただいた美容院の看板です。
錆びさせて時間も経ったのでしっとりさせた雰囲気に育ってますね。
よかった。

b0072234_12592456.jpg

この看板をFMちゅーピーのReoさんがご覧になって取材のお話を頂いたのでした。
ありがとうございました☆



お問い合わせの方は下記メールアドレスにご連絡いただくか (la forgeroneあてとご記入ください)
携帯に直接くださいませ。(HPにありますのでご確認ください)
ご連絡お待ちしております。




取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→
お問合せ先 → en_reve7★ms9.megaegg.ne.jp (★を@に変えて下さい)
          ※件名に「la forgeroneあて」とご記入ください。

[PR]
by la_forgerone | 2010-10-28 13:03 | *看板・表札・扉・取手・鍵

FMちゅーピー 

広島テレビさんの取材の数日前に FMちゅーピー さんも取材をしてくださっていました。
こちらは

11月2日(火) に放送されます。

 FMちゅーピー (76.6MHZ)
  「広島すまいるパフェ / 広島PLACE・アイドル Reoの広島ななめ歩き」
  11月2日(火) 15:00頃~ 10~15分程度
  ラジオですがwebでも聞けるそうです。
   http://chupea.fm 
       ↓
   http://www.simulradio.jp
       ↓
  スクロールして「FMちゅーピー」の横の 「放送を聴く」 ボタン をクリック
  私もwebで聴こうかな、と思っています。



FMちゅーピーさん、広島テレビさん と 相次いで取材してくださっています。
本当ありがとうございます。
嬉しいです。
制作、がんばりますね。


お問い合わせの方は下記メールアドレスにご連絡いただくか (la forgeroneあてとご記入ください)
携帯に直接くださいませ。(HPにありますのでご確認ください)
ご連絡お待ちしております。




取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→
お問合せ先 → en_reve7★ms9.megaegg.ne.jp (★を@に変えて下さい)
          ※件名に「la forgeroneあて」とご記入ください。

[PR]
by la_forgerone | 2010-10-28 12:43 | publish/media

広島テレビ 旬感★テレビ派ッ! 

先日広島テレビさんがアトリエに来られ取材をしてくださいました。
明日10月29日(金)に放送されます。
広島在住の4人の女性のartistや職人さんをpick upした特集だそうです。
ぜひご覧ください ♪

 広島テレビ
 旬感★テレビ派ッ!
  10月29日(金) 
  15:50~18:50 この中の15:50~16:50 の中のどこかで数分



お問い合わせの方は下記メールアドレスにご連絡いただくか (la forgeroneあてとご記入ください)
携帯に直接くださいませ。(HPにありますのでご確認ください)
ご連絡お待ちしております。




取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→
お問合せ先 → en_reve7★ms9.megaegg.ne.jp (★を@に変えて下さい)
          ※件名に「la forgeroneあて」とご記入ください。

[PR]
by la_forgerone | 2010-10-28 12:26 | publish/media

女木島・男木島・猪熊弦一郎美術館

さて、続きです。

瀬戸内芸術祭、行ってきました。

いや、実は何の計画も立てずに行っていたわけです。
美術手帳を片手にえっちらほ、とworkshopまで行き、そこから考えると言う無謀な私。
前川秀樹さんのworkshopで知り合った方達に豊島は人が多いよー、3島は難しいよーと教えてもらい
ではどこにする?ということで近くの高松港から近くの女木島・男木島へ。

おかげでいろいろ見てまわることも出来、かなーり充実しました。

中でも好きだったのはこのふたつ。
b0072234_1912309.jpg

b0072234_19124473.jpg


ブルーの写真は
吊られてふわふわと浮かんでいてからからからと軸が回って動き、それにあわせて音が鳴る。
ぜんまい仕掛けのような感じの作品たち。
電動かな。
竹や木片、細いピアノ線が奏でる音はプポポポ、クポポポ。
あったかい音が広がっていました。
宮崎駿の世界にいるような、かなり好きな風景とのんびりした音がそこにあって見とれてしまう。
見とれてしまう、聞き入ってしまう、そんな空間ってなかなかない
もう少し長い時間そこにいたかったな。
同じ方の作品で羽根が浮かんで回っているところのも好き。
同じ羽根でも、私の作るのはやっぱり硬質だなぁ。
ふわっとした羽根の作品つくりたいな。

ダークな写真は鬼ヶ島(女木島)の洞窟で。
真鍮のメッシュシートで造作されたつるされた彫刻。
鬼ヶ島の洞窟で見るこんな作品・・・。
かなりシュールだなぁと思いながら見ましたが、彫刻としても私も好きなディテール感でした。
暗闇に浮かぶ真鍮のシルエット。怪しい光。
なんか、本当、いろんなものがつまってそう。
喜怒哀楽の怒哀。
想いとか、念とか、そういうの。
綺麗なのに、そういうのがつまってそうって感じれるのっていいな。
背景とかが相乗効果になってるので白いgalleryなどでは感じることの出来ない感覚が入っているのは確かだけれど
それをストレートに伝えれるのはいいことだと、、、ストレートに伝えていいんだ、と思ったのです。


いろいろ好きな作品があったけど、この2点が私は好き。

女木島・男木島を堪能した後は丸亀市にある丸亀市立猪熊弦一郎美術館へ。
友人のサイトで知ったのだけれど、これまた素敵でした。
猪熊弦一郎の作品やコレクション達がかわいくてほかの作品たちも見てみたいなぁと思ったのだけれど
美術館の建物もこれまたいい。
スコーンって抜けたような贅沢なつくり。いいなぁ。

月曜日に帰るつもりで広島を出発したものの、「そうだ、高知へ行こう!」と思い立ち
高知の友人に電話をしたのがworkshop中という出たとこ勝負な私。
いつもこうなんだよね・・・(笑)
すんません。
高知市内から40分ぐらいのところにある友人の家にお泊りをさせてもらい、目の前の海原を眺める至福な朝。
ありがたやありがたや。
そして翌日、高知へ行ったら必ず行くM2さん、オーベルジュ土佐へ。
お昼前に温泉入って懲りもせずうっすら日焼けをし(日焼けしたら蕁麻疹のような火ぶくれができる・・・)、
友人達にお土産を買い、一路広島へ戻りました。
・・・もちろんいつもの馬立PAで寝落ちもし・・・
たくさんのトンネルが私を睡魔に誘う・・・。がうー。(なので、PAで仮眠するのです)

いつも高知ではKさんとその彼のFさんにお世話になりっぱなしデス。
次こそは早めに連絡して早めに予定立てて行きます!
本当いつもありがとう ♪


ちなみに先日の土日は東京からカメラマンのUさんが来広し、アトリエでずっと写真を撮って下さっていまいした。
どんな写真になるのだろう? 楽しみだー。
お好みを食べたり、広島で展示中の吉田次郎さんと3人で飲んだりと楽しい時間はあっという間で
久しぶりに夜中まで飲んでいました。
あー、楽しかった!!

この土日は瀬戸内芸術祭は最終日だから少しだけまた足を伸ばそうかどうしようか悩み中。
行きたいなぁ。
ううーん、どうしよっかなー。マル

[PR]
by la_forgerone | 2010-10-26 19:40 | お散歩

work shop へ

土曜日~火曜日にかけて香川・高知へ行ってきました。
この数日は木彫りのworkshopに参加することと、瀬戸内芸術祭が目的の旅。

大好きなartistの前川秀樹さん。
なんとまさかの広島で5月に展示会が開催され、その時に秋に四国でworkshopをしますよ、とお聞きし
高松で10月16・17日の2日間開催されると言うことを知ったのが1ヶ月ちょっとぐらい前。
「絶対行くんだ!」と5月頃から思っていたのでまさしく待ちに待ったworkshop!

当然両日ともすぐさま申し込みをし、当日は朝5時過ぎに高松に向けて出発しました。
朝は興奮しすぎて3時過ぎに目が覚めましたよ~ww

山里の切り落とされた木を使って像刻をされる前川先生の木に関するいろんな想いから始まってのレクチャー。
そうか、そうだよね、と心に響くこともたくさんお聞きできました。
いろいろ考えていたこと今まさしくな気持ちがあったことにどんぴしゃで答えをもらった気にもなりました。
この言葉だけでも行ってよかったなぁと思ったのでした。ありがとうございます!

workshopでは切り落とされた枝木を使って木偶の棒(でくのぼう)を作ります。
20人が室内、室外に広がって思い思いに作っていきます。
この2日間ともとても天気のいい日。
私も気持ちがいいので木のたくさん植えられている日陰を陣取ってもくもくと作っていきました。

小学生以来の初めての木彫りです。(あ、小皿?やスプーンはworkshopで彫ったことがあります)
まず最初に「木の皮を剥ぐ」のですが本当これって大変。
木は意外と硬くて(先生はサクサク削るけれど、私達は削れない)びっくり。
小学生の頃に削った「木彫りのために用意された木」はここまで硬くなかったよ・・・と何十年も前のことを
振り返って思い出したり。

久しぶりにした「鉄以外」の制作は、自分で思っていた以上に新鮮で “うわぁぁぁ!!!”って叫びたいぐらい
本気で楽しかった(笑)

1日目は鳥ウサギ。2日目は人の顔(木の精のつもり)を彫り彫りしましたよ。
1日目の終わった時に前川先生が人の顔は「動物の顔を彫る時には感じない難しさが人の顔を彫る時にはある。
意識してしまうと彫れにくくなるものです。」
確か自分の内面が出るとか、他にもいろんな気恥ずかしさが出るとかおっしゃっていたような気がします。(うろ覚え)

なのに1日目の鳥うさぎにちょびっとお褒めの言葉を頂いて有頂天になり
「2日目は人の顔を彫ってみよう。」ってなったのでした。
何せ前川先生のファンなので 「あの顔」 の像刻をしてみたいー!!って言うのがやっぱりあったんです。
わはは。なんとも恐れ多い。
私は木彫りが精一杯。像刻には程遠い・・・。

・・・顔、難しいですね。
うまく彫ろうと思うと余計に彫れない。
なんでだろうね。
確かに気恥ずかしさがある。

でも、初めてにしては 鳥うさぎも人(木の精霊のつもりだけど)も自分ではまぁまぁ好きな雰囲気に出来ました。
雰囲気が出来ただけでもうれしぃ。


b0072234_21322961.jpgb0072234_21232120.jpg


鳥うさぎ全体像。実は75cmもあります。この子。
b0072234_2129367.jpg



そうそう、この2日間はお遍路宿に泊まってみました。
いつも旅先で宿泊するのはビジネスホテルが多いのでこういうお宿に泊まるのは本当新鮮。
江戸時代から続くお遍路宿、と言うのと会場のジョージナカシマ記念館に一番近い、と言うのが決め手デスww
お宿のすぐすぐ近くには山田屋という有名なおうどん屋さんがあり(お遍路宿の女将さんに教えてもらった)
美味しいさぬきうどんも堪能できました。
一人でおうどん、おでんにお酒をちびりちびりとやりながら1日目の夜を満喫。
2日目はworkshopで親しくなった方に連れて行ってもらい高松の港の近くで夜を満喫。

待ち待った大好きな前川秀樹さんのレクチャーを受け、美味しいものを食べ、考えていたことにちょっとしたヒントももらい、充実した2日間でした!

3日目は瀬戸内芸術祭!
男木島→女木島→丸亀市立猪熊弦一郎美術館→高知 の旅なのです。
つづく。

[PR]
by la_forgerone | 2010-10-21 22:09 | お散歩

萩 大屋窯

先週の大阪で一緒にいるYちゃんに届いた1通のメール
「 遊びにおいで 」。

てなわけで、私も便乗して3連休の最終日、YちゃんとYちゃんの友達と3人で
萩の大屋窯、濱中史朗さん・濱中月村さんのアトリエへお邪魔しました。
b0072234_2252736.jpg
この日は大屋窯のセールの日でいろんな方達でにぎわっていて
b0072234_2292620.jpg
史朗さんのお宅ではあやちゃんのNo89でおなじみカピン珈琲さんが出張caféをされていて
はじめましてなんだけどあやちゃん効果でなんだか打ち解けモード。
b0072234_22105821.jpg
外では子供達がシャボン玉を作っていて 私達も混ざってたくさんのシャボン玉をつくりました(笑)
b0072234_22161767.jpg

史朗さんに譲っていただいた鉢(大きい!)はgalleryを片付けてしっかりと飾ろうと思ってます。
飾れる日が待ち遠しい。
皆さんでどうぞ、とお誘いいただいていたバーベキューは残念ながら翌日朝早くて断念・・・。あぁ残念。
また次の機会が楽しみだなぁ。
b0072234_2217215.jpg
とは言え、とても素敵なおうちとアトリエでいろんなお話をさせて頂いて楽しかった!!
皆で大屋窯の小皿と濱中史朗さんの器をお買い物。
食器棚はすでにあふれんばかりだけど、もういいの。
食器欲には勝てない私・・・。

そして、萩、
‘どうらく’のかな~り満足な美味しい美味しいイカといくらの丼「まんぷく丼」。
名前の通りまんぷくです。
大満足ー!!ちょっと遠いけどお勧めですよー!!!
あーんど
名物、見蘭牛の一夜干、うますぎます。
奥出雲で買ってきた日本酒が止まりません・・・やばーい。

3連休、いい旅、いい出会いでした。
そして、明後日は高松!
楽しみにしてずっと待っていたwork shopに泊りがけで2日間参加してきます!
あぁ、どんなの作れるんだろう。
ドキドキ。



取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→
お問合せ先 → en_reve7★ms9.megaegg.ne.jp (★を@に変えて下さい)
          ※件名に「la forgeroneあて」とご記入ください。

[PR]
by la_forgerone | 2010-10-14 22:43 | お散歩

この3連休、中国地方の各地へ日帰りで1日ずつ行ってきました。
その中の尾道でがつんと心を奪われたものがあります。

これです。
b0072234_22504735.jpg

そう、糸。

1枚の帆布を織るための糸巻たち。
b0072234_22514694.jpg
b0072234_2310510.jpg
b0072234_22522881.jpg
b0072234_2343657.jpg


糸のリズム、工程美、そして空間美。

b0072234_2381193.jpg

はぅぅ・・・。
やられました・・・。
美しい・・・。

[PR]
by la_forgerone | 2010-10-12 23:11 | art/artist

Laff hair design

写真を撮ろう撮ろうと思いつついつもすぐ納品をしてしまうので手元になかった制作させていただいた作品達の写真。
昨日、いろいろ車で回って一部ほど看板の写真を撮らせていただきました。
看板は外から撮れるので、お邪魔にならないよね?とww

看板数種を作らせていただいた Laff hair design さま。
昨年に大きなたて看板を作らせて頂いていまして
嬉しいことに、今年の7月に追加で木造の扉にも看板的なものをつけたいとのご依頼を頂きました。

ガラスに文字を浮かせたら綺麗だろうなー、文字だけでは寂しいなぁ と飾りをつけてオーナメントな感じに。
b0072234_1259544.jpg
壁には昨年に作らせて頂いたはさみモチーフの看板が飾られています。一緒に写真を。
b0072234_13153549.jpg
白い壁に白地の木枠の扉、そして白い階段。
白に囲まれた小さなスペースにちょっとした鉄のアクセント。
鉄のラインが入ることで少し引き締まって白いだけとはまた違った雰囲気が出来上がりました。
Tさん、ありがとうございました!

Laff hair designさまのビルのお隣のzucchiniさん、こちらの2階のフェンスも以前作らせて頂いているのですよね。
写真、どこかきっとあったはず。
探して載せますねー♪


Laff hair design
広島市中区大手町1丁目5-18 IBAビル2F
082-504-7581



取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→
お問合せ先 → en_reve7★ms9.megaegg.ne.jp (★を@に変えて下さい)
          ※件名に「la forgeroneあて」とご記入ください。

[PR]
by la_forgerone | 2010-10-08 13:38 | *看板・表札・扉・取手・鍵

Art Eventのこと

大阪のdesign eventなのに広島から急に行って打ち上げなどに参加できたりとびっくりな3日間。
いろんなことをしている人が本当多いのねぇ。としきりに驚く3日間でした。
そしてまだ刺激の渦の中で頭がくらくらしたりするのですけれど(笑)

3日間、デザインにまつわる人達の中でいろんな人が言っていたことがあり、私も激しく同意したこと。

「開かれていない」

それは先日の宮島のArt event の時にも感じた事と同じ。
規模は全く違うのだけれど、両方とも 「開かれていない」なぁと感じていました。
大阪も広島も。

情報も公開しているのにその情報が一般に前告知されるのに十分な期間がなく
ほとんど直前(特に広島)。
HPのコンテンツも当日になっても構築中の画面があったり。
関係者の皆さんお忙しいので、ぎりぎりになっちゃうのもわかるけど、せっかくしているんだものもったいないよね。

特に大阪、今回、ENZO MARI 来てるんだよ?
デザインしている人、見たくないのかなぁ。
知ってて時間に都合ついたら行きたいよね。。。
うーむ。

人の目にさらされるための前段階の期間に余裕がなくて、
興味を持って動いている人かたまたまそれを目にする機会に恵まれた人しか知らない。
大阪のようにデザインの現場で動いている人が多い都市でさえ
デザイナーやそれにまつわることをしている人が今回のeventを知らない人がいたということを言っていた。
(それはそれで本人のアンテナ不足の問題だとも思うけど・・・)

私は大阪はやっぱりそれなりに遠いし、今回お誘い頂かなかったら行く予定はなかったのだけれけど(汗)
HP見ては指くわえていいなぁと思っていた部類。
行けてよかった。
下村さん、誘ってくれてありがとう!

b0072234_1442426.jpg


More
[PR]
by la_forgerone | 2010-10-07 14:51 | 想い

大阪 designの旅 2日目

さて2日目。

東京で開催されていて気になっていた「マン・レイ展」が調度巡回展で大阪にも来ているのを地下鉄の吊り広告で見かけ
それも嬉しいことに宿泊先のすぐ近くの美術館で開催中!!
これは絶対行かねば!!と二人していそいそと行ってきました。

いやぁ、これは、いい。
ただ、噂の通り膨大な量のポートレートやデッサン、絵画があったのでほとんどを流し見にして
気になるもののみ焦点を絞って見て回ったんですけどね。
これからたくさん歩くのでゆっくりペースを保たねばー!!とね。
お昼ごはんはgrafのcaféで済ませ、その後は名村造船跡地でおこなわれているDESIGN EAST01へ。

昼過ぎからEnzo Mariのトークショーがあったのだけれど美術館&ランチに先に行ったので
全く間に合わないかなぁと思っていたら何とか最後の30分に滑り込みセーフ。
とか思ったらEnzo Mari、1時間もoverして話し続けていたので1時間半も聞くことができてラッキー。
b0072234_23501597.jpg
すごかったですよ、Enzo Mari 。
話している内容はイタリア語なので同時通訳者が訳をするのだけど通訳にかぶせて話してしまうので
話の内容がイマイチわからない状態。
けれど、「そのパフォーマンス」がうまいなぁ、さすがだなぁと思いましたww
 
HPなどで写真を見ていて「本物見たいー!」と思っていた名村造船跡地の4階風景。
(直前まで大阪来る予定ではなかったから写真を眺めてはいいなーいいなーと思っていた)
ここにはEnzo Mari & Gabriele Pezziniの手がけた椅子が並んでいました。
b0072234_23505778.jpg
この風景、かなり好き。(もともと工場のトラスが大好きなの)
このただっぴろい中に一列に並ぶ椅子たちだけがライトで浮かび上がる様子は
かっこよすぎ。
DIVAのワンシーンを思い出しました。
秘密基地の灯台。
リシャール・ボーランジェがタバコの煙を燻らせバスタブに使っていたあのシーン。
んー、好き。

でもって、暗くてわからなかったけど床には1/1スケールで過去に書かれていた造船図があったみたい。
気付かなかったなぁ。
うーうーうー。残念!!


More
[PR]
by la_forgerone | 2010-10-07 12:31 | お散歩