人気ブログランキング |


la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
自分攻略
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ミステリアスな彼女

私が20歳、彼女が19歳の頃、
夜はクラブで毎週末遊んでた。
あそこは私にとって楽しい場だった。
居合わした事故も事件もあったけど
私にはあまり関係もなく
ただただ楽しい場。

毎週のように友達の家に明け方にこっそり戻り
(うちは門限10時だったので、友達の家に泊まってた)
昼過ぎ頃にママとパパにご挨拶し
ご飯をいただいて家に戻る。

なんかたくさん話したけど
その当時に話したことのほとんどは覚えていない。
アートのことだった気もするし
夢とかそんなものだったかもしれない。
日々が楽しすぎて覚えていない。

彼女が学校卒業を機に上京してからは
遊ぶ相手が変わっただけであまり変わりはなかった。
夜更けまで飲んで遊んで踊って駆け引きありつつ談笑する。

長い休みの時に彼女が広島に戻ってきた時にはよく遊んだ。
遊びに一息つきカウンターで話してて、
ついうとうとしてたら
気がついたら周りは私たち二人以外は全て男で
SちゃんSちゃん、と男たちが我先にと彼女に話しかけていた。
モテる女だと認識していたけど
その光景のど真ん中にいて思わず笑ってしまった。

いつだったかの帰省の時に
彼女と私よりも長い付き合いの男友達と一緒に
お茶をすることになった。

モテる彼女にはいつも年上の男の人の姿がチラホラしていた。
そのなかの二人。
ただの友人っぽいのはみてわかる。
けど、いつでも姫扱い、、
いや、姫というか
何だろうか、手を出したいけど、出せない、
特別な扱い。

はっきり言って
その男たちはその場の中でも明らかにモテていた男たちだった。

面白いなぁとずっと思っていたけど
その対応がどこからくるものなのか興味があった。

彼女が席を外した隙に彼らに聞いてみた。
「ねぇ、彼女ってどんなイメージなの?」
「え?親友のお前の方がわかってるだろ?」
「私にはわからないよ、近すぎるもん」
こんな会話の後に

「ミステリアスなんだよね、Sは」

と答えが返ってきた。

確か私は20代初めの頃で
そのセリフといった彼は30手前。

なるほど。

彼女のミステリアスさが
周りを魅了していたのだ。

納得してしまった。

はっきり言ってしまうと
20歳なんて子供だ。
30歳もまだちょい子供だ。
経験も少ないし、出会いも少ない。
それでも
10近くも年下の女に
ミステリアスという言葉を使う意味はわかっている。

私もそれからミステリアスという表現を考えた。
ミステリアスという言葉が
ぴったりときた人は
「当時の」この彼女しか知らない。

意図した言葉を綴って
読む相手がそのコトバから連想する作り上げた像
イメージを作り上げた
まやかしの雰囲気ではなくて

付き合ってもなお
深く知ったとしても
ミステリアスな彼女。

真剣に生きている姿を見ていたから
私の持つ彼女のイメージには
ミステリアスという言葉はなかった。

だが、
男の人が発した言葉でストンと納得した。
私も彼女の捉えどころのない
ミステリアスな部分に魅せられていたのだ。
b0072234_18284592.jpg
このお正月にこれからのヴィジョンを考えようと
イメージを浮かべた時に
ふとミステリアスという言葉が浮かび
彼女を思い出した。




「私の生き方は私が決めるし、私が創る。」

私は大人になってから
ずっとそう思って生きている。

けれども、
「ミステリアスな」という形容詞がつく生き方は
自分では決められないし
たとえなりたいと思ったとしても
私には縁のない生き方だと思う。

猪突猛進の亥生まれ
ついでに言うと熱い火の宮の牡羊座生まれ。
熱く、熱い。
ミステリアスな気配のひとつも
生まれた星から持ってない。

生まれ持ったものは人それぞれ違う。
生まれた場所・家でも
その後の人生の舵取りは大きく違う。

けれども
それでも
私は私が創るのだと思う。

もしも欲しいと思ったとしても
私にはミステリアスさはつかないけれども。


今年は年女。
熱いものが私に戻ってきているので
猪突猛進に進めれると思います。
私には
亥の気質があっている。


今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
b0072234_18402505.jpg


by la_forgerone | 2019-01-03 18:46 | 想い