la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

フォロー中のブログ

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:未分類( 31 )

作業台とかわいい鍛冶屋さん

先日福山アトリエに
大きな作業台(右)と
背の高い作業台(左)が設置されました。
b0072234_13515102.jpg
作業台2つをお願いしたのは
いつも大きな物を作る時に
いろいろとお願いしているカモクラフトさん。

お忙しいのに
間に合わせれるようにするよーと
納期短い中入れて下さいました。
皆さん、忙しいところありがとうございました^^

1月から福山アトリエに行く度に
いろんなものを揃えて頂いて
工場敷地内に余っていた?事務用の棚等も工房の中に入れて
汚れを落として磨いて(本当に磨いた)
アトリエらしく内装も変わってきました。

作業台が入るとホッとします。
これからは福山アトリエでも大分集中して制作できそうな気配です。



そういえば
先週か先々週に荷台が工房に届いたんです。
で、あまり気にしていなくて
先週は熱でフラフラで見る気力もなく、
今週福山へ行った時に場所決めの移動をさせようと、近くに寄ったら

b0072234_13515977.jpg

へ?なにか絵が書いてある。

b0072234_13520298.jpg


思わず、笑いました。笑
Fさんの力作です。(ネット検索→エプロンに社名入力→紙にプリント)
かわいい鍛冶屋さんを探してくれてありがとうございます^^




この数週間、
高熱が出たり(インフルエンザではなかったけどびっくりした)
確定申告の入力や仕分け(私は1年ほっぽり投げていた)に追われていたりして
あまりmyアトリエでの制作が出来ていない。

夕方から夜にかけて制作をしたり
夜遅くによったりは出来てるけど。

来週は広島dayにしたので広島での制作を進めようと思います^^




[PR]
by la_forgerone | 2018-03-14 13:58

d design travel 千葉号

D&DEPARTMENT PROJECTが発行してい
今回発行される千葉号

各都道府県ご紹介で広島の担当をさせて頂きました。


b0072234_09204670.jpg

  今回は citéさんをご紹介させて頂きました。
 
  お店の佇まいやセレクトされている品々
  オーナーお二人の雰囲気
  遠くからでも訪れて頂く価値のあるお店です。


  
  ぜひお手に取ってご覧下さい^^


  







[PR]
by la_forgerone | 2018-02-27 09:27

2月、2つの美術館の展示

上野の森美術館での展示が先週中頃に終了いたしました。
ありがとうございました。

兵庫県立三木山森林公園内の
森の風美術館での展示は
3月3日まで開催しています。


兵庫県立三木山森林公園  森の風美術館
『ART+ART=100 今注目のアーティスト展2017』

期 間   2017年2月2日(木)~3月3日(金) ※水曜休館  9:00~17:00
場 所   兵庫県立三木山森林公園  森の風美術館
     (兵庫県三木市福井字三木山2465-1 県立三木山森林公園内)
入館料   大人 500円、子ども 100円

問い合わせ 兵庫県立三木山森林公園  / TEL 0794-83-6100

ぜひ皆様お誘い合わせのうえお越しくださいませ。

b0072234_1951843.jpg
(上野の森美術館で展示していた作品です)


.
[PR]
by la_forgerone | 2017-02-26 19:19

web shopを開設致しました

実は2月初旬にこっそりweb shopを開設しておりました。
本当に何も告知もせずに、こっそりと。
b0072234_1039578.jpg

ですが、web shopを立ち上げた同時にHPには記載していたので
HPをご覧下さった方からのご注文で既にsold outになっている作品もございます。
(追加致しました)
本当にありがとうございます!

小物や照明等も少し掲載しています。
小物以外の作品は基本ご依頼頂いてから制作しております。
sold out 作品も同様に制作させて頂きますので
ぜひお問い合わせくださいませ。
追ってご連絡させて頂きます。

日数は2〜3ヶ月(繁忙期はもう少しかかります)ほどお届けまでお時間頂戴しております。
※前入金となりますことご了承くださいませ。


今まで遠方の方でクレジットカードご利用希望の方もいらっしゃいましたが
銀行振込での現金ご入金のみとさせて頂いていました。
今後、掲載している作品はクレジットカードでのお支払いも可能となりますので
ぜひご検討の方はこちらをご利用くださいませ。

まだ作品数は少ないですが、増やして行きたいと思っています。


3月にはギャルリーワッツ(南青山)で展示会を開催致します。
関東近県の方はぜひぜひ展示会にぜひいらして下さい^^
実物ご覧頂けると嬉しいです☆
写真とはまた違う生の雰囲気を味わって頂けると嬉しいです。


3/21〜26南青山のギャルリーワッツで展示を行います→
カタログ→

[PR]
by la_forgerone | 2016-02-27 23:43

山と木彫りと友人と。

GW明けからの休日&出張で東京へ行ってきました。

前川秀樹さんの木偶のワークショップに秩父の二子山登山、
友人の家に行ったり、美術館巡り、などなど、盛りだくさんで
いろんな友人に会えて満足な日々でした。

ある日の友人宅の晩餐。
フルタさん、美味しいお料理をいつもありがとう♡
めちゃ美味しくて、幸せです♡
b0072234_13295045.jpg
(この写真はフルタさんの写真を使わせて頂いています)

またとある日の友人宅。
b0072234_13315823.jpg
小柴の時にも会っているくぅーちゃん。
少し大人になっていても相変わらず超かわいい。
ゆらさん、美味しいお料理といつも真剣に接してくれて本当にありがとう〜♡

いつもお泊まりさせて頂いている光田愛さん宅。
都会のど真ん中の夜景が美しい。
b0072234_1435214.jpg
お引越し前だと言うのに甘えさせてもらって連泊させて頂いちゃいました。
本当にありがとう!


前川秀樹さんのワークショップでは
木の枝から自分なりになんとなく見えた形にイメージを膨らませて彫っていきます。
参加者が各々顔が付いたモチーフを彫っていて、皆発想が違っていて面白い。
私はいつもテーマを羽根と決めていて
羽根をモチーフに「顔付き」だったり「羽根だけ」だったり、いろいろです。
今回は、何と途中で必要だった部分をがっつり切り落としてしまい
途中でやさぐれてしまいました…。泣
なんとか気を取り直して、そこから見えた形から
やさぐれ感満載の得体の知れないものを彫ろうと彫っていきました。
羽根の形のこういうのが彫りたい!!という毎回あった気負いがなくて
気楽に彫れたのか、なかなかいい表情のとぼけたやさぐれ感のある物体になりました。
題して
「羽根になれずにやさぐれた得体の知れない化け物。」
b0072234_13274895.jpg
正面から見ても反対側から見ても、やさぐれ感いっぱいで、なかなか満足です。笑
そして、毎回楽しみなのが土器さんの作ってくださるランチ♡
美味しいんですー。
b0072234_14534883.jpg
みんなでお外のテラスで毎回頂きますが、その時間も至福な時間なのです。



猿山さん千夏ちゃんと訪れたのは秩父の二子山登山。台風前日です。
投入堂に一緒に行った時の印象から「友紀さん、岩登り好きだよね」とビンゴなチョイス。
とっても怖くて、とってもとっても楽しい登山でした☆

「二子」山なので東と西に山二つ
まずは東岳へ。
適度に岩場があって、超楽しい。
東西に山が別れる谷までの山登りをしていた時にかなりきっついなーって思っていたので
どちらかと言うと岩を登る方が随分楽で楽しいw
途中チェーンを使わないと行けない所もあってヒヤヒヤしながらもワクワクして登ります。
b0072234_13552261.jpg

山頂で見た景色がと〜っても素晴らしかったです。
b0072234_13582978.jpg

さて、東岳をあとにして、西岳へ。
…上級者コースに向かいました。はいw

途中に立て看板2つ。

ひとつ目には
転落事故多発。危険を感じたら引き返す勇気を。
…え…?なんじゃそりゃ……。(心の中)

ふたつ目には
「・・登山者の方へ・・・
 此の登山コースの安全施設、鎖設置は個人の私討、労力で登山者の安全を思い、
 強度、使い易さを充分に考慮して設置しましたが、機多の登山者から、
 (1)鎖が多すぎる、付け過ぎだ。
 (2)鎖は必要ない。
 (3)鎖が取れたら、責任を執って呉れるのか。
 など、
 不評に付き全ての鎖を撤去したので鎖は有りません
 此のコースを通行する方は、充分に注意して下さい。」

…とな。。。。
  
な!なんだとーーーーー!!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ!!

 上級者コースをこちらのblogの方が詳しく書かれています。ご興味のある方はご覧下さいw)

でも既に結構登っていた私たち。
千夏ちゃんと顔を見合わせ、だ、大丈夫なん?これってマジ?って言いあいながら
後ろに付いていきます。
大丈夫よねー………………。。。?(わずかな希望…w)

んがっ!!!
出たーーー!!!
切り立つ岩山ー!
b0072234_13403780.jpg

看板通り、チェーンなし!
どこ所を登ったかと言うと、↑右の斜面の所がそれです。直角に近い所もっ!

少し登り始めて、やっぱり怖い。
でも、途中で引き返すのはもっと怖かった。
だって、あんな直角に近い所足場探しながら降りるの無理っす。
とにかく、ロープもチェーンもない所をよじ上ります。
こわいよこわいよ、とのぼりました。
ここ、休憩できるよ〜^^ と猿山さんににこやかに2カ所ぐらい言われましたが
足下を見るとくらくらするので休憩もせず(できず)
後ろをほぼ振り返ることもせず(できず)(※ 後ろは空、遥か目線より下に他の山々)
ただひたすら怖いよ怖いよ… _| ̄|○ と登りました。

登り切った瞬間!!!!
とにかく超楽しーーーーー!
に心が変化しますw

西岳を下っている時の写真を猿山さんが撮ってくださっていたので添付します。
自分じゃ余裕がなくて撮れません。
b0072234_13505269.jpg

b0072234_1351616.jpg

これでも斜面は緩やかです。

怖かったけど、超楽しかった。
降り切るまでが遠足。
無事、車道に出た時に本当にホッとしました。
また登りたい!と浮かれていたら、投入堂の時のAさんも登りたいと言う話がちらほら。
うふふふ。楽しみです。
(普段は色付きの投稿はほぼしませんが、驚きと怖さをアッピールしてみましたw)


ちなみに、筋肉痛もさほどなくて、ホッとしました。
さすがに脇の後ろ下あたりの筋肉はあまり使うことがないせいか凝りに似た痛みが。
岩を登る時にここの筋肉使うのねと面白かったです。
翌々日には筋肉痛は全く残っていなかったので
普段の制作でどれだけ体を使っているのか実感した私です。


東京滞在記、まだまだありますがひとまずここまでで(長いし)。
また後ほど!
[PR]
by la_forgerone | 2015-05-24 14:45

宮島の老舗旅館岩惣での昼食会のお知らせ

昨年末から折に触れblogでご案内していました
人間国宝能楽師 梅若玄祥先生の能舞台「紅天女」が
3/7に廿日市のさくらぴあで上演されます。

お舞台に先駆けて前日の3/6に
梅若先生の講演会が宮島の老舗旅館 岩惣さんで開催されます。
うれしい昼食付き。

岩惣さんは紅葉谷と隣接していてとても趣のある老舗の旅館です。
ただ、広島にお住まいの方は宮島にお泊まりすることはなかなか少ないかもしれませんね。
その分だけ岩惣さんにちょっと敷居が高いと感じていらっしゃる方もいるのかも…?
そして、
私と同様にお能に興味を持ってはいても少し敷居が高いと感じていて
なかなかお能を観劇しに行けずにいらっしゃる方も多いのかも…?
そんな方々にも気軽に参加できる会となっていると思います。

お能を楽しむ入り口として、普段馴染みがない方も
ぜひこの機会に岩惣さんで人間国宝能楽師の梅若先生のお話をお聞きになられませんか?
(6日はお能の舞台ではなく、お能をテーマにした楽しい談話会となります)

ちょっと大きめに写真をUPいたしますのでぜひご覧下さい。

b0072234_042085.jpg


  「人間国宝 能楽師 梅若玄祥 昼食談話会」

  梅の花咲く頃 いにしえ香る宮島で雅な昼のひとときを・・・
  ----------
  ■梅若 玄祥(シテ方 観世流 能楽師)
  重要無形文化財 各個認定 (人間国宝) 保持者・日本藝術院会員

  ■聴き手 西尾 智子(芸術文化プロデューサー)
  ----------
  ■とき 平成27年3月6日(金) 12:00~14:15
      受付 11:30~ / 昼食 (岩惣 特別懐石膳) 12:00~13:00 / お話 13:15~14:15頃
  ■ところ みやじまの宿 岩惣
      宮島桟橋から徒歩 約15分 / 宮島桟橋から無料送迎バスあり 約10分 (※要お問合せ) 
  ■会 費:6,000円 (昼食代・お土産含む/お飲み物代 別)
      当日のキャンセルの場合、会費の全額を頂戴いたします。
  ■お申込み・お問合せ:岩惣 TEL(0829)44-2233
  ■主 催:みやじまの宿 岩惣
  ■協 力:DANCE WEST・廿日市市文化協会
  ----------
  ~翌日 3月7日 梅若玄祥師 主演・演出の新作能「紅天女」がさくらぴあで上演されます


岩惣さんにご連絡の際には私のblogをご覧になられたことをお伝えくださいね。
私も当日ご案内したりと会場におりますのでぜひお声掛け下さいませ☆
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by la_forgerone | 2015-01-20 00:24

金麦 広島版

テレビを持っていないから知らなかったけれど

先週あたりから

ちまたでは

「金麦」のCM
b0072234_21543852.jpg

(私がちょびっと出させて頂いた広島版のCM ) が流れてる、、

みたいですね。


友達に“今”聞いて知ったっ〜〜〜〜!驚笑!


広島にお住まいの皆様、ぜひご覧下さいね☆
[PR]
by la_forgerone | 2014-11-10 21:56

Merry X'mas

X'mas eve
和食を食べて、ワインを飲んで、
フォンダンショコラを食べて
クリスマスツリーを眺めて
メールを送って
ミサに行きました。
ミサは多分、、7年ぶり。
久しぶりに厳かな気持ちになりました。
b0072234_2162122.jpg

b0072234_2162497.jpg
b0072234_2165353.jpg

b0072234_2171145.jpg


7年前のX'mas、、、
想い出したらもう既に過去の事だと笑って話せるけれど
いろんな想いがその日にあったのでした。
以来ずっと思い出すのが嫌で行けませんでした。
そろそろただただ幸せを祈る事ができる時間が過ぎてくれたのだな、と。

b0072234_2173922.jpg


メリークリスマス☆
[PR]
by la_forgerone | 2012-12-25 02:20

ある1日

友人達とうちで集まって鍋。
昼過ぎから集まり、今日はまだ暑いねと言いながら部屋で大粒の夕立を眺めた。
b0072234_10252674.jpg
雨の通り過ぎた河川敷におりて川を眺めたり、夕焼けに変わる空を眺めたり、散歩の犬と戯れたり。
b0072234_10263877.jpg
b0072234_10265192.jpg
b0072234_1027844.jpg
鍋が終わりキャンドル灯してお酒片手に各々好きな本を探して読んで
b0072234_10255988.jpg
そんなのんびりな1日。
夏の終わりを感じた日。


[PR]
by la_forgerone | 2010-09-25 10:36

ウィリアム・ケントリッジ展

先日、随分前ですが南区民文化センターで広島現代美術館で開催中のウィリアム・ケントリッジ氏の
ライブパフォーマンスがあるということで友人と2人で行ってきました。

b0072234_8105627.jpg

実は日本の美術館の巡回展の中、日本では広島だけの1回かぎりの公演。
ぜひとも行かねば!!と、まだ現代美術館での展示を見ていなくてどんな作品たちがあるのか全く知らず
先入観なしで見に行ったのでした。

自作テキストの朗読と、ケントリッジが登場する映像と本人が共演するパフォーマンスをミックスしたステージで
ニコライ・ゴーゴリの短編戯曲「鼻」(1836)とこれを原作とするドミートリイ・ショスタコーヴィチ作曲の
同名のオペラ(1930)が題材となっています。

それは、不思議な時間でした。
映像と実像のmixで3次元なのに2次元の中にもいるような別空間的なものを作り出していて
ケントリッジの朗読がより、それを盛り上げていた。

それにしても、一番前の席を陣取ってじっくり見れてよかった(めがね忘れたの)。


そして、昨日、納品、採寸、打ち合わせの合間にやっと現代美術館で開催中の本展へ。
見た映像もちらほらあり、見た映像のドローイングもあり、
視覚と聴覚の不思議を体験したり。
視覚と聴覚・・・これって不思議。
どうしやってこういうの描けるんだろう?
どれだけの莫大な時間を費やしているんだろう?

あのチャーミングなおじちゃんのなかに、どれだけのエネルギーがあるんだろう。


ライブパフォーマンスも本展も、とても楽しめたウィリアム・ケントリッジ展。
会期はあと少しです。
新緑に包まれた現代美術館。
GWにぜひ。



取材していただいた本「家具と人Living with Modern Crafts」のお知らせ→
メールマガジンのお知らせ→

[PR]
by la_forgerone | 2010-05-03 08:18