人気ブログランキング |


la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
自分攻略
未分類

フォロー中のブログ

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

職人らしい手

昔、鍛冶屋を諦めていた時に
彫金(シルバー)を習っていたことがある。

当時練習にと作っていたものを見ていたら、
なんとも華奢!!!なのに驚いた。

中指用の指輪は節で止まり
バングルは途中で骨に阻まれ入らない

師匠が晩年
「職人らしい手になったな」
と言ってくれていたのを思い出した。

気づいたら
小さくて華奢な手はもうなくて
大きさは変わらず小さいけど
節々のある手に変わっていた。

肉がなく、薄い手だったのに
親指の付け根は肉厚で隆々と盛っている

中指6号サイズの指輪はもう入らないし
ピンキー0.5号サイズの指輪なんて入るはずもない。

バングルに至っては
見た瞬間になんてちっさいの!って驚いた。

鍛冶屋の仕事に出会い
弟子入り志願して24年。
24年も経てば、骨の形さえも変わっていく。

もうすぐ私の半生が鍛冶屋であることになる。

こんなにも長い間
ひとつのことを諦め切れずに志していけた
すべての出来事、出会いに、
恩恵に
心から感謝します。

b0072234_11051083.jpg
今晩は宮島の大鎮火祭。
火除けの御守りをまた新たにもらってきます。

皆様
良いお年をお過ごしくださいませ。


la forgerone
岡本友紀






 。 。 。 。 。 。 。 



Instagram実はこっそりしていました。
よろしければ^^
b0072234_13170525.png


by la_forgerone | 2018-12-31 11:10 | 想い

冬至の瞑想

この数ヶ月、instagramのLIVE瞑想にはまっていて
朝から気持ち良い時間を過ごしています。
(朝から5~8000人が配信を聞いているというHappyちゃんのモンスターinsta Live)

昨日は普通に制作する予定で作業着にしっかり着替えていて
お昼頃に街中で予定があったので街に出て、
いざ予定を済ませたら、、、

なぜか、、

急に、、、、

「秋吉台で瞑想がしたい〜!!」


私の中に衝撃が走りました、、、。


お、おい、今からか???

当然、葛藤が始まりますw

でも、
「うん、制作は進んでるし、うん、大丈夫ー」と
自分を安心させて(笑

2時間かけて行ってきましたヨ。

気持ちに抗えなかったーーーーー!!笑!!!



秋吉台は一昨年の今ぐらいから何度も足を運んでいて
ついこの間も行って来たばかり。

全ての季節に行ったけれど、
大人になってから初めて行ったのが
この今の時期だからか

ススキに覆われ風で草木が大きく揺れるこの地に特別な思いがあります。

b0072234_20265386.jpg
この写真は昨年11月頃
b0072234_22535963.jpg
雪に埋まっていた時の景色も言葉にできないぐらい感動しました。



雨が今にも降りそうな中
山の頂に登り
あたり一面を見渡しました。

気持ちいぃーーー!
来て正解!^^
b0072234_20130263.jpg


空に近い頂で
地に寝そべり
天を仰いだ

小雨が身体に柔らかく降り注ぎ始める

時折目を開けると
少しの青い晴れ間に黒い雲が重なり
綿菓子ような薄い灰色の雲が
ふんわりと流れて行くのが見えた

目の前には
雲の「色」だけが広がり
時折
細い細い糸のように紡がれた水滴が
私に降り注いでくる

地の上にいるのは私
私の前には幾重にも重なる雲
私と雲の間には細やかな水滴の糸

私と私じゃないものの境界線

それらが際立ち
溶け合う瞬間を感じた


b0072234_20130216.jpg

数十分、山の頂に寝そべって瞑想。

気持ちいいこと この上ない。
病みつきになりそうです。


だだし、
小雨とはいえど
数十分も濡れると最後はぶるぶると寒くなりました。笑
冬ですもんね。

MONCLERのダウンはやはり優秀だ、と再認識です。
思わず寝袋が欲しくなりましたw

b0072234_20130251.jpg

青い空の下での瞑想を想像して車を走らせたけど
雲があってよかった。

雲が幾重にも重なり
風の流れが見える空の下だからこそ
空と私と地の境が際立って
それぞれの存在をしっかり感じれた不思議な時間でした。


家に帰って
ふと、
「あ、今日は冬至だったんだ」
と思い出しました。

冬至に大自然での瞑想。
気持ちよくて当然ですね^^

そして今日は満月
クリアにすることに務めた1日w
(掃除とコインランドリーでシーツの乾燥とかw)
なんとも浄化の2日間。


気持ちのよいクリスマスを迎えれますように✨











by la_forgerone | 2018-12-23 22:02 | のんびりと・・・

出雲「神迎祭神事」と岡本太郎。

11月は神無月ですね。
ですが、出雲だけは神在月になります。

一昨年にも行って来たのですが
今年もご縁をいただきまして
神迎祭神事の当日に出雲大社の正式参拝をさせて頂き
夜には神迎祭に参加して来ました。

正式参拝では、なんと!!!
千住国造様にお出迎えいただけるという、、
なんともありがたい正式参拝でした。

b0072234_21413910.jpg

写真は正式参拝の後に撮った写真。
真ん中にいらっしゃる宮司さんが祝詞をあげてくださいました。
それも!年の中でも一番大切な神事の忙しい日だというのに
中をぐるりとご案内くださいました。
(宮司さん、尚子先生、ありがとうございます!)

出雲大社の塀の中をぐるりとご案内いただけることなんて滅多にありません。
宮司さんがご説明くださるのを必死に聞いていました。
その時に

塀越しに素鵞社を背にして御本殿の姿を見ながら

「この屋根のお姿(御本殿のお屋根)を見て

 岡本太郎さんが太陽の塔のインスピレーションを受けたのだと

 岡本太郎さんご本人が言われています」

と教えて下さいました。


この塀の中から見ながらご説明頂きましたが、このお姿。です。

太陽の塔って、これ。


b0072234_22290896.jpg


お屋根?の姿?
そうか、そう見える、かも、、
…かも、、、???
…お、岡本太郎さんが見てインスピレーション受けると、こうなるのね、、
b0072234_22283325.png

そして迎えた、神迎祭。
稲佐の浜に数万人が集まります。


b0072234_21565948.jpg
厳かに始まります。

b0072234_21561862.jpg

一昨年も、

あ!!!!神様がいらした!!

という瞬間がわかったので(音が瞬間で変わったので一緒に行った皆がわかった)

今年も意識を集中させていました。


最後の頃目をとじて意識を集中すると

海の方角からブワッと何かが来る瞬間がありました。

目を開けると、

祭の終了の白い蚊帳のようなものを出されて

神様が中にいらして移動を始める準備をされていました。

b0072234_22021584.jpg

ああぁ、やはりあの時いらしたんだ。

感覚でしっかりといらしたことが伝わりわかるものなのだな、、、

となんとなく思っていました。


が!!!!!!!!

終わった後、浜で皆で集まり、

一緒に行った30人ぐらいがそれぞれ撮った写真を見ると!!!!!!


目では見えていないのに

写真で瞬間を切り取ったら、、

そこにはたくさんたくさんたーーーーくさん写り込んでいました。


私の撮った写真。

煙が、、あれ?立ち上ってるな、龍の姿をしているな、と気になって

写真を数枚撮りました。

その時の1枚。

b0072234_21413941.jpg
人のお姿が、立っています。
わかりますか?

そして一緒に行ったメンバーの撮った写真。


b0072234_21414078.jpg


私これ見た瞬間、太陽の塔にしか見えませんでした。

(広島に帰って見せた友人にはお仏像が鎮座しているお姿が見えたという。

 言われるまで私にはわかりませんでした)


この写真を見た時に

岡本太郎さんはこの気配を御本殿から感じていた、見えていた…

としか思えませんでした。

ほんますごい。


加工とか一切なしですよ。

b0072234_22424608.jpg

ほかにもたくさん実はあるのですが、一部だけ。

b0072234_21414020.jpg
右の炎の中に

b0072234_21414056.jpg

のようなお姿があります。

この炎は上の方や下の方もよく見ると、、説明しませんが、ぜひ感じてください。


たくさんのメンバーで参拝し、参加した神事ですが

みんなが何気なく撮った写真に

たくさんたくさんたくさん、それはもうたくさん、、

映り込んでいらっしゃって、


「神様」は、もしくは「そういう信仰の対象となる霊的な存在」

本当にいるんだ、、、

そう思わざるを得ない経験でした。


ちなみに、神迎祭の御使神様は龍蛇神様です。

出雲大社の中では翌日から1週間だけ

龍蛇神様が祀られているのを拝見することができます。


実は、神迎祭の時に撮った写真の中に数枚、

龍や蛇のお姿の写真もあります。

煙の中に人の姿がある写真の次に撮ったものとか。。

(ここには載せていません)

リアルの友人には見せているのですが、

みんなも驚く鳥肌ものでした。


さすがに、

またまたもーーぅって言われそうなので、

ここには載せませんが、

しっかりとぐるっと巻いているものや、目や鱗、まで見えるんです。

すごいですよ。


もちろんこういう写真を撮れたとか

お姿が見れたとか見れていないとかではなくて


神様がいらっしゃるんだ、ということを感覚として捉えれる体験って

現代において霊感でもある人でなければそうそうないと思います。


この神事はそういう何か、、

神様や人が信仰の対象となる霊的な存在だと感じている存在が

「いる」ということを

一般の人でも肌で感じれる神事だと思います。


何千年も続いてきていた大切な神事だということを感じた一夜でした。



それにしても、

岡本太郎さん、絶対見えていたとしか思えません。

すごいですよね!


また来年もみんなで行けますように☆











by la_forgerone | 2018-12-06 23:05 | お散歩