la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

HOME.

東京の展示会の時にケータリングをお願いしたHOME.のフルタヨウコさん。
広島の展示会ではジャムとスコーン(販売品として)をお願いしています。


東京へ行った時に一緒に食事をしたり、いろんな場所に旅行に行ったりの仲良しさん。
最近では沢山の雑誌に出られていて(それら全てを見ることはできていないけど)
本屋で見かけては「おー、この台所は〜」とか思ってにまにましています。

フルタさんのジャムやスコーンはARTS&SCIENCEで販売されいたり(夏と冬のイベント)
ここ最近ではソニア・パークさんのお気に入り品としてCasa Brutus で紹介されていました。
料理家であり、カメラマンであり、ライターでもある彼女。
知り合う前に読んでいた本のカメラマンもしていたりして本当驚きました。
最近では洗足カフェやクラウドカフェでもお料理を振る舞われています。
彼女のお料理はとっても美味しいので食べれる機会の多い東京の人達がうらやましい…。

広島の方にもフルタさんのお味をぜひ堪能して頂きたいなぁと思って
今回お願いしたのは 酒粕のスコーンとプレーンなスコーン、そしてジャム3種。
数は多くご用意できていませんので気になる方は早めにいらして下さいね。


b0072234_8441221.jpg


la forgerone展
〜静寂に溺れる〜 in HIROSHIMA

2012 5/3(木)〜8(火)
12:00〜19:00(期間中は在廊予定です)

場所 ANCHORET
〒730-0854
広島市中区土橋町2-43 光花ビル101-2
TEL / FAX 082-299-4533
(本展示会は2011年冬に行った東京での展示会の巡回展になります)

 小さい燭台や小物作品などはお買い求め頂きました当日にお持ち帰り頂けるものがございます。
 一点ものとして制作している作品数点は展示終了後のお送りかお持ち帰りになります。
 照明や定番作品はオーダーを承ってからの制作になります。
 オーダのご依頼も承っておりますのでお気軽にお申し付けくださいませ。


[PR]
by la_forgerone | 2012-04-30 08:48 | news

コラージュと倉敷と

昨年末、東京での展示会のオープニングパーティにいらして下さった井上陽子さん
陽子さんが倉敷意匠計画室のギャラリーアチブランチで展示をされると言うことで
わーい!倉敷なら近い〜!と1日のお休みを利用して展示を見に行ってきました。

もともと本や雑誌等で見知っていたけれど実物のコラージュを見るのは初めて。
展示されている作品の数々、かな〜りオススメでした。
飛行機と本もの、箱が欲しかったーー。
かわいいんですよ。。。。
期間も長いのでお時間ある方是非行かれてみて下さい☆
 
b0072234_230420.jpg

 4月24日(火)~5月27日(日)
  『倉敷意匠計画室』さんのギャラリー「アチブランチ
  10:00~18:00(月曜休み)


実はコラージュものってかなり好きなのだけれど、なかなか自分で作る機会がない。
ないと言うか、、指をくわえて端から見てていいなぁと思う作品作りのひとつ。
自分にもこういう感覚があればいいのになぁと見てはしきりに思う。
自分に浮かぶものはやっぱり鉄との何かなんだけど
私がすると何かが違う。
うううーん。

一緒に行った友人と陽子さんと3人でランチをしていろいろお話を。
濃密な数時間でした。
(とっても楽しかった☆ 友達も刺激になった〜と喜んでいたのでよかった♡)
その後は倉敷民藝館と大原美術館!
たーくさんの作品達。
見たいものだらけ。
いいものを一気に集中して沢山見せてもらえました。
古代のエジプトガラス好きだなぁ。金や銀が入ってるなぁ、貴族のもの??とか
大原さんってすごいなぁ…昔のお金持ちの実業家って桁が違う…。。
目の前の邸宅もそうだよね、、とか庶民的なことも考えたり。笑

ひとつ残念だったのが普段非公開の有隣荘がキッチンを特別公開していたのに
閉館時間になってしまって見ることができなかったこと。
くやちい。
秋にはまた特別公開があるそうなのでその時を狙って行こう。


人も多くて人酔いをしそうだったけど、やっぱり無理してでも行けてよかった。
見るだけじゃなくってたくさんお話もできて満足な1日でした。

明日は制作の仕上げを。
そしてそれが終わったらご依頼分の続きを。
明日もまたがんばります☆
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-29 23:04 | お散歩

牧草

今日制作の合間、久保アグリファームさんがジェラーshopをopenされると言うことで
私のアトリエの大家さんをご紹介&アトリエを改築くださいました永本建設の永本社長に
早速連れて行って頂きました。

b0072234_075859.jpg

そこには見ての通り、うっわあーーーな空間が広がっていました。
最高〜♪

私のアトリエから山をひとつ越えた所にあります。
山を越えるのが大変なのですけれどね…汗。

ジェラートとっても美味しかったです。
また落ち着いたら行こうとたくらんでおります。
とっても素敵な場所でしたよ!!!
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-29 00:10 | 日々のこと

シール

ずっと“作品用に…"と作りたいと思っていたシールがやっと出来上がりました。
田村君&印刷会社様 ありがとうございます。
shihoちゃんに作ってもらったロゴにシンプルな縁取りを施してもらいました。

b0072234_9222538.jpg


ふふふふ。
少しずつ作りたいものができあがってきてる。
いろいろ話してあぁでもないこぅでもない、こういうのがいいよね〜と
いろいろ話ができる相手がいるのは
嬉しいことだなぁとつくづく思ったのでした。

ひとりでしてるから、やっぱりね、こういう話ができるのは嬉しいのです。
決めるのは全て自分。
でも、自分以外の声って大切。
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-28 09:24 | 製作の日々

中国新聞と朝日新聞

展示会の紹介を中国新聞と朝日新聞でして下さいました。
ありがとうございます。
中国新聞は13日、朝日新聞は昨日の掲載でした。

中国新聞のFさん、Sさん、朝日新聞のGさん、ありがとうございました。

展示会まであと少し。
皆様いらして下さいねー☆
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-28 08:18 | publish/media

亀宴

友人のカピン珈琲の亀谷夫婦が新居のお披露目をしますよとお誘い頂いた「亀宴」。
制作後作業着のまま山口市まで行ってきました。

「亀宴」は沢山の方々がいらしてて…何十人いたんでしょう。
皆が楽しんでいました。
亀ちゃん夫婦の人徳ですね。
いいな、人が沢山集まれる広いお家。

親しくさせてもらってる亀谷夫婦、濱中史郎さん・しほさん、たかこさんはホスト側なので
他の皆さんとお話しすることとなるのですが
99%はじめましての方々の中では私もはっきり言って人見知りです…笑
(自身がホスト側の場合はあまり人見知りはしませんが。)
慣れるまではどーしよっどーしよっ、て感じでしたが
徐々にお話しできはじめ最後にはわいわいしつつゆっくりしつつ楽しめたのでした。

お家は日本家屋を改築。
昔のままの部分と今の生活styleにあった空間の両方を作っていてそこには古くて新しい空間が。

b0072234_8464081.jpg


亀ちゃん達のセンス溢れる空間はとても居心地がいいので
またお泊まりに行かせてもらおうーーとたくらんでおります。
翌朝に淹れてもらった珈琲のおいしいことおいしいこと。おほほ。


素敵なお家。
私もお家欲しいなぁ。
亀ちゃん、ありがとうね。
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-23 08:50 | 日々のこと

人はなぜ感動するのか

「見た目の真新しさや最新のテクノロジーは1時間もたてば色あせてしまう。
 人がなぜ感動するのか。
 周りの空気を変えてしまうオーラをモノにどう持たせるか。
 その仕組みが分かれば、10年後にも魅力を失わないモノができる」

感動するものを作ることはとても難しいことです。
もの作り、それは人の感動を意図して作れるものではないから。
(身体を支える為の安心感のあるフォールドやラインは意図していますが)
意図していない所に人が思いを寄せてくれている。
それは制作者としてかけがいのないやりがいでもあり喜びでもあります。

東京での展示会の時に遠く仙台や東北にお住まいの方がいらして下さり
震災後とても気持ちが落ち込んでいる時にTVで見てきれいなものを見て癒されました。
夫がなくなり気持ちが浮かばない日々が続きとても悲しい時に見て
涙が出てきて癒されました と
おっしゃって下さった方々が数多くいてくださり
自分の意図していない所で何かを感じてくれている方々がいると言うことを知りました。

私の作る物はどちらかと言うと今の流行りのシンプルなものや
デザインの研ぎすまされたもの、または反対のナチュラル系のものではなく
多少華美であったり
装飾性があるモノを作っています。
自分が好きで流行りと違うものを作って入るものの
それでも時折自分の作風を振り返り
このままでいいのか、もっとジャンルを変えた方がいいのではないか、、等と
いろいろと考えてしまうことがあります。
結局は好きで作っているものだから変えれないし
好きなものが変れば自ずと変って行くのだからそれに身をまかすしかないなと
結論はいつも一緒なのですが
それでもぐるぐると考え続けます。

人が何故感動するのか
周りの空気を変えてしまうオーラをモノにどうもたせるか

仕組みはまだまだこれっぽっちもわからないけれど
誰かがふと魅入ってくれるもの作りを続けて行きたいと思ったのでした。

「 」の中は新聞に掲載されていた言葉だそうです。
たまたま目にして心に残ったので書き留めておきたいと思ったのでした。
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-19 23:46 | 想い

カタログ

お待たせしておりましたカタログお申し込みの皆様、
4/18朝の時点でご入金の確認ができました方々には
メール便でご郵送させて頂きました。
お届けまでに数日かかると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします☆
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-19 10:05 | news

伊勢の桜

今年の桜は少し遅く、伊勢でもまだ随分と残っていてくれて
風が吹くたびに軽く桜の花びらが舞う時期に訪れることができました。

敷き詰められた 薄青の 白の 小石の上に
はらはらと舞いかぶさる薄紅色の小さい花びら。
淡い色のグラデーションが足元に広がり何とも言えない美しさが一面中を埋め尽くしています。

この淡さはなんとも儚くて
そっと手ですくいたくなる衝動に駆られてしまう。
だけれど
すくってしまうと まるで花びらの軽さしか感じていないこの儚さは
小石の軽い重さで現実を思い出すことを知っているので
じっと足元を見つめるだけにしていました。

薄青、白、淡い桜色
薄青、白、淡い桜色
淡い世界が広がっている。

b0072234_0541192.jpg

二見浦海岸沿いのお屋敷の中。
ここの桜も見事で中庭はまた同じように
薄青と白の小石と桜の花びらで埋まっていました。
[PR]
by la_forgerone | 2012-04-19 00:57 | お散歩

伊勢へ

先々週から体調不良が続いていてとうとう15年以上ぶりの喘息。
そしてそのまま風邪に突入しダウン。
ここまでは仕上げないと!!という所までは何とかだましだまし制作をして
そのまま寝込んでしまいました…。
その後何とかむりやり回復させて伊勢、東京へと旅立つ私…。


伊勢に訪れたのは伊勢神宮へ行く為です。
前日まで寝込んでいたのでゆっくりとまずは外宮詣でを。
外宮内を探索し始めると嘘のように身体が回復していきました。
弱っていた身体にいい気が入って行くのが自分でもわかります。

内宮につくと外宮で感じていた気よりももっと大きなものを感じます。
生茂った森、樹々から感じる気配。
聞いていて期待してきて来たけれど、本当にいい。
 神楽殿での御饌(みけ)もして頂きました。
 いつか正式参拝もさせて頂きたいです。

内宮から外宮近くにとった宿に帰るタクシーの中で早朝参拝を勧められた私たち。
早朝参拝をしたいとずっと思っていたのだけれど同行者に朝5時に参拝をしたいと
言う事ができなかったので「これ幸い」と早朝参拝しない?と聞いてみました。
タクシーのおじちゃん!ナイスフォローです。ありがとう。

翌朝5時過ぎに外宮へ。
朝の厳かな景色は昨日の参拝者でいっぱいの伊勢神宮とはまた景色がひと味違いました。
そのままタクシーで内宮へ。
早朝参拝がいいと言って下さっていた方のおっしゃる事が本当にわかります。
b0072234_10431219.jpg

しんとして自分の玉砂利を踏みしめる足音と森の声と水音。
地元の恐らく毎日参拝されてるだろう方々の足音。
参拝する時の拍手の響く音。
しんとした中で響き渡る音のひとつひとつ。
どれをとっても染み渡る。

行ってよかった。


次はひとりで行くかもしれない。
ここでふと感じる言葉、ふとよぎる思いを自分につなぎ止める時間が必要だと感じたから。

b0072234_10423463.jpg

[PR]
by la_forgerone | 2012-04-16 10:49 | のんびりと・・・