la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

オリーブの木陰から

Living web で連載中の『女性鍛冶屋岡本友紀のあかりを楽しむ生活』vol.27が
UPされました。

オリーブの木が好きで証券会社時代にオリーブの鉢植え買いました。
それから20年近く。
今年に何故か枯れてしまってがっくりしていたのですが
もしかしたら…とベランダに置いて毎日水をあげていました。
でも本当にもうやっぱり無理なんかな、、と諦めかけつつ…
それでも、、と思って毎日シャワシャワーーーとお水を。

一昨日ふと鉢に生えている雑草を見ていたら新芽が鉢の土あたりからにょきにょきと!!!
きゃああああああ!!
嬉しい!!
この連載の記事を書いたのは少し前だったのでその時にはまだこの新芽は出てきていないんです。
あー!嬉しい!

まるで森のように沢山のオリーブの樹々が生えていて、その木陰を散歩する。
そんなイメージで作った作品です。
b0072234_11353573.jpg


ぜひご覧下さい。
[PR]
by la_forgerone | 2013-09-27 12:42 | Living web

トークショーとサボテン

この連休は2日続けてトークショーを聞きに行きました。
ひとつは「TOKYO BEYOND HIROSHIMA vol,2」。
「TOKYO BEYOND HIROSHIMA vol,1」は5年前の2008年11月に
建築家の谷尻誠君を迎えて開催したトークショーでした。
このBEYONDの時に知り合った加藤さんや友人たちはそれからずっと親しくさせてもらっていて
5年ぶりのこのトークショーはなんだかワクワクした気持ちで行きました。

今回も加藤孝さん、foo店主・古本浩くんが主催で、ゲストに叢の小田くん。
&SUNDAYSのケータリング。

2日目は写真家の石内都子さんの展覧会がギャラリーGで開催されていてそのレセプションとして
石内先生と前日と同じく叢の小田くんのトークショーが開催されたのでした。

b0072234_0361643.jpgb0072234_0362686.jpg

ご近所という事もあり小田くんには植物の話をいろいろ聞かせてもらうけど
直ではなくてトークショーとして彼の話を聞くのは初めてで
普段聞かない話も沢山話されていて思わず自分の時はこうだったなーと
自分のことを振り返りながらお話を聞きました。

特に小田くんのサボテンのセレクトの話で
人と違うセレクトをしていてそれはなかなか理解されなかったけど
人とは違う見方だからこそそれは目新しくてアートな人達に理解された(言葉は違うけど)的な
ことを言っていて
私は繊細で細やかな鉄のラインが好きで、それを自分の軸として作り続けてるけど、
初めは「そんなん売れんわ」「全然鉄じゃない」「またそんなん作って」なんて言われてたなぁ。
(注:師匠は言いませんよ、そんな事!)
「いいんです。私はこれが好きなんです」とか「あはは、いいんです」と笑って受け流して
自分の好きなラインを作り続けたんだった。
よかった。

トークショーを聞くのが好きなのは自分ではない誰か他の人の考えが自分の中に入って来るから。
へーって思ったり、嫌それは……と同意したり否定的に感じたり思ったりしつつも
自分にはなかった思考を聞いてそれはその人の想いだと受け入れられるのって
面白いと思うんですよね。

そして、その後のそれぞれの打ち上げもとても楽しく有意義な時間でした。
対話っておもしろい。


ちなみに、私も10月中旬にパネルディスカッションとトークショーをさせて頂きます。
パネルディスカッションは既にご予約で一杯なのですが
トークショーの方は今から告知なのでお知らせを後日致しますね。
しばしお待ち下さいませ!
[PR]
by la_forgerone | 2013-09-25 00:55 | 日々のこと

生命と言う名の燭台

Living web で連載中の『女性鍛冶屋岡本友紀のあかりを楽しむ生活』vol.24、25、26が
UPされました。
システムにエラーがあり9月の第1週と第2週のコラムがその週にUPされておりませんでした。
ご覧頂いていた皆様誠に申し訳ございません。
よろしければ続けてご覧下さいませ。
今回は「生命」と言う名の燭台2種類と「触手」と言う名の燭台のお話です。
 vol.24  vol.25  vol.26


生命と言う名の燭台を作ったきっかけは
parisに住む友達に赤ちゃんが出来たと聞いた時に
「これから生まれて来る新しい命は彼女に似てどんなことにも負けない、
 力強い意思と生命力を持つ美しい子に育つのだろうな」
と思い、美しくて力強い新しい生命をイメージし作った作品です。

b0072234_22232544.jpg

繊細さと力強さ、私のどの作品の中にも必ず潜んでいるテーマですが
この作品程その言葉そのものを意識して表しているのはないかもしれないです。
[PR]
by la_forgerone | 2013-09-19 22:34 | Living web

とびきりの

美味しい料理とシャンパンとワイン。〆はとびきりのデザート。
贅沢な打ち合わせ。

人と何かを一緒にするのは楽しくもあり難しくもあり…
久しぶりに人と何かを一緒に考える時間。

b0072234_0424961.jpg

b0072234_0423981.jpg
b0072234_042288.jpg


美味しいものと、美しいものと、キャンドル。
久しぶりに人と想いを形にする楽しさ。
[PR]
by la_forgerone | 2013-09-18 00:44 | 製作の日々

日本にもどってからのあれこれ。

メルボルンから日本に戻り、東京駅に着いた後は1時間ぐらいここでゆっくり。
あまり人もいないしのんびりできてよかった。
b0072234_10513517.jpg
b0072234_10514422.jpg
日本語聞いて、少し落ち着けました。笑

数日後にアトリエに戻ってきた什器や作品たちの荷解き。
新聞紙やエアパッキンを詰め込んでいたのでアトリエの打ち合わせスペースがすごい事に。

b0072234_10523862.jpgb0072234_10524839.jpg
梱包する時よりも荷解きのほうがいつも時間がかかるのですが2日もかかってしまいました。
涼しい場所にちょっとだけいた分、暑さも伴って本気でばててしまいました(>_<)


そして、金曜日はひろしま美術館で行われたグローバル女子会のパーティへ。
世界中で活躍している女性たちが集まっています。
ひろしま美術館のカーデンでのパーティは新鮮でした。素敵♡
世界中で活躍されているバレリーナの藤光香苗未さんのソロもありました。
間近で見れて感動♡
うつくしー。
ひろしま美術館の雰囲気とバレエってあいますね。素敵すぎて鳥肌立っちゃった。
b0072234_10592770.jpg
b0072234_10591683.jpg

この後はもう1つパーティがあったので友人を誘ってちょこっとだけ顔を出して家路に。
いろんな人と会えて楽しかったです。

この週は打ち合わせをしたり連絡したり荷解きしたりでいっぱいで制作はできなかったのですが
さすがに出張&旅行後すぐいろいろ動いてバテてたので日曜日祝日はほとんど寝てました…。

今週から制作再開。
今日も夜中までの打ち合わせもあるし、ばてないようにゆっくりとがんばります。


 
[PR]
by la_forgerone | 2013-09-17 11:06 | 日々のこと

melbourne 4

物価がちょっと高めなメルボルン。
外食費や加工品は日本よりもかなりお高めでした。
聞くと経済が20年ぐらい高成長をしているので物価ももちろんお給料も上がっているのだとか。
確かに日本は20年は景気が悪いので物価もお給料も上昇していないものね。
なるほどな、と納得です。
外から見て「ここいいな!」って思ったどこのお店も多少お値段ははりましたが
ボリューム満点でお味もとても美味しかったです。

ホテルの近くの中華レストラン。
外から見てここはいりたい!って思ったぐらいオシャレな雰囲気。
飲茶のコースが思っていたよりもリーズナブルで一人でもいろいろ食べれました。
おいしかったー。
でも出来ればやっぱり中華は何人かで来てもりもり頼んでシェアしたい。
b0072234_210967.jpg

お昼はハイブランドの立ち並ぶStreetを曲がったところにあったここ。
通ってみて外からの雰囲気がこれまた素敵だったの。
2回目に通った時に入ってみました☆
思ったよりも中の雰囲気は素朴な感じ?かな。
外からの雰囲気を撮ったらよかったなーと帰ってから思いました。伝えれなくて残念。

それにしてもパスタがめちゃおいしい。
開いたアンチョビのパン粉焼きが3、4枚乗っていてオリーブがてんこもり
オリーブオイルでカリっと香ばしく焦げ目を付けたパン粉とチーズがパスタに絡んで美味美味。
高いーと思ってたけど、食べ始めたら美味しくて大満足でした☆
b0072234_2151652.jpg
b0072234_20114987.jpg

他の日のランチはここ。
ものすごいボリュームのサラダでした。
グリルした鶏肉がごろごろと。
オレンジの甘みと酸味がきいていてこれもとても美味しかったです☆
b0072234_2010321.jpg
b0072234_2011122.jpg

caféはここがお気に入り。
好きなcaféでゆっくり時間を過ごせるのは日本でも海外でも大切な時間です。
b0072234_20123346.jpg
b0072234_20131459.jpg


最後の最後以外はのんびりゆっくりできたいい休日でした。
また来たいなMelbourne☆
b0072234_2124742.jpg

[PR]
by la_forgerone | 2013-09-15 20:23 | お散歩

melbourne 3

メルボルに着いて二日目に何となく気持ちがざわざわして落ち着かないな、、って
思っていたのですが
公園に行くと、すぅ〜って気持ちがどんどん落ち着いてきました。
東京のホテルでもメルボルンのホテルでも自然がほとんど見えない場所だったんですよね。
普段住んでいる部屋の目の前には大きな川があったり山があったり
アトリエでも山川海が見えたりするとにかく自然が目の前にある環境で暮らしているのに
2週間近くも自然が近くにない・見えない生活をしていて落ち着かなかったのですね。
緑大好き。

大きな樹々の間を歩いていてすーって落ち着いてきてすっきり。
ベンチに座っていると鳥が近寄ってきます。
b0072234_184724100.jpg
b0072234_18593730.jpg

この公園には桜が咲いていました。
メルボルンではもう桜が咲いているよと教えてもらっていたので見れて嬉しい。
b0072234_1847599.jpg

中心地から少し離れたstreetにはギャラリーやカフェがいっぱい。
思わずいろいろ入ってみました。
b0072234_1846346.jpg

これはショッピングモールの中。色とりどりの傘が綺麗。
b0072234_18461831.jpg

お気に入りのアーケード街の入り口にあったスパイス屋さん?
吊り下げられているぬいぐるみたちがかわいくて。
b0072234_1847987.jpg

[PR]
by la_forgerone | 2013-09-15 18:49 | お散歩

melbourne 2

着いた初日は小雨が降ったりやんだりの1日でした。
晴れ女なのに珍しいなーと思う私。
東京の催事の数日や夏の制作で本当にバテバテでいい加減身体をやすめたかったので
タイミングのいい雨のメルボルン。
とにかくお部屋でゆっくりしようとワインやパンを買い込んで
のんびり外の景色を見ながら部屋でゆっくりしました。

イギリス領だったメルボルン。
ところどころヨーロッパな雰囲気が残っていました。
中心街にホテルがあり、そこを基点に動いていたので郊外は知らないのですが
街の中はどちらかと言うと新しい建物と古い建物が雑多に混ざった印象の街。
英語もこんなにわからなかったっけ?と思うぐらい理解できずびっくり。
ハプニングもあったし本当勉強しなくっちゃね、と思うのでした。
b0072234_18301971.jpg
b0072234_18305946.jpg
b0072234_18332134.jpg

タイルのモザイクとアーケードの装飾などがparisの galerie Vivienneに雰囲気が似てて
とってもお気に入りになったアーケード街。
3日間で3回も行ってしまいました☆
b0072234_18312932.jpg
b0072234_18315960.jpg
b0072234_18322378.jpg
b0072234_18325591.jpg

[PR]
by la_forgerone | 2013-09-15 18:35 | お散歩

melbourne

日本橋髙島屋での催事が終わって一息ついた翌々日、オーストラリアに行ってきました。
イギリス領だったMelbourneへ。
初のオーストラリア、初の南半球です☆
季節が反対なので涼しいかなぁと真夏の制作でばてていたので
ただただのんびりしよう〜といってきました。

のんびり〜♡♡

…の、つもりが最終日の夜中に人生最大のどっきりな事件!もあって
大げさな!って思う人はいるかもしれないけど死んじゃうのかなぁと思ったり。
本当怖かった…。

その事件とは…
泊まったホテルは高層ビルなのですが、私のお部屋は17階。
見晴らしは近くのオフィスビルが見えますが少し離れているので圧迫感もなく
空も見えたりして快適。
夜になると夜景の雰囲気満点。
フロアライトのみ灯してソファーで本を眺めてワインを飲んだりしてのんびりと過ごしました。
最終日の前夜は翌朝のチェックアウトに備えて早めに就寝。
準備もほとんどしていたのでゆっくりと……爆睡…
のつもりが、けたたましいサイレン音がして目が覚めました。
夜中の1時半。

「へ?なに?」とねぼけまなこ。。。
もう一度大きなサイレン音。
それに続いて「Attention, please!〜〜うんたらかんたら〜」と大きなアナウンス。
聞き取れない英語で叫んでいます。
どうやら火災で避難してくれ!と言う内容を叫ばれているのは伝わります。
ホテルの同じ階の人達がざわざわと廊下に出てきているのもわかります。
えええええ??と思って窓の下方面を見ると消防車!!!とサイレン音!

あたふたとしながらも頭を落ち着かせて急いでペラペラのパジャマから普段着に着替えていると
また「Attention, please!〜〜うんたらかんたら〜」!
エエエエーーー聞きとれんよーーー。でもやばいのはわかるーーー(T ^ T)
ドアを開けると同じ階のお姉さんが「FIRE!!!!」と叫ぶし!!
こりゃマジでやばい!!と
お財布、携帯、パスポート、チケット、部屋のkey(もし戻れてもkeyがないと入れない)を
鞄に入れてまずは廊下へ。
横目でスーツケースを見ても「これは諦めなくちゃ!」と急いで避難しにむかいました。

同じ階のおねーさん、おばちゃんたちは「大丈夫かも???」と部屋に戻って行かれましたが…
確かに煙もきていないし、エレベーターも動いたので大丈夫じゃないかな、とは思ったのですが
昔、ホテルの大火災事故で大丈夫だろうと避難しなかった方々が亡くなられていた報道を
見たことがあったので
私は英語もわからないしとにかく怖かったのでグランドフロアまで避難しに。。
フロントのあるグランドフロアには同じように沢山の方が避難してきていて中には裸足の方も。。
外には消防車が来ていたりと物々しい雰囲気。
大丈夫なの?と皆が皆 あたりを見回していましたがどうやら大丈夫そう。

結局何もなかったようでもう一度けたたましいアナウンスが流れた後に
ホッとしてみんなそれぞれの部屋に戻っていきました。

部屋に戻るエレベーターを待つ場所で、夜遊び帰りでキメキメなメイク&ファッションの白人女子達数人と一緒になりましたが、その時の彼女たちの冷ややかな「何?この人たち?」的なまなざし。
そりゃパジャマの人もいるし髪の毛ぼさぼさの人もいるし裸足の人もいますから
「なんじゃ?」って思ってもおかしくないなぁ。
でもそのおかげで一気に大丈夫だったと言う現実感が増したのでよかったのですが。笑

部屋に戻ってからもパジャマに着替えるのは何だか怖くてそのままの格好でベッドへ。
お布団の中ではホッとしたものの、やっぱりいろいろと怖くなって寝れません。
何もなくてよかったよぉ、無事でよかったよぉと涙も出てきました。。
ふえーん。

とにかく怖かったのとハラハラしたので感情が昂って眠れないので
2時間ぐらいFBをしたりして落ち着いてからようやく眠れたのですが
朝にはチェックアウトだったので睡眠時間が足りないのは言うまでもありません…(T ^ T)

人生最大のどっきりだと思います。多分。
無事でよかったなぁ…!!って朝目が覚めた時にも思いました。
ホテルに泊まっていて1回ぐらい非常ベルが鳴り響く事はたまーにあるのですが
異国で何度も鳴ってアナウンスも何度も流れ、下では消防車のサイレン…って言うのは初めて。
本当怖かったです。

とにかく無事に戻れてよかった。
あの日にベッドの中で考えた事はこれからの少しの指針にもなると思う。
いいのかわるいのか。
ふぅ。

そんな締めくくりなオーストラリアはメルボルンの旅でしたが写真を少しだけ撮っていますので
次回分upからご覧下さいね。

今回の写真はそのホテルから見える夜景。
これから先何が起るかも当然知らず、ワインを飲みながら気持ちよく酔って過ごした夜でした。
あー、よかった。本当よかった。
b0072234_1872750.jpg

[PR]
by la_forgerone | 2013-09-15 18:16 | お散歩

夏季休暇のお知らせ

夏季休暇のお知らせです。

少し遅い夏休みを9月4日~9日まで頂きます。
恐らくメールなどの確認はできると思いますがネット環境等がわかりませんので
恐れ入りますがその間に頂きましたお問い合わせなどのお返事は
10日以降にさせて頂きたいと思います。
お急ぎの方は別途お知らせ下さいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by la_forgerone | 2013-09-03 22:52 | news