人気ブログランキング |


la forgerone 岡本友紀  作品や制作風景、日々の徒然などを綴ります。 


by la_forgerone

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

la forgerone



HP
裏blog →

web shop →
Facebook →

how to order →
お問い合わせ →
カタログ →
メールマガジン →

・YouTube
資生堂CM出演 →
la forgerone PV 2017
 →
la forgerone PV 2013
 →

.................. 


la forgerone
ラ フォルジュロン 
フランス語で鍛冶屋を意
味する 「 le forgeron 」
(ル フォルジュロン)の始まり
と終わりを女性名詞風に
アレンジした造語。
男性のイメージが強い鍛
冶の仕事を女性らしい柔
らかさで包みたいという
思いを込めて
読み方も少しだけ
アレンジしています。


..................


・CM出演
資生堂 / エリクシールシュペリエル
 → 動画★
サントリー / 金麦(広島版)

・全国番組出演
NHK / グラン・ジュテ 
BS-TBS / 女子才彩
フジテレビ /
キレイのタネ /にじいろジーン
/ こんな仕事があったんだ

・掲載本
家具と人
〜Living with Modern Crafts〜 →

カテゴリ

全体
profile 
publish/media
news
exhibition/event
製作の日々
アトリエ
*シャンデリア・照明
*飾り窓・フェンス・手摺り
*棚・テーブル・椅子
*看板・表札・扉・取手・鍵
*キャンドルスタンド・小物
*オブジェ・モニュメント
日々のこと
想い
お部屋
お散歩
のんびりと・・・
art/artist
和文化・和装
paris janvier'08
雑記
私はこうして鍛冶屋になった。
Living web

gallery (2005~2006)
自分攻略
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2019年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

展示会まであと1週間をきりました

広島市内では桜が各地で咲き誇っています^^

花粉症もだいぶん治ったみたいなので

お花見も落ち着いてできるわ〜💕^^

とか思いつつも、

展示会まであと1週間。


今年はどうやら友達とはお花見はできそうにないので

一人で愛でることにしますw

(昨日とあるpartyに参加しているので出かけてはいるんですけどね)

b0072234_17441053.jpg

津山は桜の名所があるらしいので

丁度その頃には

桜の花びらが舞う様子が観れるのかな、と楽しみです。



展示会1週間前になると

いろいろバタバタしています。


3年ぶりの個展なので、

いつもだったら覚えていることも

すっかり忘れていて真っ青になっていたりもしますが

作るのが楽しいので

なんとかなるだろうと

これ以上慌てないようにしています。

ドキドキ。




この作品「秘密」の対となる作品も今日出来上がりました。

b0072234_23195264.jpg

お披露目できるのが楽しみです。


みなさま是非お越しくださいませ^^




la forgerone

4月6日(土)〜4月21日(日)
場所:「PORT ART&DESIGN TSUYAMA」
岡山県津山市川崎823
https://www.port-tsuyama.com  
時間: 10:00〜18:00
TEL : 0868-20-1682
 
オープニングパーティ
4月6日 11:00〜スタート(無料)
 il-bambino(イルバンビーノ)大賀尊文シェフによる
 フィンガーフードをご賞味頂きながらの会を開催予定。

在廊日 4月6日、7日、21日





by la_forgerone | 2019-03-31 17:50 | 製作の日々

展示会に向けて

展示会前で新たな作品を数点作っています。

楽しいラブ

新作というべきか、

定番の新しいバージョンというべきか。

今はこの作品の対になる作品を制作中。


この作品は

アメブロの方のblogのtopバナーで

私が持っている作品と同じ作品です。

 ワンピース着てるけど、ドキッとするみたい。

 肩紐しっかりあるのにねw


b0072234_23211380.png

違うバージョンを前から作りたかったので

ここぞと作っていて

あと少しで出来上がる。


出来上がりが自分でも楽しみ^^✨




展示会は作品を創るいい機会だなぁと思います。

気持ち的に


仕事として制作している部分が

半分以上を占めているので


ご依頼ではなく新作を作るのは

展示会に向けての時だけになってきています。


ご依頼分はオーダーだけれども

私の定番の作品のご依頼か

新作でも用途をお聞きして

そこからデザインなど新しく考えて作るので

デザインありきで作ることはほぼなく

すべて私のオリジナルなのです。


それでも

オーダーいただいて新作を作るのと

展示会に向けて新作作るのでは

ちょびっと気持ちが違う。


スイッチが違うのかな。



3年ぶりに行う展示会。


久しぶりに静か〜にワクワクしています。



ご依頼の制作も、ちょうど今

大きな立体作品のご依頼をいただいているので(高さ3m)

そのパーツと

展示会の新作を同時に

作りながらの日々。


それにしても作るのが楽しい。



弟子入りしてから24年も鍛冶屋に携わっていると

(個人活動してから15年目)


好きでしているのか

惰性でしているのか

仕事だからしているのか


よくわからなくなるけど

(本当によくわからなくなるんですよ)


いろいろ金銭的にも体力的にも大変な思いをしつつ

けっこうなひどい怪我をしつつも

こんな鍛治仕事してるのは

やっぱり作るの好きなんだよなぁと

しみじみ。



今年は

「目を背けていた、いろんなことに向き合う」

ことをテーマにしているけど



制作に向き合うと

(目を背けては全くいないけど)

作るのが楽しい、と

再確認できて

いい日々です。



岡山県津山市での展示会まで

あと約2週間。


ラストスパート、がんばります〜^^




la forgerone

4月6日(土)〜4月21日(日)
場所:「PORT ART&DESIGN TSUYAMA」
岡山県津山市川崎823
https://www.port-tsuyama.com  
時間: 10:00〜18:00
TEL : 0868-20-1682
 
オープニングパーティ
4月6日 11:00〜スタート(無料)
 il-bambino(イルバンビーノ)大賀尊文シェフによる
 フィンガーフードをご賞味頂きながらの会を開催予定。

在廊日 4月6日、7日、21日



オープニングパーティは午前中からの開催なのですが

よろしければ是非いらしてくださいね。



.




by la_forgerone | 2019-03-24 23:17 | 製作の日々

DIEGO GIACOMETTI

今朝FBを開いたらたまたまDIEGO GIACOMETTI について

書かれていた方の投稿が目に入った💕


DIEGO GIACOMETTI ディエゴ・ジャコメッティ大好き。

昔からDIEGO の作品集を見つけたら買っている。

高いと手が出ないけどw



3年前の4月に友達がロンドンから一時帰国して

「Leo(彼)が蚤の市で見つけて

 友紀さんのお土産にどうぞと渡してくれたんだよ」って

渡してくれた作品集は私の宝物✨

その時のblog はこちら★ 


b0072234_10353884.jpg

19歳の時に初めて訪れたparis。

その中で一番好きになったのは musee de picasso。



b0072234_10384517.jpg


人生で初めてあれだけ多くのピカソの作品に触れ、

圧倒されながらも

その中にあったDiegoの作品にも夢中になった。

かわいいんだ、これが💕



まさかその数年後に

私が鍛冶屋の弟子入り志願をするなんて思いもしなかったけどw



あーん。何年も実物みていない!


今年は行くぞ。

仕事として💕




なので今日も制作行ってきますw

お昼からだけどw




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



FIGAROの記事でディエゴの特集があったので

繰り返し見るためにリンク貼っておきます✨







FB抜粋


b0072234_10485200.jpg




 兄アルベルトとはたった1歳違いだった弟のディエゴ・ジャコメッティ(1901 - 1966)は、アルベルトとともにパリのモンパルナスのアトリエを二人で生涯に渡ってシェアをしていたことで知られています。あまりにも偉大すぎる兄の存在があったがためか、アルベルトの在命中にはほとんど注目を浴びることはなかったディエゴ。幼い頃にはイタリア国境に近いスイスの村に生まれ育ち(そう、彼らはフランス人ではなくスイス国籍なのです)、父母兄弟たちとともに雄大な自然と動物に囲まれた幸福な時代を創作の源にしながら、数々のブロンズ製の家具や装飾品を作り続けたのでした。
 
 ディエゴ・ジャコメッティはジュネーヴの美術工芸学校で彫刻を学んだのちに、アカデミー・ド・ラ・グランド・ショーミエールでロダンの弟子アントワーヌ・ブールデルに学んでいた兄を頼って初めてパリに出ます。それから、ジャコメッティ兄弟は装飾業者のJ・M・フランクの依頼を受けて、1933年から家具デザインや鋳造を手掛け始め、それからおよそ15年間に渡りその分野において共同制作を行いました。その後、アルベルトが自分自身のアートピースの創作に専念することになっていったあとも、ディエゴはというと自分が一番得意とした装飾彫刻の世界に留まり続け、「インベストメント鋳造」という特殊な鋳造(複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法)を主に用いて、82歳の生涯を終えるまで動物や鳥や木々をモチーフにした独創的なブロンズ作品などを数多く残しました。

 ディエゴをモデルにした作品も多く残してたアルベルトの彫刻は、まさに自分の命を削るかのように、または求道者のごとくもがき苦しみながら作品を生みだしていたのに対して、ディエゴの手掛けた家具や彫刻は遊び心があり、また実際に使用できる上にとにかく観るものを楽しませてくれる要素に満ちていました。それは彼の生まれ持ったおおらかな性格によるものから来ていたはずで、ウィットがありセンスも良いディエゴの家具や装飾品を日常使いできるのであれば、日々の暮らしを豊かにしてくれるんだろうなぁと思ってしまうのです。そういった感覚は、スティッグ・リンドベリのプロダクトだったり、またはイームズ夫妻が手がけたプロダクトだったり、アレキサンダー・ジラードといった同時代を生きたモダンデザインのマスターたちにも通ずるものでもあるんじゃないでしょうか。

 机の下に鳥や小動物がいたり、テーブルトップを支えているのが木の枝だったりする彼の(使える)家具を見ていると、ディエゴ・ジャコメッティという人はおそらくお茶目でジョーク好きで、どこか無邪気さを残した子供の心を持ち続けていたんじゃないかと思います。その作品は兄の極限ともいえる芸術への探求精神とは対極とまで言わないまでも、アレキサンダー・カルダーのモービルにも似た、美術館やギャラリーなどよりも、人が実際に暮らす生活空間でより活きるというか、そんな軽やかなアプローチがどこか現代的であり、「人の生活にとって大切ななにか」ということがディエゴ・ジャコメッティの家具や動物の彫刻作品には確実に息づいていると感じるわけなんですよね。



by la_forgerone | 2019-03-23 10:27 | art/artist

昔の夢

友人のお店、Hand-Me-Down が移転して

事務所も増設して

新しく建物を建てられてました。

すごいなー。


そのレセプションにお招き頂き

行ってきたのですが!

b0072234_23230817.jpg



いや〜、すごい✨

素敵すぎました!💕



b0072234_23230807.jpg
b0072234_23230867.jpg






この中にいて、




久しぶりに


ビルが欲しい!


って本気で思っちゃいましたw





11、12年前にビルを借りていて

悪徳大家でとことん懲りたので


心の底から疲れたし、

もういいや、、、

って思ってたけど




いや!!!!

欲しーーーわ!!!





私、最近の自分の可能性を

信じれなくなっていそうだったけど、


自己肯定感も低い状態になりそうだったけど




ダメね、そんなんじゃ!




欲しい!ものは

欲しいのよ!

それでいいw


そう思えるようになっただけでも嬉しい^^



昔の夢、復活💕





屋上でワイン飲んだりしたいなー^^


b0072234_23230876.jpg


まぁ、この景色は↑

今住んでいるお家の景色が超素敵なので

満足しているのですけどね^^✨




古いBMWもかっこよかったです💕


b0072234_23230950.jpg



なんだかいい気持ちをたくさんいただいちゃいました。

お招きくださり

ありがとうございました^^





とっても素敵なお店(2階)なので

ぜひ行ってみてください^^





Hand-Me-Down

広島市中区南千田西町10−28








by la_forgerone | 2019-03-21 23:43 | 想い

岡山県津山市で展示を開催いたします

4月の桜が舞う頃、

岡山県津山市の 「PORT ART&DESIGN TSUYAMA」(web→ にて

展示会を開催いたします。

b0072234_17290217.jpg


昨年の春頃、

「津山の元銀行の建物が

 秋からギャラリーとして生まれ変わりので

 友紀さん、そこで展示をしてみない?」

とご紹介をされ


まだ水災害の爪痕が大きく残る高速道路を走り

暑い日差しの中

初めて津山に足を運びました。


空間に入った瞬間

「ここにシャンデリアを飾りたい」

そう強く感じ、

今回の展示をさせて頂くこととなりました。



作品の数は決して多くはないのですが

煉瓦壁で 天井の高く広く贅沢な空間で

ゆったりとご覧いただけるようにと思っています。


煉瓦づくりの広い空間と

ミニマムな白いキューブの空間の

2箇所での展示は

同じ鉄作品でありながら

表情の違う展示になると思います。


数年ぶり、久しぶりの展示会です。


少し広島からは遠いのですが

広島、および近県の皆さま、

春のドライブがてら

ぜひ足をお運びいただけると嬉しいです。


初日6日にはオープニングパーティも開催されます。

よろしければぜひお越しくださいませ。

b0072234_17290243.jpg


la forgerone

4月6日(土)〜4月21日(日)

場所:「PORT ART&DESIGN TSUYAMA」

    岡山県津山市川崎823

    https://www.port-tsuyama.com/

時間: 10:00〜18:00

TEL : 0868-20-1682

 

オープニングパーティ

4月6日 11:00〜スタート(無料)

 il-bambino(イルバンビーノ)大賀尊文シェフによる

 フィンガーフードをご賞味頂きながらの会を開催予定。

在廊日 4月6日、7日、21日


FBイベントページはこちら→FB




「PORT ART&DESIGN TSUYAMA」

「PORT ART&DESIGN TSUYAMA」(ポート アート&デザイン津山) は、岡山県北部の山間に位置する津山市に誕生したアートギャラリーです。 ※「津」という文字には船着場や港の意味があります。

大正9年(1920年)に竣工した市指定重要文化財である旧妹尾銀行林田支店の大らかな建築空間が、アートの発信拠点として生まれ変わりました。銀行、その後は洋学資料館としても使われたこの施設は、赤レンガタイルが敷かれた中庭を中心として、神社仏閣を想わせる木造の本館、石造りの金庫棟、赤レンガ倉庫が立ち並ぶ構成を持ち、1世紀前の大正ロマン期の華やかな建築様式と往時の市井の面影を今に伝えています。

東京五輪が開催される2020年に百歳を迎える歴史ある建築空間のなかで、優れた作家の作品を紹介する企画展を主軸としながら、市民ギャラリーや作家とのワークショップ、アートイベントの開催など、楽しく体験・参加できるプログラムも多数用意しています。

「みなと」のような日常のなかに多様な交流が生まれ、外の文化の受容(import)と内の文化の発信(export)の二面性が互いに循環し合い、新しい出会いや思いがけない物語が生まれる楽しさを共有できる場になれば幸いです。


PORT ART&DESIGN TSUYAMA  館長 飯綱 洋平 





by la_forgerone | 2019-03-17 17:54 | exhibition/event

design travel 高知号

design travel 高知号出ました。


巻末の広島紹介を

今号も担当させて頂きました^_^


今号は

広島の誇れるパン屋さん

Boulangerie deRien(ブーランジェリー・ドリアン)さんを

ご紹介させていただいています。




よろしければご覧ください。


b0072234_08313572.jpgb0072234_08313576.jpg


by la_forgerone | 2019-03-15 08:27

甘い果実

10代の頃だったか、20代の頭だったのか忘れたけど

中学時代からの友達に


「もっちゃんは出された果実はとても甘くて美味しいのに

 それを知ろうともせず

 いらないと言って 

 手を出そうとも、食べようともしない。

 それはとても勿体ないことだよ?

 

 イソップ童話に出てくる

 川に映る食べれない果実を加えている自分の姿を見て

 それには手を出せもしないのに

 加えている果実に見向きもせず

 川に映る果実を欲しい欲しいと言うキツネのようだ。」


と言われたことがある。


多分その性質はその頃からほとんど変わっていない。

倍以上生きてきていたというのに

ほんと変わらないものだなと ふと思った。




いい加減それでは嫌だ。

変えていきたい。

と思っているので

これからどうなることか。




楽しみである。

さてはて。


b0072234_10335971.jpg





by la_forgerone | 2019-03-09 10:45 | 想い

静かな情熱

人生で糧になることはたくさんあると思いますが、

私が人生で一番「糧」にしたのは

1ヶ月近く大泣きをし続けたほどの悔しさがあった時の気持ち。

「うーー!悲しいーー!!悔しい〜!絶対に見返す!絶対!!!」
って大泣きしながら誓いました。

比喩ではなくて本気で悔しくて1ヶ月近く泣き続けたのです。

あれだけ勢いよく 泣いたことは
失恋の時にさえも、ないです。笑


悔しくてあれだけ泣くことはもうこれから先ないと思う。
(そう思いたい。もういやだ)

それだけ
悔しくて、悲しくて、悔しくて、悲しくて!!!!!

思いっきりその時の気持ちをエネルギーに変換して糧にできました。


多分、あの頃の私のパワーはすごかったと思う。

作りたい熱と
行動したい熱
絶対に頑張るんだ!っていう熱。
作って楽しい
発信して楽しい
そう、
全てがたのしい。

すべての気持ちが自分に向いていた。
まさしく
情熱的な人だったと思うw



今、あの頃の気持ちに戻りたいかというと
それはちょっと違う。


悔しさをバネにする時期はとうに過ぎている。


そういうエネルギーは瞬発力はあるしパワーもあるけど
今欲しいエネルギーでは全くない。

愛情や気持ちを込めれることが
大切だなぁと
しみじみ思う。


バネにするならそういう気持ちを広げていきたい。


昔感じた悔しさのエネルギーをパワーにしていた頃とは違う

なんというか、

静かなパワー。


ただ作るのが楽しい。
そういう時間が増えますように。
伝わりますように。

そう思えることが増えた。

静かな情熱が沸々と湧いてきているのを感じる。

今の糧、
「静かな情熱」

b0072234_00061832.jpeg
4月には久しぶりに展示会を行います。
場所は岡山県津山市。
もうしばらく後にお知らせいたしますね。


今はご依頼の大きな作品と
展示会の作品を同時に制作中です。

まだ見ぬものをいつか作れたら。
そう思って一つ一つ作り上げていきたいです。


写真は秋吉台の山焼きの時のもの。
大地に炎が燃え拡がる様をぼぅっと5時間ぐらい見ていました。

とても気持ちよかったです。

by la_forgerone | 2019-03-07 00:04 | 想い