la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

命日

明日は師匠(マスター)の命日です。

昨年13回忌で懐かしい皆さんとお会いした会があったのがついこのあいだのようです。
もう14年になるのです。

14年も経つのに
まだ想い出すと涙が出てきて止まらなくなるときがあります。


昨年末にはマスターのお兄様もお亡くなりになられていて
(お兄様の鉄工所の敷地内にマスターのアトリエがあり、
 私も10年ぐらい通っていて長年皆さんに可愛がって頂いていました)
電話で聞いた時に涙が出て止まりませんでした。
お花を持ってご自宅にお邪魔させて頂いた時も
1時間以上も涙が止まらず奥様を困らせていたと思います。

こういう悲しいという気持ちは月日が解決すると思っていたけれど
10数年経っても、涙が出てきてしまう。

普段は笑ってマスターの話とかできているんですけどね、
ガツンと泣いてしまうときがあります。
なんでか、わかりません。

こんな人になりたいという姿を近くで見て
修行させてもらっていた20代から30代中旬。
道は遠いです。。

ルテスの時代、修行の時代
ノスタルジックな色を帯びて大切な大切な想い出です。

私は本当にいい時間、いい時代を過ごせたのだと思います。
宝物です。


ここ数年迷いや不安でいっぱいだったのが
去年秋あたりからそういうのが随分減ってきてました。
でも、まだそういう迷いとか不安の大きな塊のようなものが
へばりついていて私の中にしっかりとあったのだけれど
ここ数日で流れ出してどこかにいってくれた気がします。
小さい欠片はありますけどね。

先日UPしたように
ただただ、創る。
ただただ、する。
そうしていこうと思えてから流れた気がします。

辛い時間は糧になるけれど
大切なキラキラした思い出にはなかなかなりにくい。
でも色味を増してくれるアクセントにはきっとなる。

数年後にこの数年を思い出した時に
マスターやマスターの彼女さん、お兄さん、お兄さんの奥さん、皆さんとの思い出のような
幸せな色を帯びた想い出に変わるかもしれない。


「 あなたが空しく生きた今日は、
  昨日死んでいった人が、
  あれほど生きたいと願った明日 」

マスターが亡くなってからずっと頭にある言葉です。
毎年この時期は
この言葉をずっとリフレインしています。
この言葉に励まされ背中を押された日がたくさんありました。

「なんとなく過ごしている」日々が続くと
なんとなくな人生になります。

自分でくだらないなーって思う時間を過ごす日々が続くと
やぱり自分でくだらないことばかりしたなぁと思ってしまう人生になります。



「 あなたが空しく生きた今日は、
  昨日死んでいった人が、
  あれほど生きたいと願った明日 」


大切な時間を大切なことに使う。
そしたら大切な宝物のような人生になる。





素敵な宝物のような思い出を
これからたくさんたくさんたくさん、作っていきます。



マスターとお兄さんへ

      
b0072234_20362842.jpg




[PR]
by la_forgerone | 2018-09-09 12:07 | 想い

この夏の

今夏は日本の各地で災害が連続して起こっていて
私たちは
地球という降りることのできない乗り物に乗っているんだ…
ということを戦慄とともに実感しています。

広島をはじめとする中四国の土砂災害、洪水、
近畿地方での洪水、
北陸東北での土砂災害、
関西の台風による被害、
そして今朝の北海道の大地震。

ここまで連続して、しかもこの短期間で
日本中が災害に遭うなんて想像もしていませんでした。
世界中でも大地震、洪水、噴火が起こっていて
欧州でも異常気象。

地球は地殻変動の周期に入ってきているのでしょうか。。。

今のこの瞬間にも日々の暮らしをいつも通りになんてできない状況にいる方が
たくさんいらっしゃると思います。

今私は無事に過ごしていますが
いつ何が起こるかわからない、、
そう思ってしまっています。




少し昔の話になりますが、
2011年、私はテレビの全国放送の密着取材を2番組お話を頂いていました。
(共に30分)

1つはBS-TBSです。
3月6日に放送され、
第2回目の放送の予定日は3月13日でした。
ですが、3月11日にあの東北大震災が発生し、
予定は当然変更になりました。
数日後に、翌週には放送しますと連絡があり、
震災の翌々週ぐらいには放送されました。

もう1つはNHKのグランジュテ。
こちらは秋頃の放送でした。
これもアンコール放送があったので、何回か放送されていると思います。

2011年の年末に東京で展示会を開催したときに
お越し下さったお客様の中に
東北の方が何人かいらっしゃってくださっていました。

作品がテレビで流れているのを観て
美しくて綺麗でホッとして
泣きたくても泣けなかったのに
涙が出てきてやっと癒されたんです。

何人もの方が泣きながらそう私に伝えてくださいました。
被災をされた方やご主人を亡くされた方でした。

他にも
「あの時の放送を録画して何度も見て
 私もがんばろう!と自分に喝を入れているんです。」と
7年経った今でも おっしゃってくださる方がいます。


それまで私は「作品を創る」という行為は
 
自分の自己表現のためだったり
ご購入くださるお客様のためだったり

そんな気持ちで作っていることが多かったのですが


震災後、

作品を見るだけでも癒される人がいる
元気を出そう!と思う人がいる
ということを知り

綺麗だなぁ、いいなぁ、可愛いなぁ、
そう自分が心から思えるものを
ブレずに作り続けようと決めました。


見たときに

「夢みたい」
「綺麗…」

溜息が出るような
ホッとできるような
心躍るような
心が温かくホワッとするものを作る。

今日また強く強く思いました。


今の日々の暮らしの中で
私がしていこうと思うのは
「ただただ、作る。」
それを続けていく。
迷いも不安も多いけれど
ブレずに作る、作り続ける。

そう在り続けることで、
もしかしたら作品を通して
私のことを知ることもない
近くに遠くに住む誰かの心を暖かくできるかもしれない。


この夏、、
この夏は いくつかの新作の作品を作っていました。
ひとつはシャンデリア。
ひとつは秋にお披露目のとあるもの。
もうひとつは新作の燭台。

いろんなものを作りますが
それらが
見ていただいた人々の心の中に
ホッとした気持ちがふわっと咲くような
作品になりますように。

b0072234_21100086.jpg
(写真は定番の作品:粒子)




広島含め全国各地の被災地にお住まいの皆様、
また被災地に大切な方がいらっしゃる皆様
本当に心労の多い時間を過ごされていると思います。
余談を許さない状況が続いていますが
1日も早く安否の確認、救助、
必要な物資の配給が行われることを心からお祈りいたします。




[PR]
by la_forgerone | 2018-09-06 20:19 | 製作の日々