人気ブログランキング |


ラフォルジュロンデコラシオン la forgerone decoration  岡本祐季(改 友紀)鉄装飾家artist  女性の鍛冶屋 作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

la forgerone

HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 



ラ フォルジュロン
デコラシオン 
la forgerone
decoration

鉄は美しく繊細で
軽やかで美しい。

鉄で紡ぐ光と影。
幻想的で美しい鉄の世界。

そんな新しい鉄の概念を。
糸のように紡ぎ出したい。



フランス語で鍛冶屋を意
味する le forgeron
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も
アレンジしています。



..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
自分攻略
未分類

以前の記事

2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

私はこうして鍛冶屋になった4

「私はこうして鍛冶屋になった。」というカテゴリを
このblog内で作っていましたが、
さっきカテゴリをチェックしてみたら
2013年以降まったく更新をしてませんでした。

あらまぁ、、。


私はこうして鍛冶屋になった4_b0072234_20553632.jpg


鉄装飾家artist 鍛治師の岡本祐季です。
私はこうして鍛冶屋になった4_b0072234_10205148.jpg


ちょこちょこ書いているつもりだったけれど
カテゴライズしていないから探せないのか、
書いていないのか。

どっち?だろう?


そんなことを思いながらも
今日は鍛冶屋になった頃と今を思い出し比較しながら書いてみようと思います。




過去の「こうして私は鍛冶屋になった。」は
こちらからどうぞ



アシスタントとして工房に通わせていただき始めてすぐの頃、
私は喘息持ちで体力はなく、
学生時代の体育の授業も見学が多かったぐらいなので
筋力もほぼありませんでした。

今でも握力自体は20そこそこです。
残念なことに、握力があまり増えませんでした。

身体的な性質的なものだと思いますが、
筋力も腕力もさほど増えてません。

もちろん昔に比べたらそれでも微々たるものですが握力も増えていますし
腕の太さは格段に太くゴツくなりました。苦笑

二の腕も一般女性の比ではないぐらい太いですが
体力のある女性に比べると筋力は少ない方だと思います。
(しつこいですが腕はかなり太いですよw)


24歳の時、初めて渡された小さなハンマー。

「こうやって叩くんじゃ」ってマスター(師匠)に教えてもらいましたが
ハンマーを持って叩くということができておらず
5、6回振るだけで
腕はプルプルしていました。笑

たった800gぐらいのハンマーですよ?!

「たった!」というぐらい
今では何の苦もなく振れちゃうのですが

当時は両手で叩きたいのをグッと我慢して
フラフラした手で叩いておりました。


そんな私ですが、
今では筋力も足りていなくても(鍛冶屋としてね)
800gぐらいのハンマーは延々数時間振れます。


もちろん 叩く作業が1週間ぐらい続いたら
胸筋、上腕二頭筋、腹筋、背筋 共にガチガチになります。
ムキムキにもなります。笑

なのに、筋肉が持続しないんですよね。

1週間延々叩いてても、次の1週間が溶接工程などで筋肉を使わないと全部落ちてしまう。

身体的な性質としか言えないですが
筋肉が持続維持できないのはとても残念です。




さて、話はアシスタント時代初期に戻って

ハンマーで鉄を叩いたりすることにも慣れてきた頃、
マスター(師匠)が私の兄弟子(師匠はレストランのオーナーでもあったのでシェフの兄弟子がいます)の新築の家の内装をすることになりました。

私ももちろんアシスタントとして現場に入るのですが
現場は当然ですが男の人ばかりです。

「おっちゃん」ばかり

の中に
ポツンと現場を知らない若い女の子が入っていくわけです。


今では女性が現場にいることも増えてきているとは思いますが
当時(20年以上前)は若い女の子はほとんどいなかったんじゃないかなぁと思います。



それも!!!

鍛冶屋の女の子なんて、、
皆無!ですよ!

皆無!!!



どれだけ怪訝な目でみられたか。。。苦笑


「なんじゃ?この娘は!」

ですよ、本当に。





それでも何日か通うとおっちゃん達も慣れてくれて
興味をもって話しかけてくれます。


「おー、がんばっとるねー。よーやるねー。」って。



1人声をかけてくださったら 後から後からみなさん声をかけてくださいます。

現場で炉を焚いて鉄を叩いていたので
(師匠が簡易の炉を持ってきて、ここで叩けと言われて叩いていた)

「何じゃ、この娘は?」

から

「何やっとるんじゃ?この娘は?」

に変わって

興味を持ってもらえてたんじゃないかなぁと思います。笑

仕事ぶりをみてもらえることって、
評価や興味をもってもらえることに直結しますよね。



師匠はそういうことを意図していなかったとは思いますが
私としては打ち解けるきっかけを作ってくださってありがたかったです^^


ただ、
その炉はファンが効かなくてコークスにあまり火が回らなくて
結局は時間だけがかかって仕事としてはお粗末だったのですけどね。。。




そんな現場仕事の中、
内装に壁にニッチの上部に木を埋め込むという施工がありました。
(ニッチ:隙間やくぼみで壁を彫り込んだ棚のこと)


古材を使っていたか、焼板を使っていたかはよく覚えていませんが
60〜80cmぐらいの幅、奥行き30〜40cm?厚さ20cmぐらいの板を
持ち上げてバランスを見ることをしました。

もちろん持ち上げるのは私です。

持ち上げるのはできますが、、、
師匠がバランスを見るために延々と木を上に持ち上げているのは
かなりきつかった。


この状態です、これ↓

私はこうして鍛冶屋になった4_b0072234_21425548.jpg

フラフラするどころか気持ち悪くもなりました。



この後、
トレーニングジムでも体を鍛えるためにトレーニングをよくしていたのですが
このトレーニングが私は一番苦手です。
横隔膜あたりが気持ち悪くなるんですよね。。
(多分喘息と関係あり)

今でもこのトレーニングは気持ち悪くなるので本当に弱いのでしょうね。
残念。




鍛冶屋の修行を初めて数年たった頃には
喘息は完治していて
走ることもできなかったのに
(体育の授業も体力測定の1km走るのも無理で最後歩きになってもOKでした)
ゆっくりであれば2、3キロ走れるようにもなったし
自転車でかなり走れるようにもなった。
(昔は15分さえも自転車をこぐこともできなくてゼイゼイと辛かったのですよ。)

あ!!
走るのに至っては10年ぐらい前に整体の先生に、
「今は呼吸器系は大丈夫です。走れますよ。
 でも、今はどちらかというと足が上がりませんよ」
と言われて試してみたら確かに足が上がらない、というお粗末な結果にw





鍛冶屋を初めて一番の成果は体力だと思います。
きっと続けていなかったら
喘息は生涯私の生活と隣り合わせだったろうなぁと思います。
(祖父からの遺伝で 祖父はなくなるまで喘息がひどかったので)



おっちゃん達の怪訝な目から
「よぉがんばっとるのぉ(広島弁)」に変わる瞬間を
たくさん経験させてもらったのもとてもいい経験です。


何か自分ががんばっていることで人からの評価が変わる(いい意味で変わる)のを
こんなにも体感させてもらうことって
もしかしたら一般的には意外と少ないのかも?と思います。


それを思って考えると

今でも鉄関係の仕事は男性の仕事という意識が一般的で
女性が中にいると怪訝な目を向けられることが多いのですが(とても多いのですよ)

しっかり仕事をしていることで
その怪訝な目は一気に興味と仲間意識にひっくり返してきたなぁって思います。
( 特に職人さんは仲間意識を持つと懐に入れてくださることが多いのかなって思います^^)




今、いろんな職種に女性が進出しているとはいえど
業種業種では女性が珍しい職場ってまだまだ多いと思うんですよね。


4月には新しい環境に飛び込む人が多いと思います。
新入社員で男性ばかりの職場や男性の仕事に向かう女性も多いと思います。
もちろんその逆で女性ばかりの職場で男性が入るということも。

初めは戸惑うことも多いけど、
しっかりとやっていけば打ち解けていくし
しっかり評価もされます。


みてくれている人はたくさんいるしね^^




男性の仕事に女性がトライできること
女性の仕事に男性がトライできること
たくさん増えていくといいな。



鍛冶屋になった頃を思い出して今を感じると

鍛冶屋として20数年過ごしてきてよかったな、と思います。
いろんな人と出会えたのもいろんな経験ができたのも

昔に私が選んだ生き方のおかげです。

諦めなくてよかった。



今選んだことが20年先に選んでよかったな、と思えるように
これからの今を大切に生きていこ。


今何かを選んでる人たちも
きっと何年か後には選んでよかった、やってきてよかったって思うことがあるはず。

もちろんその反対も。
後悔もするかもしれない。

でも必ず何かを「自分で」選んでいるんですよ。

誰かが言ったからそれを選んだ、のではなくて
やる、やらない、は全て自分で選んでるんです。

自分で選ぶという認識がとても大切。

続ける決心、やめる決心も同じ。



鍛冶屋を選んで進んできて
いろいろ大変なことも本当に多いけど(今もね)
その分、喜びも多い。

辛くても楽しくても
選んだことを私は誇りに思う。


何かを選ぶこと
「自分で選ぶこと」を大切にして
その時選んだ自分を誇りに思おう。







あれ?なんか尻切れトンボにまたなってしまった気がしますが




「私はこうして鍛治屋になった。」は
時折忘れた頃にUPいたします^^

またぜひ読んでくださいね。




















by la_forgerone | 2020-03-17 22:41 | 私はこうして鍛冶屋になった。