la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

広島と福島

私にしては随分長い間blogの更新をしていません。
書いては消し、書いては消し、、何度upしては消したかわかりません。
ようやく、upできそうな気持ちになりました。。。
まだ1部しかup できませんが。。。

震災から1ヶ月が経ちました。
津波、地震、原発爆発、、凄まじい破壊。。
あまりに広範囲であまりにも大きな被害。
知人が現地に行ってボランティアをした話をしてくださいました。
1ヶ月経つのにまだまだ何も変わっていない・・・。
手を付けて全力をあげているのに被害が広すぎて
その成果が目で見えてわかるぐらいになっていないためです。


私は生まれたのは島根ですが、小学生にあがる前に広島に父親の転勤で引っ越してきて以来
ずっと広島で育ち、今も広島で制作しています。

広島で育っているので「平和教育」という平和への教育を
小さい頃から繰り返し繰り返し何度も何度も受けています。
それは、平和教育という名ではあるけれど
戦争で受けた被害を忘れてはならない、戦争の怖さを忘れてはならない、
原子爆弾の恐ろしさと無知の怖さを教えられた教育でした。
物心ついた頃から高校を卒業するまでずっと
平和教育という名の下で放射能の恐怖を繰り返し繰り返し、教えられたのです。

8月6日のあの日あの時間、何が起ったか、映像で文章で、
何度も何度も繰り返し心の奥底に爪痕が残るぐらい叩き込まれました。

小さい頃は飛行機の音が怖かった。
今でも実は少しビクッとする。
小さい頃から大人になっても、ずっと何度もあの日あの時間に私がいて
逃げ惑うのになぜか刻々と迫る時間とともにあの場所にいる、という夢を繰り返し見ています。
夢の中で逃げても逃げてもなぜか逃げれず、爆発とともに目が覚める、
とても恐ろしく、起きた後でも震えているのがわかる夢です。。

同世代の友人に聞くと、やっぱり小さい頃に飛行機の音が怖かったという人が多いです。。。

原子爆弾で受ける被害と今福島で起っている原発爆発の被害は
違うとはわかっているけれど、、、、、
焼け野原の中、やけどで体中の皮が剥け落ちてずるむけになりながら逃げまどい
熱さから逃れるために川に飛び込む人々。
被害を受けた方々の写真、、。
そんな映像を何度も何度も数えきれないぐらい見て育ちました。

地震と津波の被災地の景色は
私たちが小さい頃から見続けた焼けこげて真っ黒になり瓦礫の山しかない広島の街と似ています・・・。
違う点は、焼けこげていない、ただそれだけです。

原発は爆弾と放射能という2つのすさまじい破壊力を伴った兵器ではない。
人々の生活を支えるために作られた原子力発電所。。
でも今それが猛威を振るって人々の生活を脅かしている。
もちろん遠く離れたこの地も例外ではなく、、。

原子爆弾と原発爆発は違うとはわかっていても、怖くてたまらない。

私だけが過剰に反応しているの?と不安にもなりましたが
他の友達に聞いてもやはり似た想いを持っているようでした。
皆、広島で育って広島で平和教育を受けて育っている友人達。
恐らく他の県外の方が感じている不安とはまた違う、根深く刻まれた不安な気持ちがよみがえってきているようです。

今日もまた大きな地震が福島で起っていました。
先日お会いしたMさんは福島の原発から40kmぎりぎりの所にご両親と妹さんが住んでいらっしゃるそうです。
「大丈夫だべ」と避難してくれないよ。家があるから、、、
と、気丈に笑ってお話ししてくださるけれど 内心笑える筈もなく、不安でたまらないと思います。
どう話していいのか、、やっぱりわかりませんでした。

過去に起きたことを習い、今平和な広島で教育を受けて覚えた怖さと、
現実と向き合いこれからのことを不安に思う今。。。
戦争を経験していない私にとって、今の現実の怖さが当然ですが勝っています。


沢山の方が現地で、近くで遠くで、日本中で、不安な日々を過ごしています。

1分でも1秒でも早くすべての事態が終息しますように切に願います。
原子力発電所は全部は無理でもせめて地震が頻発に起っているところのものだけでも
休止することができないものなのでしょうか。

NO MORE HIROSHIMA
NO MORE FUKUSHIMA
1分でも1秒でも早く
すべての事態が終息し
安心してこの島国に住むことができる日が来ますよう切に願います。

[PR]
by la_forgerone | 2011-04-12 22:14 | 想い