la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:和文化・和装( 4 )

観月能

話は前後しますが先月厳島神社で開催される観月能へ行ってきました。

友人の岩惣の女将の玉希さん、神迎神事にご一緒させて頂いた三斎流の梅村先生、
雅美ちゃん、晶子ちゃんの5人で行ってきました^^
これまた展示で3月に東京に行っていた時に今年の秋に行きましょう!と盛り上がり、
皆さん東京、京都から皆さんいらして下さいました。


演目は人間国宝の能楽師 友枝昭世氏の「羽衣」。
厳島神社の能舞台でお能を観劇させて頂くのはまだ数えるぐらいなのですが
今回も美しく幽玄で幻想的。
満ちる潮の音と鼓と笛の音も重なって、何とも言えない時間でした。
うっとりと浸って見ていたらなんと!大きな流れ星まで流れましたよ!
水面に揺れる灯りが面や舞台をゆらめくように照らし
そこにいるのに時代を超えて私達は存在するかのような錯覚になり本当鳥肌たちました。

b0072234_1392167.jpg
b0072234_132472.jpg
b0072234_133011.jpg


少しずつでもお能や日本の伝統文化に触れる事をして行きたいなぁと
昨年強く感じ、少しずつ少しずつですが、
友人達のおかげでいろんなものを観る機会が増えていきました。
ありがとうございます。

少しずつでも作品に活かしていきたいと思います^^



.
[PR]
by la_forgerone | 2016-11-11 13:16 | 和文化・和装

縮景園観月茶会

中秋の名月、とても大きな満月でしたね。
昨夜は縮景園観月茶会へ友人達と参加してきました。

野点と本室での2回のお茶席が設けられていて、
まずは野点から。
始まる前には夕暮れ時。
お月様はまだ出ていません。

b0072234_10575665.jpgb0072234_1058331.jpg
お茶菓子にはお月見団子と月兎。

b0072234_10584152.jpg
炭の火が気持ちいいですね。

野点の後には回りも暗くなり、大きなお月様。
お月見団子とすすきとお酒、あけびなどがお供えしてありました。

b0072234_1142792.jpg

お月見団子は小さい頃に母が毎年作ってくれていて
お団子好きなのでとても楽しみな行事のひとつでした。
懐かしいな。

お茶室での時間まで少しあるので大きなお月様を愛でながら縮景園をお散歩。
とてものんびりできるいい時間でした。
皆と話す内容は面白おかしい話題でしたけどw

b0072234_1112054.jpg
お茶室はこちら。
b0072234_1114595.jpg
お茶事が終わり痺れた足が元にもどってお茶室から出て庭を見ると
夕顔がお月様に映えていました。
何とも大きくて明るいお月様。(携帯画像なのでぼんやりですみません)
b0072234_1125252.jpg



縮景園を後にして向かうは友人宅。
THE!鴨鍋!
b0072234_1184283.jpg

風流な観月茶会の後はやっぱり胃袋をみたしたいですよねww
いつものみんなで大笑い。笑
楽しい時間でした^^

b0072234_11153274.jpg

夜中に家に戻り、お月様があまりにも綺麗なので
ベランダに椅子を出し、
大きなお月様を愛でながら
しばし ぼーっと眺めていました。

今日も大きなお月様がきっと見れますね。
ベランダでゆっくり月見酒としゃれこもうと思います。
[PR]
by la_forgerone | 2015-09-28 11:19 | 和文化・和装

梅若六郎玄祥師 人間国宝認定御祝いの会

シテ方 観世流の能楽師 梅若六郎玄祥先生が人間国宝になられた祝賀会
「梅若六郎玄祥師 人間国宝認定御祝いの会」に出席してまいりました。
とてもとても華やかで晴れやかな会でした。

開場の少し前に受付を済ますと待合室へどうぞと勧められ
そこにはお茶席が設けられていていました。
けいさんと二人でお抹茶を頂きました。
ここでの写真を撮っていなくて、、少しだけ残念。
お着物でいらっしゃる皆さんのお召し物が本当に素晴らしくて
二人で素敵ね素敵ねと何度も言い合っていましたw
そのうえ、タカラジェンヌの皆さんがいらしていて、彼女達の美しさに目が釘付けに。
お人形のような、と言う言葉がぴったりです。
待合室なので近距離で美しい方々を拝見することができてしまい
パーティが始まる前に皆さんに見とれてはドキドキしてしまいました。

会場の入り口には認定書が飾られていました。
「認定書」なんてあるんですね。
当然ですが、、、初めて観ました!
b0072234_23523780.jpg

b0072234_23543329.jpg

なんと、とてもいいお席をご用意して頂いていて、、恐れ多い…。。
これはもう本当、けいさんのおかげです。
ありがとうございます!!泣!

会は上七軒の芸妓舞妓の舞で始まります。
芸妓の舞が観れるなんて!感激♡
一度観てみたかったのです。
b0072234_23542567.jpg
b0072234_23552961.jpg
とても美しかった…。

会の発起人の皆さんからの祝辞の後に
能楽師のみなさんによるお祝いの謡(うたい)の「四海波」が。。
一斉にお立ちになっての祝謡(しゅくよう)がはじまると
私、感動して鳥肌経ちました。
一生に一度あるかないかの贅沢……!!
真後ろで聞いていました!!(写真なんて撮れません…)

そして、鏡開き。
b0072234_025713.jpg

芸者さんと舞妓さんが各テーブルを回ってお酒を注いで下さります。
b0072234_084639.jpg
b0072234_094010.jpg

舞妓さんに釘付け。
その後写真を撮ってもらっていました♡
b0072234_016237.jpg
b0072234_23574248.jpg

女優の高橋恵子さん
b0072234_23575526.jpg

歌舞伎役者の片岡仁左衛門さん
b0072234_022298.jpg

宝塚娘役トップスターのお二人(OB?)による生「スミレの花咲く頃」!
あまりの贅沢さにめまいが。
b0072234_2358699.jpg

宝塚の月組、花組の皆様。
あまりに美しくて彼女達の周りだけ金粉が降り撒かれていました!!
b0072234_2358248.jpg

西尾智子先生。
なんと西尾智子先生宛にバレエダンサーのマイヤ・プリセツカヤさんから
祝辞まで来ていました!!
b0072234_0212493.jpg

梅若六郎玄祥先生。
先生のお舞台を観れるのが本当楽しみです。
b0072234_23585544.jpg

先生が襲名された時に出されたお酒。
とても美味しいお酒でした。
b0072234_2359418.jpg

お料理は吉兆から。
b0072234_041637.jpg



b0072234_11385819.png

芸者さんとけいさんと私。
b0072234_0572297.jpg

最後に西尾先生と皆で!!
b0072234_11401523.png


とても素晴らしい会に出席できて本当に嬉しく思います。
ここで感じたこと、今後の指針としたいと思います。
がんばります。

まだ少し写真がありますのでまたup致しますね。
[PR]
by la_forgerone | 2014-11-28 09:40 | 和文化・和装

梅若六郎玄祥先生の人間国宝祝賀会へ

先月に続いて京都大阪へ。
訪問着に身を包んで向かう先は、リーガロイヤルホテル大阪。


シテ方 観世流の能楽師 梅若六郎玄祥先生が人間国宝になられた祝賀会に出席してまいります。

b0072234_2105588.jpg


梅若六郎玄祥先生は日本最大の能楽の流派 観世流 の中でも
江戸時代から続く由緒ある名家の第56代ご当主。
主に室町時代~江戸時代に書かれた「古典能」へのご出演や
長く演じられていない能の復曲だけでなく
明治以降に書かれた「新作能」にも精力的に取り組んでいらっしゃいます。


これまで能楽界で人間国宝(重要無形文化財各個認定者)に認定された方は
シテ方、ワキ方、囃子方、狂言方を含めて40人あまり。
このうち、ご存命でいらっしゃるのはわずか10人あまりです。
能狂言の上演回数そのものが少ない広島では人間国宝の方々の至芸を拝見する機会も
もちろん御縁をいただく機会もとても貴重です。


「人間国宝になられた祝賀会」と言う晴れやかな場に
お招きいただくきっかけになったのが
今年8月に幟町茶寮で開かれた食事会でした。


梅若先生を長年プロデュースされている西尾智子先生 (大阪フェスティバルホール芸術プロデューサー/広島女学院大学 客員教授) を主賓に迎え
広島で活躍する女性たちが集まった「女子会」です。
宮島の老舗旅館「岩惣」の女将 岩村玉希さん、RCC中国放送の松岡千映さん
フリーアナウンサーの藤井尚子さん、宮島観光大使の岩藤綾子さんをはじめ、和文化に関心の深い女性ばかり。


それ以来、西尾先生の広島ご滞在中に大学の講義を聴講させていただいたり
バレエダンサーの熊川哲也さん(10代のころからプロデュースなさっています)の
エピソードを伺ったり・・・
バレエ「カルメン」を観劇させて頂いたりと
とても刺激的な時間を過ごさせていただいています。
b0072234_10463258.jpg


もう数時間後には祝賀会が始まります。
とても美しく華やかな世界を垣間見てきますね。




出席のためのお着物は淡い生地をベースに茶屋辻風景の緻密な風景模様が描かれた訪問着。
帯はシックな正倉院文。

b0072234_1313452.jpg


着付けは京都で着物教室をされていらっしゃるけいさんにお願い致しました。
けいさん、ありがとうございました。
[PR]
by la_forgerone | 2014-11-26 12:22 | 和文化・和装