la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone


Profile →
 
HP →
web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →

カタログ →
メールマガジン →



資生堂 エリクシールシュペリエル
CM出演しました →

鍛冶仕事のPV →

..................

パリで、街に溶け込む鉄
製品の美しさに惹かれ鉄
装飾に興味を持ち始める。
広島のカフェで出会った
鉄製シャンデリアに一目
惚れし、作者の鍛冶職人
に弟子入りを志願。
証券会社の営業担当から
一転、鍛冶の世界へ。
故師匠の元で10年間修行
し、独立。

広島のアトリエを拠点に
オーダーメイドで照明な
どのインテリアから大型
のオブジェまで様々な作
品を手掛け、国内外で活
動中。

重力からの解放を感じさ
せる軽やかで柔らかな表
現で、鉄が持つ可能性に
日々 挑戦しています。

 作品
大型のモニュメントから
自宅で楽しめるランプま
で規模は様々ですが共通
するテーマは
「軽やかで、しなやかな
 鉄」。
丹念に成形した鉄は
重厚感から解放され
羽のような軽やかさと
植物のようなしなやかさも
生み出します。
造形の美しさはもちろん
光によって生まれる
幻想的な影の美しさにも
こだわって創作しています。


 la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めています。

..................

2011年秋
資生堂/CM出演
エリクシールシュペリエル
(広島ハリマドンナ)
CM☆

2013年春 
サントリー/CM出演
金麦(広島版) 

2011年秋
NHK グラン・ジュテ 
特集して下さいました。
 
BS-TBS 「女子才彩」
特集して下さいました。

2010年
フジテレビ
キレイのタネ
特集して下さいました。

2009年
フジテレビ
にじいろジーン
ご紹介して頂きました。

2007年
明治製菓様のHPで
ご紹介頂きました。
「キレイな人のキレイな秘密」
(No.14)

「家具と人 〜
Living with Modern Crafts」
24人の家具作家を特集し
た本です。
私もご紹介頂いています。


"私はこうして鍛冶屋に
なった。" を不定期で
blogに綴ります。


詳しくはHPのaboutを
ご覧ください

..................

アトリエについて
恐れ入りますがご見学は
お断りさせて頂いていま
す。
火を使う危ない仕事です。
ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

..................



カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

HPの更新

しばらく放置気味だったHPの更新を少しずつしています。

ご注文時にどのように注文したらいいのですか?と度々お問い合わせを頂いていました。
遅ればせながらご依頼の流れなどを記したページを作りました。

お問い合わせから制作、お届けまでの流れの【 how to order 】ページ です。
ご検討中の皆様、ぜひご覧下さいませ → 

その他にもちょこちょこ【 about 】や【 contact 】ページも更新しています。

その他【 la forgeroneのFBページ 】も更新を再開しました。
あわせてご覧下さい^^

どうぞよろしくお願い致します!

b0072234_1322197.jpg

[PR]
by la_forgerone | 2015-09-29 13:07 | 製作の日々

縮景園観月茶会

中秋の名月、とても大きな満月でしたね。
昨夜は縮景園観月茶会へ友人達と参加してきました。

野点と本室での2回のお茶席が設けられていて、
まずは野点から。
始まる前には夕暮れ時。
お月様はまだ出ていません。

b0072234_10575665.jpgb0072234_1058331.jpg
お茶菓子にはお月見団子と月兎。

b0072234_10584152.jpg
炭の火が気持ちいいですね。

野点の後には回りも暗くなり、大きなお月様。
お月見団子とすすきとお酒、あけびなどがお供えしてありました。

b0072234_1142792.jpg

お月見団子は小さい頃に母が毎年作ってくれていて
お団子好きなのでとても楽しみな行事のひとつでした。
懐かしいな。

お茶室での時間まで少しあるので大きなお月様を愛でながら縮景園をお散歩。
とてものんびりできるいい時間でした。
皆と話す内容は面白おかしい話題でしたけどw

b0072234_1112054.jpg
お茶室はこちら。
b0072234_1114595.jpg
お茶事が終わり痺れた足が元にもどってお茶室から出て庭を見ると
夕顔がお月様に映えていました。
何とも大きくて明るいお月様。(携帯画像なのでぼんやりですみません)
b0072234_1125252.jpg



縮景園を後にして向かうは友人宅。
THE!鴨鍋!
b0072234_1184283.jpg

風流な観月茶会の後はやっぱり胃袋をみたしたいですよねww
いつものみんなで大笑い。笑
楽しい時間でした^^

b0072234_11153274.jpg

夜中に家に戻り、お月様があまりにも綺麗なので
ベランダに椅子を出し、
大きなお月様を愛でながら
しばし ぼーっと眺めていました。

今日も大きなお月様がきっと見れますね。
ベランダでゆっくり月見酒としゃれこもうと思います。
[PR]
by la_forgerone | 2015-09-28 11:19 | 和文化・和装

数年前の展示前、アイデアがなかなか浮かばなくて高知に行きました。
その時に見かけたお花と粒があまりにかわいくて。

道路脇に無造作に生えていたのでちょこっと手折って持って帰り
パラパラとベランダの鉢植えに蒔きました。

今年も可愛く咲いてくれています。
しあわせ。

もうね、粒(種)の状態がたまらなく可愛いんです。
b0072234_012699.jpg

この子のモチーフは作品に生きています^^

どれかは内緒ですw
[PR]
by la_forgerone | 2015-09-14 00:12 | 日々のこと

JAKMAKと美しさと師と。

この数日間は「美しいこと」を見続れけた幸せな日々でした。

熊川哲也さんの率いるKカンパニーの『海賊』『白鳥の湖』(オデットはヴィヴィアナ・デュランテ、オディールにモニカ・ペレーゴのキャスト)に始まり、
マイヤ・プリセツカヤさんと梅若玄祥先生、日本舞踊家の藤間藤間勘十郎さんの
『能・バレエ・舞「ボレロ・幻想桜」』、
マチュー・ガニオさんと梅若玄祥先生の『美の響宴』
梅若玄祥先生の『橋弁慶』と『安倍晴明』(以上はDVD)等々。
DVDと言えど大きな画面に映し出される世界に食い入るように観ていました。

b0072234_2153127.jpgb0072234_2152320.jpg
b0072234_2154090.jpg 


そして、昨日の9月10日は葉加瀬太郎さんと梅若玄祥先生のコラボ 『JAKMAK』
福岡サンパレスホールへ行ってきました。
b0072234_93345100.jpg

JAKMAKは梅若先生が葉加瀬太郎さんに「「寂寞」を表現してください」と依頼し
出来上がった舞台です。
昨年5月に世界文化遺産である京都・上賀茂神社で上演されていて
いつか絶対自分の目で見たいと思っていたのでした。

前回の上賀茂神社での初演は屋外で上演されていたので
ホールでの舞台はどのような演出になるのだろう、と思って観ていましたが
シンプルな舞台美術でここまで神秘性を演出できるんだ…とうっとりし感動してしまいました。

2部の葉加瀬太郎さんのライブでは1曲、梅若先生と共演で「タイスの瞑想曲」が。
(マチュー・ガニオさんとの舞台で舞われた演目です)
ライブのままの舞台なのに、先生の舞う空間がそこだけ切り取られたように変わります。
天才というのはこういうことか…と目の当たりにしました。
本当に素晴らしかったです!


 この数日、体の奥底の細部にまで行き渡り表現される美しさとはなんだろうと考え、
 少しでも自分の糧になれたらと
 いろいろを食い入るように観て聴いて感じれるようにとしていました。
 その感覚をうまく言葉にすることは私には出来ないのだけれど、
 やはり先ほど書いた言葉につきます。
  「細部にまで行き渡る美しさ」

 美しいもの、美しい動き、美しい音に満たされて
 美しさに浸り
 美しさは感動を与えることができるのだ…
 私もいつか、人の心に染み入るような作品作りができるようになりたい。
 舞台を観ていてしみじみ感じました。


このいろいろな舞台をプロデュースされているのが西尾智子先生です。
昨年広島にいらした時にご紹介頂いてからいろんな舞台を観させて頂いています。
今年も広島にいらっしゃる機会に皆でお会いさせて頂いていました。
ギリシャ公演のお話や普段のお話等盛りだくさん。

b0072234_101076.jpgb0072234_11192752.png
先生を囲んで。京都からけいさんも♡ 右は大好きな友達と。嬉しそうな私w

b0072234_9572280.jpgb0072234_9584156.jpg
重陽の節句前の会に合わせてシャンパンには菊の花びらが。とても美しい。


西尾先生との出会うきっかけを与えてくれ、紅天女に導いてくれた友人に多大な感謝を。
そして、
何もわからない私ににこやかに教えてくださり、時にはしっかりたしなめてくれ、
凹んでいる時には応援してるよと励ましてくれるけいさんに感謝してもしきれない感謝と愛情を。

素晴らしいお仕事の数々をなさっている先生。
これが素敵なのよ〜!いいでしょ!素敵でしょ!と少女のように気さくに接して下さり、
お話を聞くたびにいつも身体の奥底からみなぎるようなパワーを頂いています。
審美眼、行動力、パワー、お人柄、、先生の存在そのものに尊敬の念を。

b0072234_10141380.jpg
女学院の講義の後の西尾先生と3人で。
JAKMAKの後に楽屋にご案内下さって梅若先生、葉加瀬太郎さん、西尾先生とぱちり。嬉し♡

b0072234_10471319.jpg


・・・・・・・・・・


舞台に感動し、誰かの心に感動を残せるような作品を作れるようになりたいと再確認した
昨日の9月10日は奇しくも師匠の命日でした。

今日のお昼すぎに松風園でひとりで師匠の事を思い出してしんみりしていたら
Paris帰りの友達からコメントが。
「ゆきちゃん、やっぱり何処に行ってもルテス以上のカフェはないよ」と。
あぁ、マスター(師匠)は今でもみんなと繋がってるんだって思わず涙が出てきました。

  20代の多くを過ごしたルテスというカフェは
 マスターが鍛冶屋に専念する時に解体をして跡形も無くなってしまったけれど、、
 キラキラした未来を夢みてたことを具現化したような場所でした。
 フランスへの憧れ、アートへ憧れ、ファッションへの憧れ。
 それらを具現化したようなcafé。
 いつまでも甘く切なく、キラキラした未来を今でも私に見せてくれる想い出の場所なのです。


同時期に私や友人達が同じようにマスターのことを思い出し
「Parisでマスターに出会えてなかったら私達は全く違う人生を歩んでいたかもしれないよね、
って話してたんだよ」と伝えられ、
“今、このタイミング”で
私がいつも思っていることと同じ想い、同じ言葉を
友達が友達の言葉で私に伝えてくれている。
うわ…!!!と身震いがしました。

師匠と出会って20年以上の時間が経ちましたが
あの時代のあのルテスという場所で過ごした時間は掛け替えのない大切な時間です。
師匠が作った作品に魅入られて鉄の世界に進みました。

実は先にあげた今年の女子会の会場となったお店は、今はもう違う店へと変わっていますが、
古民家を師匠と2人して土を掘り返し、床を塗り、私にとって初めてお店にした場所でした。
所々に残る師匠の施した細工や作品を観ては懐かしさと初心を思い出していたのでした。

 師匠の命日に
 美しさとは、と深く考え
 誰かの心に感動を残せるような作品を作りたい、
 そう心の底から思えたのは
 何かの采配だな、と思います。
 
 美しいものが
 じんわり体の隅々まで染み渡って
 少しでも自分の糧となり、
 作品に生かせれますように。


人との出会いや別れは 時に大きく人生を変えてくれます。
私の人生を変えてくれた師匠との出会い、
独立することを決めざるを得なかった師匠の死。
そして、今また私にとって新しい美しさとパワーを見せて下さっている西尾先生。
もしかしたら、
今感じていることは何年か先に私の人生を左右させることなのかもしれない。
そんなとても感慨深い数日でした。
[PR]
by la_forgerone | 2015-09-11 21:20 | 想い

古今果

9月5日、宮島口に「古今果」というお店がopen致しました。
藤い屋さまの菓子工房とcaféの新ブランドです。
b0072234_22381215.jpg
b0072234_22464296.jpg

建築設計は中村拓志さん。
数々の受賞歴がある方で、最近ではベラビスタ境が浜のリボンチャペルが記憶に新しいですね。
広島にも何棟か設計をされていらっしゃって、
「おーーー!これを建てられた方か〜!」って思われる方も多いかもしれません。

1階に入った時に目に入る壁面の波の柄のようなタイル等も
今回特別に作られていらっしゃいます。
随所にこだわりが満載で建築好きとしても見ていて楽しいお店です。
「お茶しましょ〜」と思われる方以外にもぜひ足を運んで頂きたいです。


古今果のデザインは左合ひとみさん。
藤い屋のデザインを2009年からされていて
古今果のロゴデザインやパッケージデザインもされていらっしゃいます。
シンプルでとてもかっこいいデザインです。
b0072234_22395184.jpg


今回私はその左合さんのデザインのサインを鍛鉄で作らせて頂きました。
b0072234_2240525.jpg
b0072234_22401733.jpg

とてもシンプルであり、存在感のあるサイン。
このデザインを拝見し、サインのシンプルさとエッジを生かす鍛鉄を、と制作致しました。
鍛鉄で表現することで鎚跡から感じる風合いだけではなく、
細さの中からも力強さが出せたのではないかな、と思います。

ぜひお店に訪れる皆様にもご覧頂けると嬉しいです。


そして、カフェの2階。
とっても素敵な空間です。
b0072234_22403812.jpg

皆様、ぜひぜひお立ち寄りくださいませ。




古今和洋菓子処 古今果
〒739-0411 広島県廿日市市宮島口1-12-5

撮影:大森恒誠

[PR]
by la_forgerone | 2015-09-07 22:54 | *看板・表札・扉・取手・鍵