人気ブログランキング | 話題のタグを見る


ラフォルジュロンデコラシオン la forgerone decoration  岡本祐季(改 友紀)鉄装飾家artist    鉄に上品な繊細さ、重力から解放された軽やかさを求めて「空間が和み 気持ちが解き放たれる鉄。」を作り続けています。永遠のテーマは鉄で紡ぐ光と影の洗練された美しい世界。 シャンデリアやオブジェを制作。 ゆきぱんというフライパンも制作中。


by la_forgerone

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

la forgerone

HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 



ラ フォルジュロン
デコラシオン 
la forgerone
decoration

鉄は美しく繊細で
軽やかで美しい。

鉄で紡ぐ光と影。
幻想的で美しい鉄の世界。

そんな新しい鉄の概念を。
糸のように紡ぎ出したい。



フランス語で鍛冶屋を意
味する le forgeron
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も
アレンジしています。



..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
*ゆきぱん
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
ブランディング
Living web

gallery (2005~2006)
自分攻略
未分類

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

導かれる



鉄が紡ぐ幻想的な光と影、鉄の上品な繊細さ、重力から解放された軽やかさを求め
「空間が和み、気持ちが解き放たれる鉄。」を表現制作している
鉄装飾家artist の岡本祐季です。

I am Yuki Okamoto, an artist dedicated to exquisite ironworks that bring grace to the space and liberty in mind.
My aspiration is to let the ironworks express mystical light and shadow, elegant delicacy, and freedom from gravity.





ひとつの出来事が起きることで
今までの感覚と今の感覚がガラッと変わってしまうことを
先日から経験しています。

かなり強烈でかなりはっきりした促しがあります。
今までと今の感覚がガラッと変わってしまうまでの感覚。

今までにない経験でした。


導かれる_b0072234_09452102.jpg



27年前にも強烈な出来事がありました。
それは鍛冶屋の弟子入り志願をした時です。

鍛冶屋の弟子入り志願のお願いをしたあの日。
その日から私の人生はガラッと変わりました。

すぐにアシスタントになれたわけではないけど
「なりたい、つくりたい」という意識が明確にあって
(どんなものを作りたいとかではなく、なりたいという意識)

それに向けて行動することで
見える世界も周りも変わっていきました。

もちろんそれによって意識もどんどん変わります。

20代前半ですからね。
当たり前ですが、何もないところからイチから作っていくので
新しく出来上がっていく私が「私」になっていきました。

学生の頃の私とか小学生の頃の私とか証券会社の頃の私とか
それも当然「私」ですけど
ただ生まれてきて生かされているだけで心もあるし芯もあるけど
ただ生活しているだけ?
そんな感じだった気もしなくもない。

やりたいことに出会って
「私の意識で動くことで「私」になっていった」
そんな気がしています。

鍛冶屋の弟子入りは強烈なわたしの人生の転換点なので
「あの時」とわかるのですが
それでも少し時間がたって、あれは本当にわたしの転換点だったなと実感してたんです。




もう少しライトな出来事もいろいろありますが
それらは
その「出来事の後にじんわり道が出来てきた」のを
もっと後で感じる、
そんな感じなのです。

例えば
一番最初に新聞の取材を受けた時。
導かれる_b0072234_12192532.jpg

この冊子は2006年の取材なのですが、
月1で新聞の中に入る折り込みの小さな冊子の1ページとして
取材をしてくださいました。
この取材がきっかけでいろんなメディアに出させていただきました。
昔NHKのグランジュテに出演したのもその大きな流れの中のひとつです。
(新聞をみて取材をいただいた別の雑誌を前取材に持ってこられていたので覚えてます)


この時いただいた取材が大きな道を作ってくれているといっても過言ではないんですね。
(※2004年のラジオ出演が一番最初のメディア出演ですが)



あの時取材を受けた2006年は今みたいにいろんな取材を受けることになるとは
まだ思えておらず
あとで振り返って、これも大きなきっかけだったんだなぁと思いました。


2004年にラジオ出演をさせていただいてから
2006年に新聞の冊子に取材していただいて

それからずっとなので
独立し始めた18年間ずっといろんなメディアに出して頂いています。



そうやって「転機」だったり「きっかけ」だったりは
ある程度時間が経ってから"あれがそうだったんだ”と感じるんですが



今回は
あまりにも強烈であまりにもはっきりと促しがあって
渦中だというのに
起きる前と今がはっきり違う意識になっていることがわかります。
導かれる_b0072234_12503911.jpg


なぜわかるかというと、
一度「渦中的なことに居たのに全く変わらなかった」ことを経験しているからです。笑


資生堂のCMとNHKのグランジュテに出演した時がそうです。

当時、わたしはこれから何かが変わるのかな、って思っていました。

でも、その時めちゃくちゃ忙しかったこともあり
外に出るわけでもなくこもって制作していて
わたし自身変わることがなく
いろいろ言ってくださる方も増えましたが
わたし自身の意識が変わることが然程なかったんですね。


「〇〇」に出た経験があるわたしとしてわたしが成り立っていくだけでした。

(もちろん対外の評価はそれ以前とそれ以降では全く違ってきていますけど)


これはこれで実際本当に大きな出来事だとは思いますが、
なぜか然程変わらない。

自分の中にすでに起きたこと織り込まれていることになっているからでした。


まぁ、10年も経っているので今振り返るとそう思えるだけで
当時はどうなるんだろう?って不安も楽しみもありましたが。笑



先日起きたることは
今までの人生で起きたことがないこと。
(近い経験はあるけどはっきりとはない)
で、
その後に出てくる促しがはっきりしていること。

そしてそれを受け入れていること。


お腹の丹田あたりの意識がちょっと前と違うんですよね。


数日前と今で全く違っていて
同じ意識では全くいないなと自分でわかる。
あった出来事を書いていないので申し訳ないのですけど105.png


紙の表をペラっとめくって裏を見ている感じ。



あったことをなかったことにしない。
(というか、できない)
受け入れる。
たったこれだけなのに、意識がこれだけにも違うのだ、

と自分で感じれるのが面白いです。


導かれる_b0072234_12315304.jpg



『今までの全ての経験が全て「自分」を作るもの』だと思っているけど
まぁ、
これから先、どんなことが待っているのかも楽しみです。

とりあえず、促されるまま行ってみようと思います。



あ、

ただ、目指すものは変わらない。


促されつつも
自分の意図に沿っていく。









プロフィール・作品などはこちらをご覧ください。
      





ゆきぱんをご検討の方はこちらをご覧ください^^
 
    ↓



どうぞよろしくお願いいたします。










by la_forgerone | 2022-03-01 12:06 | 想い