la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

アトリエ

blogを読み返してみて、アトリエの写真が少ないことに気がつきました。
念願の愛しいmyアトリエちゃん。
写真がないのは何故じゃ。

と、今日は写真を少しだけ立て続けにupしてみます。


アトリエは江戸時代に建てられた農作業小屋と納屋を改築していただいてます。
完璧日本の古民家です。

b0072234_2222214.jpg

アトリエとして改築して下さった時に漆喰やガラス窓で壁を補強していただいて
漆喰と木とガラス窓で壁を覆われています。
b0072234_22223794.jpg
青い四角なハコが最近出来上がった郵便受け。
鮮やかでありつつくすんでいる色を壁に何か持ってきたかったのでJunkmarketで仕入れたくすみのある青いカバーに
鉄で作った白い蓋をつけて郵便受けに。
(写真では濃い色ですが古ぼけた雰囲気がこれまたいいのです)

隣にあるハイジに出てきそうな昔ながらの牛乳瓶は本当に昔牧場で使っていたものを頂いたの。
(本当にハイジの世界ですねww)
昔は牛乳を入れる瓶(瓶と言うか、なんと言うか…)はブリキを使っていて牛乳は絞ったら殺菌するので
早くに錆びてしまっていたのだそう。(と牧場主に聞きました)
その錆び加減は施した錆びとは違う風合いがあって好きなのです。
お世話になっている牧場主。
久しくお会いしていないのでそろそろお会いしたいです。

…gallery
実はgalleryのドアはまだまだ出来上がりが途中。
b0072234_22295220.jpg

少しずつ少しずつ加えてやっとドアノブを作り、昨年末にやっとのことでつけました。
後は鍵とドアバンドが必要で只今鍵を制作中。
恵文社一乗寺店での展覧会の時にお披露目してその後につける予定です。
大家さん、もう少し待っててくださいね。
じんわり作っています~!!

…制作場所
アトリエの中にある大きな梁が大の自慢ww
b0072234_22302092.jpg
ガラスの向こうに見えるのがアトリエに併設しているgallery。
大きな梁があるgalleryなんて本当に贅沢だなぁと思います。
天井高もかなりあります。何メートルあるんだろう?6mはありそうです。
屋根裏を抜いてあるのでむき出しですがいい感じ。
天井近くに空気の入れ替えの為の窓がありそれでいて天井が高いので熱い空気が抜けやすく
鍛冶屋としてはかなーりありがたいのです。


ほとんどの制作はアトリエの半分のこの位置で。
b0072234_22454729.jpg
向こうに見えるのが金床台です。
私の金床台は私が作るのに調度いいサイズ。
200kgサイズとか言うのがあるんだけど、私には大きすぎる気がします。
このサイズが愛しい。


アトリエの外には小川が流れています。
目の前に小川が流れているので夏でもそこまで暑くないのかもしれないなぁと思ったりも。
(と、言ってもかなーり熱いんですけど(笑)!!)
b0072234_22332858.jpg
何度か書いたけれどここは白鷺がよく飛んでいます。
ゆったりとしたはばたきが優雅でゆったりした気持ちにもなるんです。
アトリエからもgalleryからもみえます。
初夏には蛍も飛んでいるのだとか。
暗くなる時には制作をしているか帰宅しているかで去年は見ていないのだけれど今年は見たい!!
ともかくのんびり気分に浸るのに調度いい感じなのですww


アトリエの川方面の出口には去年大家さんが植えてくださったミントの新しい芽がたくさん出ていました。
b0072234_22401869.jpg
土の下では新しい命がたくさん。
中庭でも春の気配がたくさん。
b0072234_22404189.jpg


b0072234_22561742.jpgそして、limArt、恵文社一乗寺店の展覧会の為に制作し
DMにも載せていたシャンデリア(粒子)が
(うれしいことに)お嫁入り済みで、サイズ違いの大きなタイプも制作させていただきこれまたお嫁入り済み。
DMにも載せているのに恵文社一乗寺店での展覧会にないのは
寂しいなぁと新たにモクモクと製作中。
アールのラインがね、自己満足です。ご満悦。
私の自己満足だけじゃなく、たくさんの方にもみていただきたいなとモクモク製作中です。


たまに制作行程を載せるのもいいかも?ですね。




limArt(limArtは終了しました)と恵文社一乗寺店での展覧会の詳細→
メールマガジンのお知らせ→
[PR]
by la_forgerone | 2009-03-11 23:10 | 製作の日々